伊藤潤二


伊藤潤二


伊藤 潤二(いとう じゅんじ、1963年7月31日 - )は、日本の漫画家。岐阜県生まれ、千葉県在住。代表作は『富江』シリーズ、『うずまき』など。映像化された作品も多い。

来歴

生い立ち

保育園児(5歳)の頃から、楳図かずお、古賀新一らの怪奇マンガに熱中し、自らも怪奇マンガを描き始める。岐阜県立中津高等学校卒業。1984年、歯科技工士専門学校卒業後、歯科技工士になる。愛読していた『ハロウィン』(朝日ソノラマ)により「楳図かずお賞」が創設されたと知り、楳図かずおに自分をアピールしたいと考え、投稿を決意する。1986年、投稿した「富江」が第1回楳図かずお賞にて佳作入選(第一席)しデビュー。当時の選考委員は楳図かずお、稲川淳二、菊地秀行など。

漫画家として

その後しばらくは、歯科技工士と並行して、漫画家として活動していたが、1990年に歯科技工士を退職し、マンガに専念。また、古賀新一、御茶漬海苔とともに、それぞれ自身の作品を映画化するプロジェクト「古潤茶」を起ち上げ、実写映画『富夫』の脚本、監督を務めた。2015年、WOWOWの連続ドラマW『闇の伴走者』の劇中漫画を担当。 さらに同年、台湾にて展覧会「伊藤潤二恐怖美学体験大展」が開催された。

作風

ホラー漫画の執筆を中心とする。お笑いが好きで、ホラーでありながら笑いの要素も意図的に含んでいるという。

作画やアングルにおいて、大友克洋の影響が指摘されている。

アマチュア漫画家による盗作騒動

2006年4月上旬に『月刊ホラーM』に掲載された「第19回ホラーM新人まんが大賞期待賞受賞作」が伊藤潤二の作品『なめくじ少女』に酷似していることが指摘されたため、受賞が取り消された。

家族・親族

2006年にイラストレーターの石黒亜矢子と結婚した。しばらく母と石黒と暮らしていたが現在は千葉県に引っ越し、子供が二人いる。母と妻は非常に仲が良く、結婚前から同居していた。

猫の「よん」「むー」を飼っており、エッセイも出版したが、よんは心臓発作で亡くなり、むーは妻の実家に預けたところ懐いてしまったため、現在は別の猫「てんまる」「とんいち」を飼っている。

