FNS26時間テレビ (2010年)


FNS26時間テレビ (2010年)


FNSの日26時間テレビ2010 超笑顔パレード 絆 爆笑!お台場合宿!!』(FNSのひ 26じかんテレビ2010 ちょうえがおパレード きずな ばくしょう!おだいばがっしゅく!!)は、フジテレビ系列で2010年7月24日 19:00 - 7月25日 20:54(JST)に生放送された通算24回目の『FNS26時間テレビ』。ハイビジョン制作。

概要

今回のテーマは前回の「笑顔と感動」に新たに「」が追加された「絆〜超!笑顔と感動〜」。前回と同様に『クイズ!ヘキサゴンII』をベース・メインとし、2年連続で総合司会は島田紳助、進行役は中村仁美がそれぞれ務めた。今回も日曜日21時台に紳助司会(当時)の日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』が放送されていたため20時台で終了し、26時間となった。

2011年7月24日に地上アナログ放送が終了することに伴い、2010年7月5日からNHKと日本民間放送連盟の方針で地上デジタル放送への完全移行を前提に、アナログ放送の全番組が画角16:9のレターボックス放送に移行したため、本番組もアナログ放送ではレターボックスで放送された(24日12時にアナログ放送が完全停波した石川県珠洲市エリアではデジタル放送のみ)。

またテレビ宮崎は報道ネットワーク協定の関係上、深夜分はNNN、昼はANN配給の全国ニュースを放送しており、その時間帯は基本的にネットを中断してクロスネット相手の系列各局のニュースを優先していた(年度・時間帯によってはFNNのニュースと重複放送する場合があった)が、この年NNNの深夜ニュースがスポーツニュースと一体化されたため放送されず、ANNお昼のニュースが放送された11:50-12:00のみの中断だけでほぼ全編同時ネットとなった。


出演者

総合司会

  • 島田紳助

進行

  • 中村仁美(当時フジテレビアナウンサー)

出題

  • 牧原俊幸(当時フジテレビアナウンサー)

ナレーション

  • 田中真弓
  • 平泉成(ペケポンのみ)

インフォメーションアナウンサー

  • 加藤綾子(当時フジテレビアナウンサー)
  • 松村未央(フジテレビアナウンサー)

ヘキサゴンファミリー

フジテレビアナウンサー

  • 中野美奈子(全国弾丸イベント、駅伝 最終中継点リポーター)
  • 中村光宏(駅伝実況)
  • 三宅正治(O-1 Grand-Prix2010実況)
  • 遠藤玲子・宮瀬茉祐子・榎並大二郎(O-1 Grand-Prix2010リポーター)
  • 生野陽子(駅伝 奇数中継点リポーター)
  • 椿原慶子(駅伝 偶数中継点リポーター)
  • 伊藤利尋(『ネプリーグ』、『VS嵐』ナレーション)
  • 西山喜久恵(さんま・中居の今夜も眠れない)
  • 平井理央(『すぽると!』、O-1 Grand-Prix2010レースドライバー)
  • 本田朋子(『すぽると!』、『ペケポン』)
  • 佐野瑞樹(『めちゃ×2イケてるッ!』スペシャル・実況)
  • 倉田大誠(『めちゃ×2イケてるッ!』スペシャル・控室リポーター)
  • 斉藤舞子(『笑っていいとも!増刊号』スペシャル)
  • 福井謙二(フジテレビ新人アナ披露2010立会人)
  • 福井慶仁(FNNニュース/24日深夜)
  • 梅津弥英子(同コーナー/25日朝・昼)
  • 春日由実(同コーナー/25日夕方)

新人アナウンサー

  • 木下康太郎
  • 谷岡慎一
  • 細貝沙羅
  • 山﨑夕貴

ゲスト

  • 千葉真子 - ヘキサゴンファミリー・211km24時間駅伝/監督兼解説
  • 須藤悟 - 三輪車レースの総合実況・三宅アナのアシスタントで元FM青森の男性アナウンサー
  • 間寛平 - 駅伝で頑張った波田へのエール(アースマラソン途中でVTR出演)
  • レギュラー - 駅伝合宿で滞在していた宮古島で紳助司会のTBS『紳助社長のプロデュース大作戦!』の企画とのコラボゲスト(VTR出演)
  • 榊原徹士(新選組リアン) - ユニット「スザンヌ×スザンぬ」の黒スザンぬの正体として登場。
  • 浅田真央、髙橋大輔 - 三輪車レースのフジテレビ代表として参加した中野友加里への応援(VTR出演)
  • 加藤あい - 三輪車レースの表彰式プレゼンター(映画『THE LAST MESSAGE 海猿』のPR)

