荒川区


荒川区


荒川区(あらかわく)は、東京都の区部北東部に位置する特別区。

人口


人口

2005年に夜間人口(居住者)は191,163人であるが、昼間人口(区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計)は184,021人で、昼間人口は夜間人口の0.963倍の人口になる。通勤者で見ると区内から区外への通勤者は152,183人、区外から区内への通勤者は47,835人となっている。他の区に比べると昼夜間人口の変動は少なめである(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行136 - 137ページ。国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。上のグラフには年齢不詳のものを含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に誤差は生じる)。


地理

東京都の北東部に位置する。東西に細長く、北側の区境は隅田川に一致する。区内はほぼ低地で平坦であるが、日暮里地区の一部は山手台地となっている。

荒川と隅田川の関係は歴史の項を参照。

河川・橋梁

  • 隅田川:小台橋・尾久橋・尾竹橋・千住大橋・千住汐入大橋・水神大橋・白鬚橋

隣接自治体

  • 文京区・台東区・墨田区・北区・足立区

歴史

江戸時代は農村だったが、明治時代から荒川の水を使うために多くの工場が建設され、工業化が進んだ。

また現在の南千住駅の西に江戸の三大刑場の一つ、小塚原刑場があった。

1932年10月1日、東京市域拡張に伴い、北豊島郡南千住町・三河島町・尾久町・日暮里町が東京市へ編入、4町の区域をもって東京市荒川区が発足。区の発足から1945年頃まで、東京市内で最も人口の多い区であった(当時の人口はおよそ28〜32万人)。

1947年5月3日、地方自治法が施行され、荒川区は特別区となった。

1950年10月1日に「荒川区歌」が制定されているが、1982年に区制50周年を記念して区民の歌「あらかわ 〜そして未来へ」が作成されて以降はもっぱら後者のみが演奏されるようになっている。

現在は工場跡地を活用した大規模な再開発や公園整備が行われている。特に南千住地区の再開発は延面積で東京都第1位の再開発規模である。これに伴い、大規模なマンションの建設ラッシュが続いているため、ファミリー層を中心とした人口流入が見られる。1990年代まで減少していた区全体の人口も増加に転じた。加えて、地価も急上昇し、近年の住宅地地価の上昇率は東京都第1位となっている。

区名の由来

河川名の「荒川」を由来とする。1965年(昭和40年)3月24日に河川法制定に伴い荒川放水路が荒川本流となる前は、現在の隅田川が荒川本流であった(ただし、荒川放水路が荒川本流となる前も、白鬚橋辺りから下流の俗称として「隅田川」が使われていた)。

なお、当初東京市では区役所設置予定地を区名として採用することを原則としていたことで、旧三河島町が区役所設置予定地であったことから「三河島区」(みかわしまく)が最初の区名原案だった。

大きな出来事

  • 1936年 阿部定事件
  • 1962年 三河島事故
  • 1963年 日暮里大火
  • 1995年 警察庁長官狙撃事件

町名

荒川区では全区で住居表示の実施が完了している。以下は住居表示実施後の町名と、当該住居表示実施直前の旧町名の一覧である。旧町名の後に「(全)」と注記したもの以外は当該旧町域の一部である。

地域

ファッションの街「日暮里繊維街」

生地織物に関する多くの店舗が連なる。様々な服飾関係品が揃うことから「ニポカジ」とも称される。

町丁

区内の町丁数は52で、これは東京都区部(東京23区)の中で最も少ない。

町名
  • 町屋(まちや)
  • 荒川(あらかわ)
  • 西尾久(にしおぐ)
  • 西日暮里(にしにっぽり)
  • 東尾久(ひがしおぐ)
  • 東日暮里(ひがしにっぽり)
  • 南千住(みなみせんじゅ)
地域名
  • 尾久:西尾久・東尾久の総称
  • 日暮里:西日暮里・東日暮里の総称

ナンバープレート

足立ナンバー(東京運輸支局)を割り当てられており、『23区東部』の地域と一致する。

メディア

  • 地域放送(東京ケーブルネットワーク)
  • あらかわ区報、あらかわ区報Jr.
  • 荒川区タウン(e-まちタウンのウェブサイト)
  • 荒川区メールマガジン
Giuseppe Zanotti

