Aller au contenu principal

山王 (大田区)


山王 (大田区)




山王(さんのう)は、東京都大田区の町名。現行行政地名は山王一丁目から山王四丁目。郵便番号は143-0023。

地理

東京都大田区の北東部に位置する。北辺は品川区西大井・品川区大井にそれぞれ接する。東辺はJR東海道線の線路に接し、品川区南大井・大田区大森北にそれぞれ接する。南辺は環七通りに接し、これを境に大田区中央に接する。西辺も環七通りに接し、これを境に大田区南馬込に接する。北西端は大田区東馬込に接する。なお、現在、池上通り拡幅を含めた大森駅西口再開発計画がある。

町域内を南北に池上通りが通っている。町域東部は大森駅の西口にあたり、駅周辺は商店やビルが立ち並ぶ。他に池上通りやジャーマン通りなど幹線道路沿いにはビルや商店が並んでいる、そのため多くの商店街組合が形成されている。

池上通りの裏、駅前の傾斜を下ったところにある山王小路飲食店街は、かつて雨が降ると坂を上がれないことから地獄谷と呼ばれており、昭和の香りを色濃く残す飲食店が並んでいる。高台地区は、基本的に第一種低層住居専用地域に指定されており、低層住宅地となっている。

地価

住宅地の地価は、2017年(平成29年)1月1日の公示地価によれば、山王3-34-3の地点で59万1000円/m2となっている。

歴史

かつては文化人や実業家、政治家の邸宅が並ぶ住宅地であった。江戸時代は平間街道(現池上通り)ぞいの宿場町として新井宿(現在の中央)と称した。大森駅前の山側は将軍家の御狩場で低地部は田畑となっていた。

明治5年に鉄道が開通し(新橋~横浜間)、大森停車場が開業(明治9年)すると、多くの外国人が移り住み、開発が始まった。また、その列車に乗車していたエドワード・S・モースがこの地域(実際は隣接する品川区大井が有力とされている)にある貝塚を発見、現在は大森貝墟の石碑が建てられている。

明治20年には大森八景園が開業し、京浜の新名所となる。その後、大森ホテルや望翠楼ホテルを中心に別荘地として栄えたが、大正12年の関東大震災後は安全利便な郊外住宅地として人気を博し、各界の名士が移り住んだほか、独逸学園が横浜より移転し(1991年閉校)、現在もジャーマン通りの名称にその名残を残す。

明治22年に本郷より日本帝国小銃射的協会が移転し、約15,000坪の土地に射的場を建設。その後、敷地内にテニスコートを設置し、大正12年には「大森庭球クラブ」が開設された。射的場は鶴見に移転し、敷地の過半が住宅地として分譲されたが、テニスコートは残り、「大森テニスクラブ」として存続している。

また、昭和初期には時代を代表する文学者が数多く集まり、馬込文士村の一角を形成した。

かつてのお屋敷街も現在では相続等により分割され、往時を偲ばせる洋館は年々少なくなっている。

かつて山王に居住した著名人

  • 芦田均(政治家・内閣総理大臣)
  • 井上馨(政治家・元老)
  • 岡崎源一(弁護士) - 住所は山王2丁目。
  • 尾崎士郎(作家)
  • 加納久宜(政治家・子爵・実業家)
  • 川島正次郎(政治家)
  • 片山広子(歌人・翻訳家)
  • 葛原妙子(歌人)
  • 小島政二郎(作家)
  • 榊山潤(作家)
  • 日夏耿之介(作家)
  • 広津柳浪(作家)
  • 藤浦洸(作家)
  • 清浦奎吾(政治家・内閣総理大臣)
  • 徳富蘇峰(思想家)
  • 室伏高信(文芸評論家)
  • 室生犀星(作家)
  • 山本有三(作家・政治家)
  • 和辻哲郎(哲学者)

世帯数と人口

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである。

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

GIUSEPPE ZANOTTI TIFA

交通

町域東部に京浜東北線大森駅がある(大森北に所在)。他に、大森駅から各方面通じているバス路線の利用もある。

施設

  • 大田区立山王小学校(旧井上馨邸)
  • 大田区立山王保育園
  • マミフラワーデザインスクール(マミ会館)
  • 日本芸術専門学校
  • 大森テニスクラブ(旧大森射的場)
  • 山王草堂記念館
  • 大田区立蘇峰公園
  • 尾崎士郎記念館
  • 大森貝墟碑
  • 成田山大森不動尊
  • 日枝神社(地名の由来になっている)
  • 天祖神社
  • 熊野神社
  • 厳島神社(俗に小町弁天と呼ばれている)
  • 善慶寺
  • 円能寺
  • 義民六人衆の墓(善慶寺内・東京都指定旧跡)
  • 文士村レリーフ
  • 大田区立弁天池児童遊園
  • 大田区立山王花清水公園
  • 大田区立山王公園
  • 大田区立山王会館
  • 山王オーディアム(コンサートホール)
  • 大森郵便局
  • 中島記念会大森山王病院
  • 山王小路飲食店街(通称:地獄谷)
  • カドヤ食品
  • ダイシン百貨店
  • オオゼキ

かつて存在した施設

  • 大森射的場(現:大森テニスクラブ)(1889年~1937年)
  • 望翠楼ホテル(1912年~1922年)- 横浜の生糸問屋若尾幾太郎が経営、文人の社交場だった。
  • 大森ホテル(現:山王公園)(1922~1965年)
  • 三喜旅館
  • 八景園(遊園地)(1884年~1922年)
  • 富岡美術館(~2004)
  • ドイツ学園(1925年~1991年)
  • ILO東京支局(望翠楼ホテル内)
  • 大日本果汁株式会社(現:ニッカウヰスキー)本店(1934年~1935年)- 設立時の最初の本店登記がされた。
  • 京成百貨店(1973年~1981年)
  • ホテルモントレ山王(1986年~2011年) - ホテルモントレ1号館。Montereyは、スペイン語でmonte〈モント〉が「山」、rey〈レ、レー〉が「王」。
  • 内外無線電機工業(家電量販店)(?年~2004年)

脚注

参考文献

  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。

関連項目

  • 馬込文士村
  • 入新井町
  • 志垣太郎

外部リンク

  • 大田区
  • 山王のこと - ウェイバックマシン(2021年8月24日アーカイブ分)
  • 大森テニスクラブ

Text submitted to CC-BY-SA license. Source: 山王 (大田区) by Wikipedia (Historical)