プロレタリア革命


プロレタリア革命


プロレタリア革命とは、プロレタリアートがブルジョワジーの国家を打倒し、プロレタリアート独裁を樹立し、ブルジョワジーの所有を公的所有に移すことにより、資本主義社会から社会主義社会への道を切り開くことを目的とした革命。

歴史的には、1871年のパリ・コミューンが短期間に終わったものの最初のプロレタリア革命である。

帝国主義時代にはいり、第一次世界大戦が1917年のロシア革命を生み出した。1919年にコミンテルンが結成され、プロレタリア革命の波を西欧へと拡大する試みがなされたが、ハンガリーの短期間に終わった革命をのぞいて西欧諸国での革命は成功せず、ソ連は孤立を余儀なくされ、やがて一国社会主義論を掲げるスターリン主義が台頭することとなる。

参考文献

  • "The Proletarian Revolution and the Renegade Kautsky" (英語) ウラジーミル・レーニン、1918年10 - 11月。

関連項目

  • プロレタリア独裁

プロレタリア革命