主な放送企画・コーナー

メイン企画

サーターアンダギー 全国縦断弾丸イベント
前回のフレンズ『泣いてもいいですか』全国縦断弾丸イベントに続くサーターアンダギーの3人によるテーマソング『僕らには翼がある〜大空へ〜』の全国縦断弾丸コンサート。行程は東京・お台場→沖縄→福岡→大阪→東京のルート。山里亮太(南海キャンディーズ)が「カシアス山里」名義で全国弾丸イベントに同行した。
FNS27局対抗! 三輪車12時間耐久レース O-1グランプリ2010
前年に続いて行われる三輪車レース。FNS各局の代表チームとヘキサゴンチームの28チームが出走。実況は三宅アナ・須藤、サポーター兼解説は品川。FNS各局代表チームは事前にFNSの各局のスタッフ全員に対し行われたペーパーテストでおバカな回答をしたメンバー3人+代表女子アナ&監督で構成。一部選手のおバカな回答は番組で披露される。今年度は28チームが全員完走し、ヘキサゴンチームが優勝した。未完走のチームは罰としてテストが公開される予定だったが、最下位の関西テレビが公式HPでテストを披露する事になった。
ヘキサゴンチームは監督にクリス、走者に南、小島、田中、RYOEIの4人。立候補者が南1人のみであったため、残り3人のドライバーは後日紳助の独断で選ばれた。小島以外は初出場。RYOEIは「スタジオにいても役に立たない」、田中は「スタジオにいても視聴率が取れない」という理由で選出。小島に関しては、駅伝と掛け持ちだった。クリスは南のリクエストにより監督に選出。
ヘキサゴンファミリー 24時間駅伝〜絆〜
お台場をスタート・ゴール地点とし、箱根駅伝に準じる211kmのコースをヘキサゴンファミリーから選抜されたメンバーがたすきを繋ぐ。番組内で発表された走者は次の通り。
  1. つるの剛士(キャプテン): お台場⇒蒲田・22km
  2. 小島よしお : 蒲田⇒戸塚・25km
  3. 波田陽区 : 戸塚⇒平塚・26km(最長区間)
  4. 崎本大海 : 平塚⇒小田原・21km
  5. 庄司智春 : 小田原⇒箱根・11.5km(山登り区間)
  6. 矢口真里 : 箱根⇒小田原・11.5km(山下り区間)
  7. 里田まい : 小田原⇒大磯・16km(女性最長区間)
  8. 藤本敏史 : 大磯⇒逗子・17km
  9. misono(熱中症によりリタイアしたため、走ったのは最初の200mのみ。波田がピンチランナーとしてもう一度走った): 逗子⇒戸塚・14km
  10. 上地雄輔 : 戸塚⇒蒲田・24km
  11. 山田親太朗(アンカー) : 蒲田⇒お台場・23km
実況は中村、監督・解説は千葉。たすきリレーの模様は番組内で随時中継され、ゴールした走者には関係者からの手紙が朗読された(リタイアしたmisonoを除く)。また、各コーナーでは駅伝ランナーの伴走が罰ゲームとして設定され、くりぃむしちゅーの有田哲平が上地の伴走として区間の途中まで参加した。
2010年10月6日には24時間駅伝の模様と三輪車レースの模様がDVDとして発売された。『FNSの日』の映像が商品化されるのは、これが初めての事例となる。

