ゴーン・ベイビー・ゴーン


ゴーン・ベイビー・ゴーン


ゴーン・ベイビー・ゴーン』(原題:Gone Baby Gone)は、2007年のアメリカ映画。ベン・アフレックの初映画監督作品で、多数の映画賞を受賞した。日本では劇場未公開。2008年9月17日にDVDとBlu-ray Discが発売された。

概要

原作はデニス・レヘインの『私立探偵パトリック&アンジー』シリーズの4作目『愛しき者はすべて去りゆく』。レヘインの出身地であるボストン・ドーチェスター地区を舞台に描かれており、本作の撮影も同地区で行われた。アフレック兄弟もボストン出身であり、脇役・エキストラとして多くの地元の人間を出演させている。誘拐された少女の母親を演じたエイミー・ライアンは、本作で多くの映画賞にノミネートされ、一躍人気女優となった。


キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • パトリック・ケンジー - ケイシー・アフレック(三木眞一郎)
  • アンジー・ジェナーロ - ミシェル・モナハン(石塚理恵)
  • ジャック・ドイル警部 - モーガン・フリーマン(坂口芳貞)
  • レミー・ブレサント刑事 - エド・ハリス(菅生隆之)
  • ニック・プール刑事 - ジョン・アシュトン(石田圭祐)
  • ヘリーン・マックリーディ - エイミー・ライアン(勝生真沙子): アマンダの母
  • ベアトリス・"ビー"・マックリーディ - エイミー・マディガン(一城みゆ希): アマンダの叔母
  • ライオネル・マックリーディ - タイタス・ウェリヴァー(中村秀利): ヘリーンの実兄
  • アマンダ・マックリーディ - マデリーン・オブライエン: 失踪した少女
  • ブッバ - スレイン(坂東尚樹): ドラッグディーラー、パトリックの友人
  • チーズ - エディ・ガテギ: ドラッグの元締
  • デヴィン - マイケル・ケネス・ウィリアムズ(西凜太朗): 警官
  • レオン・トレット - マーク・マーゴリス
  • ロベルタ・トレット - トゥルーディ・グッドマン

スタッフ

  • 監督:ベン・アフレック
  • 製作:アラン・ラッド・Jr、ダン・リスナー、ショーン・ベイリー
  • 製作総指揮:デヴィッド・クロケット
  • 脚本:ベン・アフレック、アーロン・ストッカード
  • 撮影:ジョン・トール
  • プロダクションデザイン:シャロン・シーモア
  • 衣装デザイン:アリックス・フリードバーグ
  • 編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
  • 音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
  • 音楽監修:ニック・ハーコート

主な受賞

  • ニューヨーク映画批評家協会賞:助演女優賞
  • ロサンゼルス映画批評家協会賞:助演女優賞
  • 放送映画批評家協会賞:助演女優賞
  • ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (2007年):助演女優賞、新人監督賞
  • オースティン映画批評家協会賞:第一回作品賞
  • ボストン映画批評家協会賞:新人監督賞、助演女優賞
  • シカゴ映画批評家協会賞:新人監督賞、助演女優賞
  • フロリダ映画批評家協会賞:助演女優賞
  • ヒューストン映画批評家協会賞:助演女優賞
  • アイオワ映画批評家協会賞:助演女優賞
  • オクラホマ映画批評家協会賞:助演女優賞、第一回作品賞
  • オンライン映画批評家協会賞:助演女優賞
  • フェニックス映画批評家協会賞:助演女優賞
  • サンディエゴ映画批評家協会賞:助演女優賞
  • サンフランシスコ映画批評家協会賞:助演女優賞
  • サウスイースタン映画批評家協会賞:助演女優賞
  • セントルイス映画批評家協会賞:助演女優賞
  • ユタ映画批評家協会賞:助演女優賞
  • サテライト賞:助演女優賞
  • サウス・イースタン映画批評家協会賞:助演女優賞
  • ワシントンD.C.映画批評家協会賞:助演女優賞
  • 女性映画ジャーナリスト同盟賞助演女優賞
  • ハリウッド・フィルム・アワード ブレイクスルー監督賞 他

脚注

注釈

出典

Giuseppe Zanotti Luxury Sneakers

外部リンク

  • 公式ウェブサイト(英語)
  • ゴーン・ベイビー・ゴーン - allcinema
  • ゴーン・ベイビー・ゴーン - KINENOTE
  • Gone Baby Gone - オールムービー(英語)
  • Gone Baby Gone - インターネット・ムービー・データベース(英語)

ゴーン・ベイビー・ゴーン



Lithium scooter