ワーナーミュージック・ジャパン


ワーナーミュージック・ジャパン


株式会社ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan Inc.)は、米国・ワーナーミュージック・グループ傘下の日本のレコード会社、芸能事務所。

沿革

  • 1970年 - 当時の日本ではアメリカ資本のみではレコード会社を創立出来なかった為、「米国ワーナー・ブラザース社」が50%と日本のオーディオ機器メーカー(当時)の「パイオニア株式会社」が25%、日本の芸能プロダクションの渡辺プロダクションが25%を出資し、「ワーナーブラザーズ・パイオニア株式会社」を設立。
  • 発足当初のレーベルは、以下の4つだった。
    • ワーナーブラザーズ(東芝音楽工業より移行)
    • アトランティック(日本グラモフォンより移行)
    • リプリーズ(日本ビクターワールド・グループより移行)
    • パイオニア(ゼロベースの邦楽部門)
  • 現役時代のレッド・ツェッペリンなどを擁したことから洋楽志向の強いメーカーというイメージもあるが、スタート時点から邦楽にも力を注いでおり、最初のビッグ・ヒットが「わたしの城下町」(小柳ルミ子)だった。興味深いのは邦楽の取扱いで、全てが「パイオニア・レーベル」というわけではなく、アーティストによって振り分けが行われていた。(小柳ルミ子はリプリーズ、ペドロ&カプリシャスはアトランティックというように)
  • 1972年 - 社名を「ワーナー・パイオニア株式会社」に変更。
  • 1978年 - 渡辺プロダクションがワーナーと並行する形で出資していた「アポロン音楽工業」(現:バンダイナムコアーツ)へ音源の発売権を一本化することを発表し、資本撤退。それに伴い、渡辺音楽出版が原盤供給していた音源が引き揚げられ、一部作品はSMSレコードから再発売される。
  • 1990年 - パイオニアが自社系列で音楽・映像ソフト制作に乗り出す方針を固め、1981年設立の「レーザーディスク株式会社」を1989年、「パイオニアLDC」(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)に商号変更し、この年、正式に資本撤退。ワーナー・ブラザース・グループの100%子会社となる。
    • 新会社WEAミュージック株式会社が設立される。第一弾アーティストは槇原敬之で、代表は折田育造。
    • アルファ・ムーンが、マザーアンドチルドレンと合併しエム・エム・ジーに改称。ワーナーミュージックグループ傘下入りする。またジャグラーと提携し、GARLANDレーベルが発足。
  • 1991年 - 社名を「株式会社ワーナーミュージック・ジャパン」(初代法人)に変更。
  • 1993年 - スターダスト☆レビューや森高千里が所属する芸能事務所アップフロントグループと共同出資で、ワン・アップ・ミュージック(現:アップフロントワークス)を設立。
    • エム・エム・ジーが、イーストウエスト・ジャパンに改称。
  • 1994年 - 1990年設立のWEAミュージック株式会社を吸収合併し、レーベルはwea japanに一本化。ワーナーはグループの統括会社として機能。
    • マイカルハミングバードの音楽・映像事業を譲受される。
  • 1996年 - 邦楽の演歌部門から完全撤退。小林幸子ら所属演歌歌手が他社への移籍を余儀なくされる。
  • 1997年 - ソニー・ミュージックエンタテイメントから稲垣博司や橋爪健康などのエグゼクティブが大量にワーナーへ転籍。
    • 華原朋美・今井美樹・坂本龍一・PENICILLINらを高額の移籍金で移籍させる。
  • 1998年 - wea japanがワーナーに吸収され、発売元はワーナーミュージック・ジャパンに変更される。
  • 2002年 - 関連会社の株式会社イーストウエスト・ジャパン、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン、タイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社の3社が合併し、「ワーナー エンターテイメント ジャパン」となる。
  • 2004年 - ワーナー・ブラザースの親会社である米国タイム・ワーナー(現:ワーナーメディア)が音楽部門を分離・売却。それに伴い、ワーナー エンターテイメント ジャパンも音楽ソフト部門を分離、社名が再び「ワーナーミュージック・ジャパン」(2代目法人)となる。
  • 2011年
    • 5月6日 - ワーナーミュージック・グループは、2004年から2007年まで同社役員会メンバーで取締役だったレン・ブラバトニクが代表を務める米投資ファンド アクセス・インダストリーズ社による約33億米ドルの買収を受け入れることで合意した。
  • 2013年
    • 5月 - 社名の『WARNER MUSIC JAPAN』の書体だけが変更され、ロゴマークに変更はない。
    • 9月 - 同年の2月7日、 ワーナー・ミュージック・グループが、ユニバーサル ミュージックから、EMIレコードの一部門であるパーロフォン・レーベル・グループを買収したことに伴い、日本でのEMIクラシックス(旧EMIミュージック・ジャパン原盤を除く)や欧州のEMI(ビートルズを除く)の販売権が、日本のユニバーサル ミュージックから移行される。
  • 2014年
    • 4月1日付で代表取締役会長兼CEOに小林和之が就任。
  • 2015年
    • 3月 - 同社の社内カンパニー兼芸能プロダクション事業の株式会社ワーナーミュージックエージェンシーを発足。
    • 7月 - 代表取締役COOに堀切英明が就任。
  • 2017年
    • 10月1日 - 同年秋より、CD/DVD等のパッケージ商品の小売販売・流通業務をソニー・ミュージックマーケティング(現:ソニー・ミュージックソリューションズ)へ委託することを決定。
  • 2020年
    • 4月1日 - ロゴマーク(CI)の意匠を変更。
  • 2021年
    • 8月5日 - 同社の社内カンパニーとしてこれまでのワーナーミュージックエージェンシーの後継となる女優・モデルマネージメントを中心とした芸能プロダクション事業のワーナーミュージック・アーティスツを発足。

