1952年の読売ジャイアンツ


1952年の読売ジャイアンツ


1952年の読売ジャイアンツ(1952ねんのよみうりジャイアンツ)では、1952年における読売ジャイアンツの動向についてまとめる。

この年の読売ジャイアンツは水原茂監督の3年目のシーズンである。

概要

水原監督就任3年目のチームは前年途中から入団の与那嶺要が開幕から1番に座り、千葉茂・青田昇・川上哲治と続く強力な打線はセ・リーグ他球団から恐れられた。チームを4月を20勝9敗と大きく勝ち越して前年同様開幕ダッシュに成功すると、すべての月で勝ち越し名古屋(この当時は中日新聞社と名古屋鉄道の共同経営となっていた)・阪神といったライバル球団を寄せ付けず2年連続でセ・リーグを優勝。投手陣は別所毅彦が33勝をあげる大車輪の活躍でMVPを受賞したほか、藤本英雄・松田清など4人が2ケタ勝利をあげ、チーム防御率は2.45でリーグ1位となった。カード別成績では最下位の松竹に同一カード10連勝を記録するなど相性がよく、16勝4敗と大きく勝ち越した。日本シリーズは鶴岡一人監督率いる南海と2年連続の対決となったが、別所や大友工といった投手陣の好投、与那嶺・川上などを擁する打線の活躍で4勝2敗で南海を下し2年連続の日本一となった。


チーム成績

レギュラーシーズン

日本シリーズ

オールスターゲーム1952

  • 選出選手及びスタッフ
  • 太字はファン投票による選出。

個人成績

投手成績

  • 色付きは規定投球回(180イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高

主な打撃成績

  • 色付きは規定打席(打数300)以上の選手
  • 太字はリーグ最高

できごと

  • 6月15日 - 松竹戦(大阪球場)、先発・別所毅彦は9回2アウトまで完全試合。27人目の打者・神崎安隆も2-3と追い込むが、神崎の当てた遊撃手・平井正明前の打球が前日の雨で緩んだために球足を止め、平井が懸命に送球するもセーフ、完全試合の夢が絶たれた。なお神崎は2年後の1954年の広島を最後に現役を引退したが、生涯安打は1安打、つまり別所の記録を阻止した安打が唯一の安打だった。
Giuseppe Zanotti Luxury Sneakers

選手・スタッフ

表彰選手

  • 最高殊勲選手:別所毅彦(初受賞)
  • 最多勝:別所毅彦(33勝、5年ぶり2度目)
  • ベストナイン:
別所毅彦(投手、2年連続4度目)
千葉茂(二塁手、6年連続6度目)
平井正明(遊撃手、2年連続2度目)
南村不可止(外野手、初受賞)
与那嶺要(外野手、初受賞)

出典


1952年の読売ジャイアンツ