1955年の読売ジャイアンツ


1955年の読売ジャイアンツ


1955年の読売ジャイアンツ(1955ねんのよみうりジャイアンツ)では、1955年における読売ジャイアンツの動向についてまとめる。

この年の読売ジャイアンツは水原茂監督の6年目のシーズンである。

概要

前年中日に球団創設以来の初優勝を許したものの、戦力は前年とほぼ変わらなかった。チームは4月を12勝7敗で勝ち越して開幕ダッシュすると、5月と6月に貯金2ケタを作るなど絶好調で1度も中日や阪神といったライバルチームを寄せ付けず、8月以降は貯金21を稼いで最後は2年ぶりにリーグ優勝。投手陣は30勝で最多勝の大友工がエースにのし上がり、23勝の別所毅彦も1.33で最優秀防御率を獲得。それ以外にも中尾碩志が16勝、若手の安原達佳が12勝をあげるなどチーム勝ち星の8割をこの4人が占めた。日本シリーズは鶴岡一人監督率いる南海との対戦となったが、第4戦まで1勝3敗と負け越し「今年の日本一は南海か」の声が出始めると水原監督は加倉井実や藤尾茂などの若手を起用。これが功を奏したのか第5戦以降を3連勝し、2年ぶりの日本一を達成(水原監督時代の日本一はすべて対南海戦だった)。最後は南海の本拠地・大阪スタヂアムで水原監督が胴上げされた。しかし、1956年以降は4年連続で日本シリーズに敗れ、次の日本一は川上哲治監督に交代した1961年まで待たなければならなかった。

チーム成績

レギュラーシーズン

日本シリーズ

オールスターゲーム1955

  • 選出選手及びスタッフ
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退。

個人成績

投手成績

  • 色付きは規定投球回(190イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高

主な打撃成績

  • 色付きは規定打席(打数335)以上の選手
  • 太字はリーグ最高

できごと

Giuseppe Zanotti Luxury Sneakers

選手・スタッフ

表彰選手

  • 最高殊勲選手:川上哲治(4年ぶり3度目)
  • 沢村賞:別所毅彦(8年ぶり2度目)
  • 首位打者:川上哲治(.338、2年ぶり5度目)
  • 打点王:川上哲治(79打点、14年ぶり3度目)
  • 最優秀防御率:別所毅彦(1.33、初受賞)
  • 最多勝:大友工(30勝、2年ぶり2度目)
  • ベストナイン:
別所毅彦(投手、3年ぶり5度目)
広田順(捕手、3年連続3度目)
川上哲治(一塁手、2年ぶり7度目)
与那嶺要(外野手、4年連続4度目)

出典


1955年の読売ジャイアンツ