行政

区長

  • 区長:西川太一郎(にしかわ たいいちろう)(5期目)
  • 任期:2004年(平成16年)11月14日〜2024年(令和6年)11月13日

歴代区長

  • 田中国男(たなか くにお) 1947年〜1951年
  • 村上勇三郎(むらかみ ゆうざぶろう) 1951年〜1970年
  • 国井郡弥(くにい ぐんや) 1970年〜1979年
  • 町田健彦(まちだ たけひこ) 1979年〜1989年
  • 藤枝和博(ふじえだ かずひろ) 1989年〜2001年
  • 藤沢志光(ふじさわ しこう) 2001年〜2004年
  • 西川太一郎(にしかわ たいいちろう) 2004年〜

環境への取り組み

第6回持続可能な地域社会をつくる日本の環境首都コンテストに参加。

復活!あらかわの伝統野菜プロジェクト

江戸時代に特産であった、三河島菜、汐入大根の生産を試みている。

財政状況

財政需要に対する交付金の割合が60%台後半と高くなっている(交付額では23区中11位)。

自治体ランキング

毎年、日経BP社等で行われる全国自治体ランキングでは、行政サービス部門においてトップクラスにランクされることが多い。

2008年(平成20年)度は情報化分野および教育分野において、東京都区部どころか全国すべての市区町村で1位、子育て環境分野では全国2位となっている。

2015年(平成27年)度も共働き子育てしやすい街ランキングで全国1位となった。

交流自治体

国内

※は災害時相互応援協定

海外

シンボルキャラクター

  • あら坊、あらみぃ

立法

区議会

  • 定数:32名
  • 任期:2019年(令和元年)5月1日 - 2023年(令和5年)4月30日
  • 議長:斉藤泰紀(自由民主党荒川区議会議員団)
  • 副議長:保坂正仁(公明党荒川区議会議員団)

都議会

  • 定数:2名
  • 選挙区:荒川区選挙区
  • 任期:2017年(平成29年)7月23日 - 2021年(令和3年)7月22日(「2017年東京都議会議員選挙」参照)

衆議院

  • 選挙区:東京都第14区 (台東区の一部・墨田区・荒川区)
  • 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「第48回衆議院議員総選挙」参照)

教育

大学

  • 東京都立大学荒川キャンパス
  • 東京都立産業技術高等専門学校荒川キャンパス

専修学校

高等学校

中学校

小学校

各種学校

公共機関

警察

警察署

交番

消防

郵便

集配郵便局


その他の郵便局

  • 荒川北町屋郵便局
  • 荒川五郵便局
  • 荒川汐入郵便局
  • 荒川西尾久三郵便局
  • 荒川西尾久七郵便局
  • 荒川西尾久二郵便局
  • 荒川東尾久二郵便局
  • 荒川東尾久四郵便局
  • 荒川町屋五郵便局
  • 荒川町屋郵便局
  • 荒川南千住五郵便局
  • 荒川南千住郵便局
  • 熊野前郵便局
  • 西日暮里駅前郵便局
  • 西日暮里郵便局
  • 日暮里駅前郵便局
  • 東日暮里二郵便局
  • 東日暮里六郵便局

住宅団地

交通

鉄道

  • 区役所最寄り駅:荒川区役所前駅
東日本旅客鉄道(JR東日本)
山手線
  • 西日暮里駅 - 日暮里駅
京浜東北線
  • 西日暮里駅 - 日暮里駅
常磐線(上野東京ライン)
  • 日暮里駅 - 三河島駅 - 南千住駅
※その他、 宇都宮線(東北線)・高崎線が上野駅 - 尾久駅間で、 東北・上越新幹線が上野駅 - 大宮駅間で当区を通過しているが駅はない。なお「尾久」は荒川区内の地名であるが、宇都宮線・高崎線の尾久駅の所在地は北区昭和町となる。
日本貨物鉄道(JR貨物)
常磐線貨物支線
  • 三河島駅 - 隅田川駅(貨物駅) - 南千住駅
東京都交通局
都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 三ノ輪橋停留場 - 荒川一中前停留場 - 荒川区役所前停留場 - 荒川二丁目停留場 - 荒川七丁目停留場 - 町屋駅前停留場 - 町屋二丁目停留場 - 東尾久三丁目停留場 - 熊野前停留場 - 宮ノ前停留場 - 小台停留場 - 荒川遊園地前停留場 - 荒川車庫前停留場
日暮里・舎人ライナー
  • 日暮里駅 - 西日暮里駅 - 赤土小学校前駅 - 熊野前駅
東京地下鉄(東京メトロ)
千代田線
  • 西日暮里駅 - 町屋駅
日比谷線
  • 南千住駅
京成電鉄
本線
  • 日暮里駅 - 新三河島駅 - 町屋駅
首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)
  • 南千住駅

