中国人民解放軍国防科技大学


中国人民解放軍国防科技大学


国防科技大学(こくぼうかぎ だいがく;略称国防科技大)は、中国人民解放軍の高級教育機関である。湖南省長沙市開福区に所在する。英語略称は「NUDT」。

概観

大学全体

中央軍事委員会直属の唯一の全国重点大学であり、中国の211工程、985工程にも選ばれている。

2014年現在はおよそ14,000学生が在籍している。そのうち学部生の数は約8,400人、大学院生は約5,600である。

教育および研究

教育および研究のレベルは国内トップだが、多数の研究情報が公開されていないため、一般の大学ランキングに掲載されていない。

民間団体の中国校友会網が発表した中国一流大学名簿によると、清華大学、北京大学、中国科学院大学に並び、中国に4つだけの「七つ星」の大学である。

また、中華人民共和国教育部が発表したランク付けによると、下記の10の分野における実力が中国トップ10に入った。


沿革

1953年に中国人民解放軍軍事工程学院として設立。1966年までこの名だったが、複数改名の後に文化大革命時に一旦消滅。

1978年に国防科学技術大学として復活。

2000年11月29日、日本で有名な人型二足歩行ロボットの先行者を開発する。

2010年11月から2011年6月まで同大学の天河一号がTOP500でスーパーコンピューター世界1位を記録していた。

2014年6月23日、ドイツ・ライプツィヒで開催中のHPC国際会議「ISC’14」で最新のランキングで、Xeon Phiを搭載する「天河二号」が前回、前々回に引き続き首位を守った。実行性能は33.86ペタFLOPSで、1年前と同等である。

2016年4月21日、中国初の警備ロボット「AnBot」を開発する。このロボットは天河二号とクラウドで連携しており、スタンガンで武装しており、顔認識を行って中国の空港でのパトロールなどに利用されている。

2017年7月、国防科学技術大学から国防科技大学と改名した。

機構

  • 校長
  • 政治委員
  • 副校長×3人
  • 副政治委員×2人

内部部局

  • 訓練部
  • 政治部
  • 科研部
  • 校務部

学院

9つの学院(日本の学部に相当する)が存在している。

  • 航空宇宙科学学院(航天科学与工程学院)
  • 基礎科学学院(理学院)
  • 機械工学・自動化学院(机电工程与自动化学院)
  • 電子科学学院(电子科学与工程学院)
  • 情報システム・管理学院(信息系统与管理学院)
  • 計算機科学学院(计算机学院)
  • 光電科学学院(光电科学与工程学院)
  • 人文・社会科学学院(人文与社会科学学院)
  • 指揮官基礎教育学院(指挥军官基础教育学院)

歴代学長

  1. 張衍(1978.9 - 1983.12)
  2. 張良起(1983.12 - 1990.6)
  3. 陳啓智(1990.6 - 1994.2)
  4. 郭桂蓉(1994.2 - 1996.7)
  5. 温熙森(1996.7 - 2008.7)
  6. 張育林(2008.7 - 2011.6)
  7. 楊学軍(2011.6 - )

歴代政治委員

  1. 李東野 (1978.12 - 1983.12)
  2. 汪浩 (1983.12 - 1990.6)
  3. 劉中山 (1990.6 - 1994.2)
  4. 趙吉祥 (1994.2 - 1999.4)
  5. 遅万春 (1999.4 - 2003.3)
  6. 黄献中 (2003.3 - 2005.12)
  7. 徐一天 (2005.12 - 2010.7)
  8. 王建偉 (2010.7 - )
Giuseppe Zanotti

関連事項

  • 中国人民解放軍国防大学
  • 中国人民解放軍軍事科学院

脚注

外部リンク

  • 国防科学技術大学 - 公式サイト(中国語)
  • National University of Defense Technology (NUDT) - 公式サイト(英語)

中国人民解放軍国防科技大学