1965年の読売ジャイアンツ


1965年の読売ジャイアンツ


1965年の読売ジャイアンツでは、1965年の読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、川上哲治監督の5年目のシーズンであり、V9の1年目のシーズンである。

概要

球団創設30周年の1964年を優勝で飾れなかったチームはオフに金田正一や関根潤三など他球団の主力や、土井正三・末次利光などのちのV9戦士が加入してシーズンが開幕。また川上監督も背番号を77に変更するなど、心機一転をはかった(「サンセット77」由来説もある)。2年ぶりのリーグ制覇が期待されたが、国鉄から移籍の金田が左ひじ痛で離脱し、近鉄から移籍の関根は年齢もあってスタメンから外れ、代打での起用が中心となるなどベテラン組が苦戦。この年から柴田勲が1番を打ち、それまで二塁のレギュラーだった須藤豊に代わって5月から土井がスタメンに入るとチームは首位に立ち、阪神・中日・大洋といったライバルを突き放し、10月14日に中日が負けたため2年ぶりのリーグ優勝を果たし祝勝会場で川上監督が胴上げされた。打線の活躍に隠れがちの投手陣は金田がケガの影響もあって20勝が途切れたが、城之内邦雄や中村稔などが金田をカバーし、リリーフ転向の宮田征典も抑えながら20勝をあげる活躍でチーム防御率2.54はリーグ2位。打撃陣でも柴田やルーキー土井、長嶋茂雄や王貞治が活躍して他球団を圧倒し、チーム本塁打106本はリーグ2位、チーム打率も.246とリーグ2位に滑り込んだ。日本シリーズは4勝1敗で南海を破って、2年ぶりに日本一奪回も果たした。シーズン終了後、初の優勝を経験した関根がこの年限りで引退し16年間の現役生活に終止符を打った。

チーム成績

レギュラーシーズン

日本シリーズ

オールスターゲーム1965

  • 選出選手及びスタッフ
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退、▲は出場辞退選手発生による補充。

できごと

  • 1月18日
  • 監督・川上哲治の背番号がこれまでの「16」から「77」へ変更されることが発表される。背番号「16」は球団では3例目となる永久欠番となった。
  • 球団初代マスコットキャラクター・「ミスタージャイアンツ」が発表される。

選手・スタッフ

Giuseppe Zanotti Luxury Sneakers

表彰選手

  • 最優秀選手:王貞治(2年連続2度目)
  • 本塁打王:王貞治(42本、4年連続4度目)
  • 打点王:王貞治(104打点、2年連続3度目)
  • 最優秀防御率:金田正一(1.84、7年ぶり3度目)
  • ベストナイン:
森昌彦(捕手、5年連続5度目)
王貞治(一塁手、4年連続4度目)
長嶋茂雄(三塁手、8年連続8度目)

ドラフト

出典


1965年の読売ジャイアンツ