路線バス

  • 荒川区コミュニティバス
  • 都営バス
  • 京成バス

水上バス

  • 東京都公園協会
    • 東京水辺ライン
      • 荒川遊園発着場

道路

  • 国道4号(日光街道)
  • 東京都道58号台東川口線(尾久橋通り)
  • 東京都道306号王子千住夢の島線(明治通り)
  • 東京都道313号上野尾竹橋線(尾竹橋通り)
  • 東京都道314号言問大谷田線(川の手通り)
  • 東京都道457号駒込宮地線(道灌山通り)
  • 東京都道464号言問橋南千住線(旧日光街道)

名所・観光スポット

神社

  • 尾久八幡神社(西尾久三丁目)
  • 諏方神社(西日暮里三丁目)
  • 稲荷神社(荒川三丁目)
  • 稲荷神社(町屋二丁目)
  • 胡録神社(南千住八丁目)
  • 素盞雄神社(南千住六丁目)
  • 猿田彦神社(東日暮里三丁目)
  • 石浜神社(南千住三丁目)

公園

  • 尾久の原公園
  • 汐入公園
  • 荒川自然公園

ホール・文化施設

  • 荒川総合スポーツセンター - かつて同地に東京スタジアムがあり、大毎→東京→ロッテオリオンズが1962年-1972年に本拠地として使用した。しかし親会社・大映の経営破綻により、球場の運営会社も清算、閉鎖された。

娯楽施設

  • あらかわ遊園 - 隅田川沿いに位置(2022年春ごろまで休園)

荒川区民栄誉賞受賞者

  • レパード玉熊(元WBA世界フライ級チャンピオン)平成2年8月31日
  • 吉村昭(作家)平成4年5月26日
  • 植村和童(書道家)平成8年5月30日
  • 北島康介(アジア大会優勝)平成14年10月11日
  • 松本源之助(江戸里神楽土師流四代目家元)
  • 牧野徑太郎(作家)平成18年10月16日
  • 山崎敏光(東京大学名誉教授)平成21年11月9日
  • 中根喜三郎(江戸和竿師)平成28年3月29日

出身有名人

芸能

文化

スポーツ

政界

  • 秋葉忠利 - 政治家(広島市長)

ゆかりのある人物

  • 城戸真亜子 - 洋画家、タレント(名古屋市出身、南千住在住、荒川区観光大使)
  • 後藤仁 - 日本画家、アジアの美人画(読売文化センター町屋 講師)
  • 三遊亭好楽 - 落語家(豊島区東池袋生まれ、荒川区西日暮里在住)
  • レパード玉熊 -元WBA世界フライ級チャンピオン(荒川区民栄誉賞受賞者第一号)、青森県青森市出身、国際ジム(西日暮里)に所属し10年以上荒川区に在住

荒川区を舞台とする作品

  • あずきちゃん - アニメ版において、都電荒川線沿線およびあらかわ遊園が登場。主人公あずきの祖父が住む。
  • あしたのジョー - 矢吹丈がボクシングを学んだ丹下のジムは、当区と台東区の区境にある泪橋の橋下にある。
  • 巨人の星 - アニメ版において星一徹宛ての郵便物に「荒川区町屋9-16」という宛て先が示されていた。ただし、町屋は8丁目までしかなく、9-16は架空の地。泪橋も飛雄馬親子のランニングシーンに登場する。
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 - 本田速人の実家が南千住にある。
  • サインはV - 「ここは東京荒川区の…」との記載あり。
  • トリック - 主人公の山田奈緒子のアパートが東尾久にある。
  • ロス:タイム:ライフ - 第1節・第7節の舞台が当区。
  • うぃずりず - 三ノ輪橋駅や都電荒川線が登場。
  • 荒川アンダー ザ ブリッジ - 荒川河川敷が作品の舞台となっている。

医療機関

現在、当区内にある東京都指定二次救急医療機関は以下の通り。

  • 東京女子医科大学東医療センター(西尾久2-1-10、東京都災害拠点病院)
  • 荒木記念リバーサイド病院
  • 岡田病院(荒川5-3-1)
  • 木村病院(町屋2-3-7)
  • 佐藤病院(西尾久5-7-1)
  • 三ノ輪病院

荒川区の災害対策

  • 東京都災害拠点病院 - 478床
  • 避難所数 - 61ヵ所
  • 避難所収容人員 - 118,016人
  • 給水拠点確保水量 - 34,800m3
  • 屋外拡声器 - 104ヵ所
  • 備蓄倉庫数 - 40ヵ所
  • 街頭消火器 - 約4,700本
  • 消防ポンプ車数 - 18台
  • 救急車数 - 6台

脚注

注釈

出典

外部リンク

  • 荒川区公式サイト

荒川区