土曜日

  • オープニング
    紳助のコメント後にタネも仕掛けもない箱から続々とメンバーが登場しマジック(イリュージョン)を披露、全員揃ったところでタイトルコール。番組内容や目玉企画の紹介を行った。
    サーターアンダギー全国ツアーの東京中継。
  • 駅伝スタート
    19:30に第1区のつるのがスタートした。
  • 三輪車レース 前夜祭
    ヘキサゴンチームを含む28チームの予選順位の発表。
  • クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル
    前年同様早押しクイズの正解者から、やること決めルーレットによって出場番組を決めた。今回も昨年同様『応援』が含まれ、これが当たってしまった出演者は番組の企画に一切参加出来ず、応援するのみという事だった。途中からネプチューンが乱入、堀内の発言によりこの後の『ネプリーグ』でヘキサゴンチームが勝てば、名倉が駅伝を伴走することになった。
  • ネプリーグVSヘキサゴン
    出演:ネプチューン、レッド吉田 (TIM)、ビビる大木
    ネプチューンチームが勝ち、名倉は駅伝伴走を免除となった
    この間に駅伝が第1区のつるのから第2区の小島への襷渡しが行われた。

日曜日

  • さんま・中居の今夜も眠れない
    出演:明石家さんま、中居正広(当時SMAP)
    紳助が前回に引き続きゲスト出演。この回ではビートたけしは不出演だった。『すぽると!』がコーナー中にカットイン。詳細は当該項目を参照のこと。
    この間に駅伝が第2区の小島よしおから第3区の波田へ襷渡しが行われた。
  • めちゃイケVSヘキサゴン 深夜のシンクロナイズドテイスティングスペシャル(めちゃ2イケてるッ!スペシャル)
    出演:矢部浩之(ナインティナイン)、加藤浩次、よゐこ、オアシズ
    次長課長、フットボールアワー、ハリセンボン、森三中、モンスターエンジン、堀内健、椿鬼奴、ゆりありく
    過去にテイスティングした(付き合った)かもしれない人を当てるスペシャルバージョン。詳細は当該項目を参照のこと。
    病気のため休養中の岡村隆史は欠席。途中で24時間駅伝関連のため コーナーの中断が2回入ったがこの2度に渡る中断が企画を考えた神原氏の「神原制裁」を呼んでしまった(1回目は第5区を担当する庄司の往路・小田原中継所への出発、2回目は第3区の波田陽区から第4区の崎本へ襷を渡す第3中継所の往路・平塚中継所との中継)。
  • 2010年F1第11戦・ドイツGP予選
  • 三輪車レース スタート
    お台場特設サーキットから生中継。お台場特設サーキットのコース(1周450m)と優勝賞品、ヘキサゴンチームを含む28チームの紹介。7:30に紳助のチェアホーンの合図でスタート。
    この時間に駅伝が2度の襷渡しを放送(早朝帯に第4区の崎本大海から第5区を担当する庄司へ・三輪車出発前には第5区の庄司から第6区の矢口へ、それぞれ襷が渡った)。
    また、サーターアンダギーの全国縦断弾丸イベントin沖縄の中継が行われた。
  • 駅伝 前半ハイライト
    お台場から箱根までの往路をダイジェストで振り返った。ここで駅伝は第6区の矢口から第7区の里田へハロプロで言うと先輩から後輩へ、ヘキサゴンで言うと逆の後輩から先輩への襷リレーが行われた。
  • ペケ×ポンVSヘキサゴン
    出演:くりぃむしちゅー、タカアンドトシ、柳原可奈子
    前年同様ペケポン川柳での対戦。今回は紳助と「やること決め」での選抜メンバーで挑んだ。ネプリーグ同様、ヘキサゴンチームが勝ったら有田、ペケポンチームが勝ったら上田が駅伝の伴走をするという賭けが行われた。結果は最終問題で紳助が、セットの造花を「スーパーひとし君」として使い、逆転勝利。有田が駅伝の伴走をする事となる。
  • 全国縦断弾丸イベントin福岡
