12世紀ルネサンス


12世紀ルネサンス


12世紀ルネサンス(じゅうにせいきルネサンス、英語:Renaissance of 12th Century)は、ヨーロッパ中世の12世紀にも、古典文化の復興と、文化の高揚が見られるとして、使われる言葉である。

14世紀頃にイタリアでルネサンスの文化運動が始まり、やがて周辺国に影響を及ぼしていったが、ルネサンス以前の中世は暗黒時代とみなされ、中世とルネサンスの間に断絶があると考えられてきた。こうした従来の中世観・ルネサンス観を相対化し、中世と近世、近代の連続性を強調し、中世の再評価を図ろうとするのが12世紀ルネサンス論である。

アメリカの歴史家チャールズ・ホーマー・ハスキンズ(Charles Homer Haskins 1870年-1937年)が『12世紀ルネサンス』(The Renaissance of the twelfth century,1927年)の中で提唱し、現在では様々な面から12世紀の文化が再評価されている。古典の文化がイスラム・ビザンツの文化を経由してヨーロッパに伝えられ、大きな刺激を与えた。また哲学、美術、文学など様々な分野で新しい動きがみられた。

12世紀ルネサンスの諸相

大翻訳時代

  • 翻訳活動の中心地
    • シチリア王国の首都パレルモ。
      • ルッジェーロ2世によりオートヴィル朝のノルマン系シチリア王国が1130年に成立し、パレルモはその都となる。
      • フェデリーコ2世の宮廷でイスラム(アラビア語)やビザンツ(ギリシャ語)の文献がラテン語に翻訳された。
    • カスティーリャ王国(スペイン)の都市トレド。
      • レコンキスタの進展により1085年にカスティーリャ国王アルフォンソ6世がイスラム勢力から奪還。
      • トレド大司教ライモンドの支援によりトレド翻訳学派(Escuela de Traductores de Toledo)と呼ばれるグループが形成され翻訳に従事。
  • 主な翻訳者と訳書(ラテン語への翻訳)。
    • アラビア語から
      • クレモナのジェラルド
        • プトレマイオス『アルマゲスト』
        • アリストテレス『分析論後書』『天体論』『気象論』(第一から三巻)
        • アルキメデス『円の求蹟』
        • アル=フワーリズミー『代数学』
        • アル=キンディー『五本質論』
        • イブン・スィーナー『医学典範』
        • ヒポクラテス『箴言』
        • ガレノス『テグニ』など
      • カリンティアのヘルマン
        • エウクレイデス『原論』など
      • バースのアデラード
        • エウクレイデス『原論』
        • アル=フワーリズミー『インド数学について』『天文表』など
      • チェスターのロバート
        • 『クルアーン』
        • アル=フワーリズミー『天文表』など
      • セビリャのフアン
        • アル=キンディー『知性論』
        • アル=ファルガーニー『天の運動について』
        • イブン・スィーナー『治癒の書』(哲学的自然的部分)
        • アル=ガッザーリー『哲学者たちの意図』など
      • ドミンゴ・グンディサルボ
        • アル=ファーラービー『諸学総覧』
    • ギリシア語から
      • ヘンリクス・アリスティップス
        • アリストテレス『気象論』(第四巻)
        • プラトン『メノン』『パイドン』など
      • ヴェネツィアのジャコモ
        • アリストテレス『分析論前書』『分析論後書』『トピカ』など
      • サレルノのエルマンノ
        • エウクレイデス『光学』『反射光学』『与件』など
      • ピサのブルグンディオ
        • ヒポクラテス『箴言』
        • ガレノス『テグニ』など

学問の隆盛

  • アベラール(1079年-1142年)の弁証論(唯名論)がスコラ学の基礎を作り、のちトマス・アクィナス(1224年頃-1274年)により大成された。
  • 大学が各地に作られた(11世紀末のボローニャ大学、12世紀のパリ大学、オックスフォード大学)。
  • シャルトル大聖堂の附属学校では古代の自由学芸(リベラル・アーツ artes liberale 文法、論理学、修辞学、算術、幾何、天文、音楽の7科目)を基盤に、プラトンの思想と聖書の思想を統合しようとした(「シャルトル学派」といわれる)。

ロマネスク美術からゴシック美術へ

  • 古代ローマ帝国時代の遺跡が多く残っていたプロヴァンス地方において、特徴的なロマネスク建築・彫刻が造られた(特にサン・ジル)。
  • ゴシック建築のはじまり(サン=ドニ修道院、1144年)

文学など

  • 騎士道物語が盛んになった。宮廷で吟遊詩人が騎士の武勲や恋愛の物語を語り伝えた。
    • イングランドでは1136年頃の「ブリテン王列伝」で「アーサー王物語」がまとめられた。
    • フランスでは1100年頃「ローランの歌」、また「トリスタンとイゾルデ」の物語がまとめられた。
    • ドイツでは13世紀初頭に「ニーベルンゲンの歌」がまとめられた。
  • 教会音楽の発展が見られ、12-13世紀にかけてポリフォニーが発達した。

日本語書籍

  • チャールズ・ハスキンズ、別宮貞徳、朝倉文市訳「十二世紀ルネサンス」みすず書房、1989年、新版2007年ほか
    • 「十二世紀のルネサンス ヨーロッパの目覚め」同訳、講談社学術文庫、2017年
    • 「十二世紀ルネサンス」野口洋二訳〈名著翻訳叢書〉創文社、1985年
  • 伊東俊太郎「十二世紀ルネサンス 西欧世界へのアラビア文明の影響」講談社学術文庫、2006年  
    • 「伊東俊太郎著作集」〈麗澤大学出版局〉にも収録。
  • ジャック・ヴェルジェ、野口洋二訳「入門十二世紀ルネサンス」創文社、2001年
  • 「十二世紀ルネサンス 修道士、学者、そしてヨーロッパ精神の形成」
    デイヴィッド・ラスカム 鶴島博和ほか編訳、慶應義塾大学出版会 2000年

関連項目

  • 中世
  • ルネサンス
  • ギリシア古典の伝播

12世紀ルネサンス