品川区の町名


品川区の町名


本項品川区の町名(しながわくのちょうめい)では、東京都品川区に存在する、または過去に存在した町名を一覧化するとともに、明治時代初期以来の区内の町名の変遷について説明する。

品川区の前史と行政区画の移り変わり

東京都品川区は、昭和22年(1947年)3月15日、当時の(旧)品川区と荏原区が合併して成立した。以下、明治時代初期から品川区成立までの行政区画の変遷について略述する。

現在の品川区の区域は、かつては武蔵国荏原郡に属し、明治2年から4年(1869 - 1871年)までは品川県に属していた。荏原郡の区域は、現在の品川区・大田区・目黒区のほぼ全域と世田谷区の一部に相当する。

明治4年7月(1871年8月)、廃藩置県が実施された。同年11月(1872年1月)、従来の東京府、品川県、小菅県が廃止されて、新しい東京府が設置され、荏原郡の区域は東京府に属することとなった。同時に府内は6大区・97小区に分けられた(いわゆる大区小区制)。明治7年(1874年)3月、区割りが見直され、あらためて11大区・103小区が設置された。後に品川区となる区域は、このうちの第7大区第2・3・5小区に属していた。

その後、郡区町村編制法の施行に伴い、大区小区制は廃止され、明治11年(1878年)11月2日、東京府下に15区6郡(荏原郡、南豊島郡、北豊島郡、東多摩郡、南足立郡、南葛飾郡)が置かれた。後に品川区となる区域は、このうちの荏原郡に属していた。

明治22年(1889年)、市制・町村制が施行され、東京市(15区からなる)が成立、府下の6郡は、既存の町村が整理統合されて85町村となった。このうち荏原郡に属していたのは5町14村であり、現在の品川区の区域に該当するのは品川町、大井村、大崎村、平塚村の1町3村である。なお、前述の6郡のうち、南豊島郡と東多摩郡が明治29年(1896年)に合併して豊多摩郡となっている。

昭和7年(1932年)10月1日、東京市は周辺の5郡(荏原、北豊島、豊多摩、南足立、南葛飾)に属する82町村を編入し、いわゆる大東京市が成立した。編入された82町村は20区に編成され、東京市は既存の15区と合わせ、35区から構成されることとなった。品川区の前身である旧品川区と荏原区はこの時に成立したもので、品川町、大井町(旧大井村)、大崎町(旧大崎村)の区域が品川区、荏原町(旧平塚村)の区域が荏原区となった。

昭和18年(1943年)7月1日、東京府と東京市が廃止されて、新たに東京都が設置された。この時、品川区、荏原区を含む35区は東京都直轄の区となった。昭和22年(1947年)3月15日、前述のとおり、これら2区が合併して新しい品川区となった。


旧品川区の町名

荏原区と合併する前の旧・品川区の区域は、明治22年(1889年)の市制町村制施行の時点では、荏原郡品川町、大井村、大崎村に属していた。品川町は、南品川宿、南品川猟師町、利田新地(かがたしんち)、二日五日市村(ふつかいつかいちむら)、北品川宿、品川歩行新宿(しながわかちしんしゅく)の6町村が合併して、明治22年(1889年)に成立したもので、合併前の旧町村は合併後の品川町の大字となっている。大崎村は、上大崎村、下大崎村、谷山村(ややまむら)、桐ヶ谷村、居木橋村(いるぎばしむら)の5村と、芝区白金猿町が合併して、同じ明治22年に成立した。合併前の5村1町は大崎村の大字となっている。大井村は明治22年以降も単独で村制を継続した。大崎村と大井村は明治41年(1908年)に町制を施行し、それぞれ大崎町、大井町となった。昭和7年(1932年)、品川・大崎・大井の3町が合併して(旧)品川区となった。

以下は、明治22年(1889年)の市制町村制施行以前の旧町村名、同年の市制町村制施行時点の大字名、昭和7年(1932年)の品川区成立時の町名の対照表である。

以下は、住居表示実施直前(1963年現在)の品川区(旧荏原区に属する区域除く)の町名と、現行町名の対照表である。

旧荏原区の町名

荏原区の区域は、明治22年(1889年)の市制町村制施行の時点では、荏原郡平塚村に属していた。平塚村は荏原郡中延村、戸越村、小山村、上蛇窪村、下蛇窪村の5村と谷山村(ややまむら)飛地が合併して、明治22年(1889年)に成立したもので、合併前の旧村名(谷山村除く)は合併後の平塚村の大字となっている。村名に選ばれた「平塚」は中延村、戸越村、小山村に共通して存在した字名である。平塚村は大正15年(1926年)に町制を施行して平塚町となり、翌昭和2年(1927年)、荏原町と改称した。改称の理由は、神奈川県の平塚など他地域にある同名の地名との混同を避けるためであった。昭和7年(1932年)、それまでの荏原町の区域が東京市荏原区となった。同年東京市に編入された20区のうち、単独の自治体が1つの区となったのは他に滝野川区(旧滝野川町)のみである。なお、前述の谷山村の飛地は旧小山村内にあったもので、現行の小山四丁目付近である。

昭和7年の荏原区成立時、中延、戸越、小山の3つの大字名は新区の町名として存続したが、大字上蛇窪と大字下蛇窪はそれぞれ上神明町、下神明町と改称された。これは「蛇窪」の地名がイメージが悪いと考えられたためである。昭和16年(1941年)には区全域にわたる町名改正が実施され、区成立当初の5町が58町(11町名)に再編された。このとき、上神明町・下神明町(旧上蛇窪・下蛇窪)は再度改称され、豊町、二葉町等となった。

町名一覧

以下は、明治22年(1889年)の市制町村制施行以前の旧町村名、同年の市制町村制施行時点の大字名、昭和7年(1932年)の荏原区成立時の町名、昭和16年(1941年)の町名改正後の町名の対照表である。

住居表示実施直前の町名

以下は、住居表示実施直前(1963年現在)の品川区(旧荏原区の地域)の町名と、現行町名の対照表である。住居表示実施後は、昭和16年(1941年)の町名改正時に付けられた町名がおおむね踏襲されているが、町界は変わっている。また、「西戸越」「東戸越」の町名が廃され、「戸越一〜六丁目」が新たに成立している。

現行行政町名

品川区では全区において住居表示の実施が完了している。以下は住居表示実施後の町名と、当該住居表示実施直前の旧町名の一覧である。旧町名の後に「(全)」と注記したもの以外は当該旧町域の一部である。

脚注

Turnbull & Asser

参考文献

  • 『角川日本地名大辞典 東京都』、角川書店 、1978
  • 人文社編集・刊行『昭和三十年代東京散歩』(古地図ライブラリー別冊)、2004
  • 人文社編集・刊行『昭和東京散歩』(古地図ライブラリー別冊)、2004
  • 重藤魯『東京町名沿革史』、吉川弘文館、1967
  • 品川区教育委員会編集・発行『品川区史料(十三) 品川の地名』、2000

品川区の町名