清水澄


清水澄


清水 澄(しみず とおる、1868年9月27日(慶応4年8月12日) - 1947年(昭和22年)9月25日)は、日本の法学者(憲法・行政法)。学位は、法学博士。帝国学士院会員。枢密院議長。栄典は正二位勲一等。

人物

1868年(慶応4年)、石川県金沢市に生まれる。

東京帝国大学法科を卒業。ドイツへ留学後、学習院教授となる。1905年(明治38年)、法学博士号を取得する。次いで慶應義塾大学法学部教授(憲法・行政法担当)。1926年(大正15年)2月27日帝国学士院会員。

宮内省及び東宮御学問所御用掛となり、大正天皇、昭和天皇に憲法学を進講した。行政裁判所長官、枢密院顧問官・副議長を経て、敗戦後、1946年(昭和21年)6月13日最後の枢密院議長に任ぜられる。

枢密院が廃止され、公職追放となり、 1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行された後の同年9月25日、日本の国体の危機を憂い、熱海錦ヶ浦海岸から投身自殺を遂げた。

遺言に当たる「自決ノ辞」には、

と記し、大日本帝国憲法に殉じ、自殺をすることと、その自殺が中国の戦国時代の楚国の屈原が汨羅(べきら)の淵に投身自決した故事に倣ったことが記されている。

国家総動員法の審議が第73回帝国議会で行われた際、「この法案は憲法違反とはいえない」という考えを示した。原田熊雄からこのことを聞いた西園寺公望は「清水なんかに憲法が判るもんか」とコメントしている。

金沢市の石川護國神社には、「清水澄博士顕彰碑」がある。


栄典・授章・授賞

位階
  • 1900年(明治33年)10月20日 - 正七位
  • 1903年(明治36年)7月30日 - 従六位
  • 1906年(明治39年)7月30日 - 正六位
  • 1908年(明治41年)12月11日 - 従五位
  • 1911年(明治44年)2月20日 - 正五位
  • 1916年(大正5年)2月29日 - 従四位
  • 1921年(大正10年)3月22日 - 正四位
  • 1926年(大正15年)4月15日 - 従三位
  • 1932年(昭和7年)2月15日 - 正三位
  • 1937年(昭和12年)3月1日 - 従二位
  • 1944年(昭和19年)3月15日 - 正二位
勲章等
  • 1910年(明治43年)6月24日 - 勲六等瑞宝章
  • 1911年(明治44年)
    • 6月13日 - 金杯一個
    • 12月26日 - 勲五等瑞宝章
  • 1912年(大正元年)8月1日 - 韓国併合記念章
  • 1913年(大正2年)6月18日 - 勲四等瑞宝章
  • 1915年(大正4年)11月10日 - 大礼記念章(大正)
  • 1916年(大正5年)4月1日 - 旭日小綬章
  • 1917年(大正6年)2月17日 - 勲三等瑞宝章
  • 1920年(大正9年)
    • 7月27日 - 金杯一個
    • 9月7日 - 旭日中綬章
  • 1921年(大正10年)
    • 2月11日 - 金杯一個
    • 3月1日 - 金杯一個
  • 1924年(大正13年)4月30日 - 勲二等瑞宝章
  • 1928年(昭和3年)
    • 4月21日 - 金杯一組
    • 11月10日 - 大礼記念章(昭和)
  • 1931年(昭和6年)5月1日 - 帝都復興記念章
  • 1932年(昭和7年)3月14日 - 勲一等瑞宝章
  • 1938年(昭和13年)3月9日 - 旭日大綬章
  • 1940年(昭和15年)
    • 4月29日 - 銀杯一組
    • 8月15日 - 紀元二千六百年祝典記念章
外国勲章佩用允許
  • 1911年(明治44年)10月31日 - 大清帝国:二等第三等双龍宝星
  • 1913年(大正2年)1月22日 - フランス共和国:レジオンドヌール勲章オフィシエ
  • 1932年(昭和9年)3月1日 - 満州帝国:大満洲国建国功労章
  • 1938年(昭和13年)7月9日 - 満州帝国:勲一位柱国章
  • 1940年(昭和15年)12月9日 - 満州帝国:建国神廟創建紀念章

著書

  • 『国法学』(清水書店、明治37年-43年(1904年-1910年))
  • 『行政法各論』(早稲田大学出版部、明治43年(1910年))
  • 『帝国憲法大意』(清水書店、1912年)
  • 『帝国憲法の話』(実業之日本社、大正2年(1914年))
  • 『帝国公法大意』(清水書店、大正14年(1925年))
  • 『国体論』(教化団体聯合会、昭和2年(1927年))
  • 『日本行政法大意』(清水書店)
  • 『逐条帝国憲法講義』(松華堂書店、昭和7年(1932年))。平成27年(2015年)、呉PASS出版で復刻版
  • 『日本行政法』(松華堂書店、昭和10年(1935年))

脚注

参考文献

  • 慶應義塾百年史.別巻,大学編

・菅谷幸浩「清水澄の憲法学と昭和戦前期の宮中」(日本政治学会『年報政治学2009‐Ⅰ 民主政治と政治制度』、2009年)、同「清水澄と昭和史についての覚書─満洲国皇帝への御進講から日本国憲法制定まで─」(藝林会『藝林』第66巻第2号、2017年)

Giuseppe Zanotti

関連項目

  • 無窮會[1] 現理事長は平沼赳夫
  • 帝国芸術院
  • 国体
  • 柳田國男 最後の顧問官の一員
  • 松本試案 柳田の同級生で元法制局長官が松本烝治が作成
  • 押し付け憲法論 
  • 憲法改正論議

外部リンク

  • 清水澄関係文書 | 憲政資料室の所蔵資料 | 国立国会図書館

清水澄