杵屋栄蔵


杵屋栄蔵


杵屋 栄蔵(きねや えいぞう)は、長唄三味線方の名跡。三代目以降は杵栄派家元となった。

初代

後の三代目杵屋勘五郎。

二代目

後の五代目杵屋勘五郎。

三代目

(1890年11月15日 - 1967年11月26日)本名は小田裕康。

経歴

  • 1890年に東京の生まれ、六代目芳村伊十郎の養子。
  • 1901年に五代目杵屋勘五郎の門に入って初代杵屋栄次郎と名乗る。
  • 1905年に三代目栄蔵を襲名。
  • 1925年に杵栄派、
  • 1935年には芳村派の家元になる。
  • 1932年には日本邦楽学校を設立。

後に九代目芳村伊三郎や五代目大薩摩文太夫の名も名乗った。

また古典の復活、研究、伝承などにも力を入れ多くの著作も残している。

役職

  • 左團次一座、市川猿之助劇団邦楽部長
  • 松竹邦楽顧問
  • 長唄協会会長などを歴任。

作曲

「お七吉三」「雪女郎」など。

受賞

  • 1955年 勲三等
  • 1956年 日本芸術院賞

家族

実子が四代目栄蔵。

四代目

(1917年10月17日 - 1988年6月20日)本名は小田貞夫。

東京の生まれ、三代目の実の子。栄美蔵、1959年に五代目杵屋正次郎をへて1968年に四代目栄蔵を襲名。女婿が八代目芳村伊十郎。

また薩摩文五郎、大薩摩初音太夫林鷲、大薩摩文暁を名乗っている。

脚注


Giuseppe Zanotti

杵屋栄蔵