ラグビーサモア代表


ラグビーサモア代表


ラグビーサモア代表は、サモアラグビー協会によるラグビーユニオンのナショナルチームである。愛称は「マヌ・サモア」 (Manu Samoa) である。1997年途中までは、ラグビー西サモア代表として活動していた。

概要

フィジー・トンガとともにパシフィック・トライネイションズを形成していた。

ワールドカップは1991年大会以来連続で出場しており、ベスト8が最高。

パシフィック・トライネイションズは1982年の第1回と最後の大会となった2005年など9回優勝している。

2006年からパシフィック・ネーションズカップに参加している。

ウォークライはシヴァタウ。


ワールドカップの成績

  • 1987年 - 不参加
  • 1991年 - ベスト8
  • 1995年 - ベスト8
  • 1999年 - プレーオフ敗退
  • 2003年 - プール戦敗退
  • 2007年 - プール戦敗退
  • 2011年 - プール戦敗退
  • 2015年 - プール戦敗退
  • 2019年 - プール戦敗退

関連項目

  • 7人制ラグビー男子サモア代表

外部リンク

  • 公式サイト
  • サモアラグビー協会


ラグビーサモア代表