ステラン・ベンクソン


ステラン・ベンクソン


ステラン・ベンクソン(スウェーデン語: Stellan Bengtsonn、1952年7月26日 - )は、スウェーデン・ファルケンベリ出身の元卓球選手。1971年世界選手権男子シングルス優勝。左利き。

経歴

スウェーデン西海岸のファルケンベリで生まれ、8歳の時に卓球を始めた。

1971年の世界選手権決勝戦では、前大会覇者の伊藤繁雄を降してスウェーデン人として初の世界チャンピオンになった。

1973年のサラエボ大会ではダブルス、団体で優勝、1975年のカルカッタ大会、1977年のバーミンガム大会、1983年の東京大会でも団体でのメダルに貢献、スウェーデンの主力選手として活躍した。

時折使用していたフォアサービスは王子サーブのモデルともなった。

フットワーク練習としてポピュラーなファルケンベリフットワーク(バックハンド→回り込んでフォアハンド→飛びついてフォアハンドを繰り返すフットワーク練習)を考案したとされ、この名前はベンクソンの出生地に由来するとされている。

主な成績

  • 世界卓球選手権シングルス優勝(1971年)、第3位(1981年)
  • 世界卓球選手権ダブルス優勝(1973年)
  • 世界卓球選手権団体優勝(1973年)、準優勝(1983年)、第3位(1975年、1977年)
  • ヨーロッパ卓球選手権シングルス優勝(1972年)
  • ヨーロッパ卓球選手権ダブルス優勝(1976年、シェル・ヨハンソンとのペア)
  • ヨーロッパ卓球選手権団体優勝(1970年、1972年、1974年、1976年、1980年)
  • ヨーロッパトップ12優勝(1973年、1980年)

外部リンク

  • ステラン・ベンクソン ITTFデータベース (英語)

ステラン・ベンクソン



ghbass