    前回、平成21年7月中国・九州北部豪雨に伴い開催場所(この時はレベルファイブスタジアム)の使用不可となってしまい、中止を余儀無くされた福岡会場ではあるが、今回は快晴の中でイオンモールで行われた。
    この後に駅伝が第7区の里田から第8区の藤本に襷が渡った。
  • 笑っていいとも!VSヘキサゴン 笑っていいとも!増刊号
    出演:森田一義、いいともAD隊、中居・香取・草彅 (SMAP)、石原良純、劇団ひとり、ロンドンブーツ1号2号、さまぁ〜ず、タカアンドトシ、柳原可奈子、千原ジュニア、おすぎとピーコ、DAIGO、山口智充、青木さやか、チュートリアル、大島美幸、関根勤、オリエンタルラジオ、オードリー。優勝は、手押し相撲で大活躍した月曜日チーム。南は木曜日チーム
    曜日対抗戦方式(ヘキサゴンファミリーは出題ゲストとして登場)
  • 三輪車 応援ライブ
    前回は自分の後輩達の『モーニング娘。』から応援を受けた矢口が今回は矢口真里とストローハットとして風をさがしてを歌唱した。
    この後に駅伝が第8区の藤本から第9区のmisonoに渡ったが、過労によるダウンにより200mしか走れずリタイアとなった。残りの13.8kmは第3区を走った波田がピンチランナーとして再び走行した。
  • 全国縦断弾丸イベントin大阪
    前回、長居スタジアム(現在のヤンマースタジアム長居)で行われ約2万人の観客が訪れた大阪ライブ。今回は千里セルシー(大阪モノレール・大阪市営地下鉄御堂筋線/千里中央駅)で行われた。
  • ヘキサゴンIIVS嵐
    今回は種目の名前を嵐のメンバーが1人1つずつ言っていた(最初のジャングルビンゴは櫻井、2つ目のローリングコインタワーは相葉、3つ目のピンボールランナーは大野、4つ目のジャイアントクラッシュは二宮、最後のバウンドホッケーは松本がそれぞれ担当した)。前回に引き続き2年連続でFNSの日に採用されたのはローリングコインタワーとピンボールランナーの2種目であった。
    前回同様、番組出演を賭けた勝負を行い、嵐が勝利。LMDA(正式名称はライブ・モースト・ダメ・アラシ)は行わなかった。
    この時間に駅伝が第9区・misonoに代わるピンチランナーの波田から第10区の上地に襷が渡った。
  • JRA競馬実況中継「函館記念」(北海道文化放送制作、実況:吉田雅英(北海道文化放送)、解説:細江純子) - 中央競馬実況中継のレース部分は『BSフジ競馬中継』にも送り出し。
  • 番組対抗ヘキサゴン
    ヘキサゴンチーム(ピンク)・はねるのトびらチーム(オレンジ)・爆笑レッドチーム(緑)(爆笑レッドカーペット&爆笑レッドシアターの合同チーム)の3チームが対戦(この時間に駅伝が第10区の上地から最終・第11区の親太朗に襷が渡った)。
    ヘキサゴンチーム(ピンクチーム)が前年に引き続き優勝。
    はねるのトびらチーム:キングコング、ロバート、ドランクドラゴン、北陽、インパルス
    レッド芸人チーム:今田耕司、柳原、狩野英孝、我が家(坪倉由幸・杉山裕之・谷田部俊)、ロッチ(中岡創一・コカドケンタロウ)、しずる(村上純・池田一真)、はんにゃ(金田哲・川島章良)、フルーツポンチ(村上健志・亘健太郎)、八木真澄(サバンナ)、世界のナベアツ、なかやまきんに君、山崎邦正、ちゃらんぽらん冨好
  • 三輪車 ライトオン
    解説兼サポーターの品川の声と手でナイトセッションがスタートした。また、フジテレビのメインドライバーの中野友加里を始めとする全ドライバーにはフィギュアスケートの浅田真央(バンクーバーオリンピックフィギュアスケート女子銀メダリスト)と髙橋大輔(同男子銅メダリスト)の両選手からエールが贈られた。今回もナイトセッションソングはファイナル・カウントダウンであった。
  • サザエさん
    つるのと上地が本人役(つるのはマスオの会社の取引先の社員、上地はノリスケの後輩の新人編集者)で出演。