アーティスト

2021年9月現在、五十音順。

過去

ワーナー・パイオニア名義も含む。

女優・モデル(ワーナーミュージック・アーティスツ)

2021年9月現在、順不同。

  • 浜浦彩乃(2021年〜)(元こぶしファクトリー)
  • 鈴本涼(2021年〜)
  • 大薮未来(2021年〜)
  • 西尾ゆい(2021年〜)
  • 鈴木心緒(2021年〜)
  • 中江早紀(2021年〜)
  • 奥山結友(2021年〜)

社内レーベル

消滅レーベルも含む。

販売委託レーベル

  • WATERTOWER MUSIC

主なコンピレーションアルバム

Giuseppe Zanotti

その他

  • 元プロ野球選手の難波昭二郎が、球界引退後に入社したパイオニアから出向して社員として在籍し、営業や制作ディレクター等を務め、その後取締役となる。
  • ワーナーブラザーズ・パイオニア設立前の日本におけるワーナー・ブラザース・レコード(現在のワーナー・レコード)の販売権は1960年から1961年は日本コロムビア傘下の日蓄工業、1962年から1970年は東芝音楽工業(後の東芝EMI、現在のユニバーサル ミュージック EMI R/EMI RECORDS)にあった。
  • 同じワーナー・ブラザースをルーツに持ち音楽事業も手がけるワーナー ブラザース ジャパンとは資本関係はない。2014年にワーナー・ブラザースが事業整理し、ワーナーミュージックを売却しているため。

関連項目

  • 西口猛 - かつての同社の社員で、現在はアップフロントプロモーション(アップフロントグループ)の社長。
  • 橋本慎 - かつての同社の原盤製作スタッフで、現在はアップフロントワークスの音楽プロデューサー。
  • エレックレコード - 2013年より業務提携。

脚注

注釈

出典

外部リンク

  • ワーナーミュージック・ジャパン
  • ワーナーミュージック・アーティスツ
  • ワーナーミュージック・ジャパン (@warnermusic_jp) - Twitter
  • ワーナーミュージック・ジャパン洋楽 (@wmj_intl) - Twitter
  • ワーナーミュージック・ジャパン - Facebook
  • ワーナーミュージック・ジャパン (warnermusic_jp) - Instagram
  • ワーナーミュージック・ジャパン洋楽 (warnermusicjp_intl) - Instagram
  • Warner Music Japan - YouTubeチャンネル
  • ワーナーミュージックジャパン洋楽公式 (@warnermusicjapan.intl) - TikTok

ワーナーミュージック・ジャパン