2000年の読売ジャイアンツ


2000年の読売ジャイアンツ


2000年の読売ジャイアンツでは、2000年の読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、2回目の長嶋茂雄監督体制の8年目(通算で14年目)のシーズンである。

概要

3年連続で優勝を逃した巨人は、オフに大補強を行った。ダイエーからFAで工藤公康、野村克也監督との確執から阪神を自由契約となったダレル・メイを獲得し、広島の主砲江藤智を同じくFAで獲得した。シーズン序盤は混戦模様であったが、大補強が功を奏した巨人が6月以降は抜け出した。鹿取義隆・水野雄仁両投手コーチの指導のもと、チーム防御率が去年は3.84だったのが3.34へと改善された。8月以降は貯金5と平凡な成績に終わったが、9月24日の中日戦、9回裏に中日の守護神エディ・ギャラードから江藤の同点満塁本塁打と2年目の二岡智宏のサヨナラホームランで4点差をひっくり返し4年ぶりのセ・リーグ制覇を果たした。打撃陣ではこの年から松井、江藤、清原和博、仁志敏久、清水隆行など大物選手がずらりと並んだ打線は「ミレニアム打線」と呼ばれ、203本塁打はリーグ1位で広島など他球団を突き放した。対戦成績ではヤクルトに11勝16敗と負け越したが、中日・阪神にはそれぞれ18勝9敗と勝ち越した。この年の日本シリーズは長嶋監督と共に巨人のV9時代を支えた王貞治監督率いるダイエーとの対戦となったため「ONシリーズ」と呼ばれたが4勝2敗でダイエーを破って6年ぶりの日本一に輝き、20世紀最後の年を優勝&日本一で締めくくった。


チーム成績

レギュラーシーズン


日本シリーズ

オールスターゲーム2000

  • 選出選手及びスタッフ
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退、▲は出場辞退選手発生による補充。

個人成績

主な投手成績

  • 色付きは規定投球回数(135イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高

主な打撃成績

  • 色付きは規定打席(419打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高

入団・退団

シーズン開幕前

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団

退団

GIUSEPPE ZANOTTI CRUDELIA

選手・スタッフ

表彰選手

ドラフト

出典


2000年の読売ジャイアンツ