グランドフィナーレ

  • 三輪車レース ゴール・表彰式
    全28チームが完走した。
    • 1位 ヘキサゴンチーム(南明奈、RYOEI、小島よしお、アンガールズ・田中卓志、クリス松村(監督))380周
  • グランドフィナーレ
    駅伝アンカーの山田が放送時間内に三輪車耐久レース会場に到着。最後に出演者全員でテーマソングを大合唱しエンディングとなった。
    親太朗の応援でZARDの『負けないで』を流した(『24時間テレビ』チャリティーマラソンのパロディ)が、歌いだし直後にCMを入れてすぐに合唱を打ち切り、その後、アラジン『陽は、また昇る』をアラジンのメインボーカルにて全出演者で大合唱した。
    テーマソング大合唱終了後、紳助は「このメンバーで『26時間テレビ』をやることはもう2度とないでしょう」と述べた。なお、翌2011年の『FNSの日』では紳助の発言通り『ヘキサゴンII』はベース番組からは外れることとなったが、コーナーとしては参加した。
    番組終了直後に放送されたスポットニュース『FNNレインボー発・あすの天気』(一部の地域を除く)のオープニングでは、グランドフィナーレを終えた後も野外ステージに残る出演者たちの様子がお天気カメラによって映し出された。

視聴率

ビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯

番組全体の平均視聴率は関東地区で12.6%、関西地区で17.2%だった。時間別最高視聴率は26日 18:30 - 20:54の17.3%だった。瞬間最高視聴率は23.7%だった。

コーナー別視聴率(下記参照・関東地区)

主題歌

  • 『僕らには翼がある〜大空へ〜』(ヘキサゴンオールスターズ)

関連番組

  • 事前番組
    • 爆笑リハーサル!! FNSの日26時間テレビ2010前夜祭!!(2010年7月23日 21:00 - 22:52 『金曜プレステージ』枠)
    26時間テレビ非ネットのテレビ大分は別番組。同時間帯に『金曜ロードショー』を放送するテレビ宮崎は当日24:58 - 26:50に時差放送。
    • FNS26時間テレビ本番直前! 緊急生放送ってことは実質29時間だよねSP(2010年7月24日 16:00 - 17:30 『土曜ワイド』枠)
    テレビ大分を除くFNS27局同時ネット。
  • 事後番組
    • クイズ!ヘキサゴンII「密着!26時間テレビ感動の舞台裏」(2010年7月28日 19:00 - 19:57)
    • VS嵐(2010年7月29日 19:00 - 19:57)

スタッフ

  • 実行委員長:崎山純一
  • 副委員長:鈴木克明
  • 事務局長:小林彰義
  • 構成:小笠原英樹
  • 作家:板垣佳珠弓、大野ケイスケ、北本かつら、酒井健作、白川ゆうじ
  • 音楽:斉藤文護、岩室晶子
  • ナレーション:牧原俊幸・中村仁美(共にフジテレビアナウンサー)
  • アニメパート原作:長谷川町子
  • アニメパート制作:エイケン
  • 技術プロデューサー:長田崇、勝村信之、松本英士
  • 美術プロデューサー:井上明裕、山崎恵美子
  • 本部ディレクター:古賀太隆、松本祐紀、堀川香奈、吉田享史、金只和史
  • チーフディレクター:早川和孝
  • 本部プロデューサー:三浦淳 / 西雅史、小沢英治、大川泰、川嶋典子
  • 制作統括:加茂裕治、小須田和彦、片岡飛鳥、小松純也
  • 演出:奥村達哉、渡辺琢
  • 製作総指揮:豊田皓、港浩一
  • 制作代表:日枝久
  • 総合プロデューサー・総合演出:神原孝
  • 制作著作:フジネットワーク27局

DVD

  • 『FNS26時間テレビ2010「24時間211Km駅伝〜絆〜」』(ポニーキャニオン、2010年10月6日発売)
    • 番組内で放送された企画「ヘキサゴンファミリー 24時間駅伝〜絆〜」を放送されなかった舞台裏を追加してDVD化された。また、特典映像には、「FNS27局対抗! 三輪車12時間耐久レース O-1グランプリ2010」の模様を優勝したヘキサゴンチームを中心として収録されている。ナレーションはメインの駅伝を中村仁美、特典映像の三輪車大会を牧原俊幸が担当しており三輪車では実況を担当した三宅正治と須藤悟の声も入っている。

脚注


FNS26時間テレビ (2010年)