朋優学院高等学校


朋優学院高等学校


朋優学院高等学校(ほうゆうがくいんこうとうがっこう)は東京都品川区西大井六丁目に所在する私立の高等学校。学校法人中延学園(なかのぶがくえん)が設置する。旧校名は中延学園高等学校(女子校)であったが、2001年の男女共学化に伴い現校名に改称した。

概要

かつては普通科以外に、専門教育を主とする学科としてデザイン科、美術科 (学科)、調理科を設置していた。

系列校として、東京芸術専門学校 (TSA) を併設していた。

沿革

  • 1946年 - 中延学園高等女学校として設立。
  • 1974年4月 - 制服変更。紺色のジャンパースカートを採用。
  • 1982年 - 東京芸術専門学校を併設。
  • 1991年4月 - 制服に盛夏服としてポロシャツを追加。
  • 1992年4月 - 制服変更。チェックのベスト・スカートを採用。
  • 2000年 - 東京芸術専門学校が休校。
  • 2001年 - 朋優学院高等学校へ校名変更、男女共学化。新制服・新校歌を制定。
  • 2003年 - 馬込校舎を設置。
  • 2014年 - デザイン科、美術科、調理科で生徒募集を停止。
  • 2016年
    • 3月 - デザイン科、美術科、調理科を廃止。普通科のみとなる。
    • 4月 - 新校舎中央棟が完成。
  • 2019年4月 - 制服をマイナーチェンジ。

制服

中延学園高等女学校の開校当時は、制服としてセーラー服を採用した。その後、1950年代にはスーツ型の制服に変更し、1960年代には山脇学園に似たデザインの紺色のワンピース制服を採用した。

1974年度から制服を刷新し、当時の学校制服として流行した紺色のブレザーとジャンパースカートというスタイルを採用した。冬服のブレザーは4つボタンで胸ポケットにフラップが付いており、襟に校章バッジを付ける。胸元の詰まった独特のシルエットのブレザーは、女子美術大学付属中高の制服にも似ており、これに赤のネクタイと白のワイシャツ(襟に校章刺繍入り)を組み合わせる。ジャンパースカートはプリーツ入りで、ベルトに四角いメッキのバックルが付いていた。夏服でも同様にネクタイを着用し、ワイシャツが半袖となるほかは、紺色のジャンパースカート(生地は薄手の夏物)を着用する。1980年代にはおニャン子クラブのメンバーだった渡辺満里奈が在学しており、当時の制服姿でアイドル雑誌などへの掲載例がある。

その後、生徒や保護者から夏場にネクタイとジャンパースカートは暑いという声が上がったことから、1991年度より盛夏服として白のポロシャツと、これに合わせるための紺色のプリーツスカート(下のみ)が追加された。

翌1992年度から制服を変更。冬服は紺色のブレザーとスカート、夏服は紺系と緑のチェックのベスト・スカート、細いストライプ(赤・緑・水色)のブラウスとなった。リボンタイは赤系・紺系のチェックの2種類があった。白のセーター、ニットベストも用意された。

2001年度から、校名変更と男女共学化に伴い再度制服が変更され、男子制服が制定された。2019年度から制服の細部が変更されている。

交通

  • 馬込駅徒歩6分
  • 中延駅徒歩8分
  • 西大井駅徒歩8分
  • 荏原町駅徒歩10分

著名な出身者

芸能

  • 志穂美悦子 - 元女優
  • 高樹澪 - 女優
  • 松本ちえこ - タレント
  • 渡辺満里奈 - タレント
  • 高橋かおり - 女優
  • 真飛聖 - 元宝塚歌劇団花組トップスター
  • 米光美保 - 元東京パフォーマンスドール
  • 井出薫 - 元女優
  • 加藤英美里 - 声優
  • 鹿野優以 - 声優
  • 竹澤汀 - シンガーソングライター
  • 片岡健太 - ミュージシャン(sumika)
  • 松本ユウ - ミュージシャン(リュックと添い寝ごはん)
  • 堂免英敬 - ミュージシャン(リュックと添い寝ごはん)
  • 宮澤あかり - ミュージシャン(リュックと添い寝ごはん)

スポーツ

  • 浦野弥生 - 元アマチュアレスリング選手
  • 朝比奈三代子 - 元マラソン選手

脚注

関連項目

  • 東京芸術専門学校 - 併設校
  • 芸術高等学校
  • 工業高等学校
  • 東京都高等学校一覧
  • 旧制中等教育学校の一覧 (東京都)

外部リンク

  • 朋優学院高等学校

朋優学院高等学校