作品リスト

漫画作品

各作品の詳細などについてはリンク先の各記事を参照。

  • 2020年04月現在。
  • デフォルトでの表記は発表順。他列でのソート後に再度発表順でソートするには、最左列を利用する。

書籍

  • ハロウィン少女コミック館 / 朝日ソノラマ
    • 屋根裏の長い髪 (1990/2)
    • 地下室 (1990/2)
    • 屋敷 (1990/10)
    • JUNJIの恐怖コレクション(1) 脱走兵のいる家 (1991/3)
    • JUNJIの恐怖コレクション(2) 首のない彫刻 (1991/10)
    • JUNJIの恐怖コレクション(3) 楽しい夏休み (1992/3)
    • JUNJIの恐怖コレクション(4) 路地裏 (1992/12)
    • JUNJIの恐怖コレクション(5) 布製教師 (1993/8)
    • JUNJIの恐怖夜話(1) うめく排水管 (1994/3)
    • JUNJIの恐怖夜話(2) 首吊り気球 (1994/9)
    • JUNJIの恐怖夜話(3) 墓標の町 (1994/11)
    • サイレンの村 (1995/2) (下記の『サイレンの村』を再収録)
    • シリーズ恐怖の双一 棺桶 (1995/9)
    • シリーズ富江の恐怖 画家 (1996/2)
  • 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス / 朝日ソノラマ
    • サイレンの村 (1993/5)
    • 怪奇カンヅメ (1996/11)
    • 死びとの恋わずらい (1997/5)
    • トンネル奇譚 (1997/11)
  • フランケンシュタイン (1994/12)
  • 伊藤潤二恐怖マンガCollection 全16巻 / 朝日ソノラマ (上記全収録作品を再収録)
    • 第1巻 富江 (1997/10)
    • 第2巻 富江 PART 2 (1997/11)
    • 第3巻 肉色の怪 (1997/12)
    • 第4巻 顔泥棒 (1998/1)
    • 第5巻 双一の楽しい日記 (1998/2)
    • 第6巻 双一の呪いの日記 (1998/3)
    • 第7巻 なめくじ少女 (1998/4)
    • 第8巻 血玉樹 (1998/5)
    • 第9巻 首幻想 (1998/6)
    • 第10巻 あやつり屋敷(1998/7)
    • 第11巻 道のない街 (1998/8)
    • 第12巻 いじめっ娘 (1998/9) (「土の中…」を新規収録)
    • 第13巻 サーカスが来た (1998/10)
    • 第14巻 トンネル奇譚 (1998/11)
    • 第15巻 死びとの恋わずらい (1998/12)
    • 第16巻 フランケンシュタイン (1999/1)
  • 死びとの恋わずらい 完全版 (2001/3) / 朝日ソノラマ (『死びとの恋わずらい』に「余話・白服の美少年」を加えて再収録)
  • 富江 <全> -The complete comics of Tomie- (2000/2) / 朝日ソノラマ (上記「富江」作品を再収録)
  • 富江 Again -富江 PART 3- (2001/3) / 朝日ソノラマ
  • 伊藤潤二恐怖博物館 - ソノラマコミック文庫 全10巻 / 朝日ソノラマ (上記全収録作品を再収録)
    • 第1巻 富江 1 (2002/5)
    • 第2巻 富江 2 (2002/5)
    • 第3巻 屋根裏の長い髪 (2002/6)
    • 第4巻 案山子 (2002/7)
    • 第5巻 路地裏 (2002/8)
    • 第6巻 双一の勝手な呪い (2002/9)
    • 第7巻 うめく排水管 (2002/10)
    • 第8巻 白砂村血譚 (2002/11)
    • 第9巻 押切異談&フランケンシュタイン (2002/12)
    • 第10巻 死びとの恋わずらい (2003/1)
  • 伊藤潤二恐怖博物館 新版 - ソノラマコミック文庫 全10巻 (2007/11) / 朝日新聞出版 (『伊藤潤二恐怖博物館』と同一内容)
  • 伊藤潤二傑作集 - 朝日コミックス 全11巻 / 朝日新聞出版(『伊藤潤二恐怖博物館』をリサイズしたものに闇の声 <全>の内容を追加)
    • 第1巻 富江 上 (2011/1)
    • 第2巻 富江 下 (2011/1)
    • 第3巻 双一の勝手な呪い (2011/2)
    • 第4巻 死びとの恋わずらい (2011/2)
    • 第5巻 脱走兵のいる家 (2011/3)
    • 第6巻 路地裏 (2011/3)
    • 第7巻 首のない彫刻 (2013/4)
    • 第8巻 うめく排水管 (2013/4)
    • 第9巻 墓標の町 (2013/6)
    • 第10巻 フランケンシュタイン (2013/6)
    • 第11巻 潰談 (2013/8)
  • 伊藤潤二自選傑作集 - 朝日コミックス (2015/10) / 朝日新聞出版(作者が自選した9編とその解説・執筆メモなどを収録。描き下ろし読切『ファッションモデル・呪われたフレーミング』収録)
  • 伊藤潤二自選傑作集 歪 - 朝日コミックス (2018/3) / 朝日新聞出版(単行本未収録作品『魅入られた双一』収録)
  • うずまき
    • ビッグスピリッツコミックススペシャル 全3巻 (1998/08,1999/02,1999/09) / 小学館
    • ビッグコミックスワイド版 (2000/03) / 小学館(特別読切『銀河』を収録)
    • ビッグコミックスワイド版 (2010/08) / 小学館(特別読切『銀河』を収録、佐藤優氏の解説付き)
  • ギョ
    • ビッグスピリッツコミックス全2巻 (2002/02,2002/05) / 小学館 (短編『大黒柱悲話』『阿彌殻断層の怪』を収録)
    • 2012年にアニメ文庫(OVA)化。
  • ミミの怪談 - MFコミックス (2003/03) / メディアファクトリー
  • 闇の声
    • 闇の声 - 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス (2003/09) / 朝日ソノラマ
    • 新・闇の声 潰談 - 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス (2006/11) / 朝日ソノラマ
    • 闇の声 <全> - ソノラマコミック文庫 (2009/3)/ 朝日新聞出版 (上記2作品を文庫化して再収録)
  • 地獄星 レミナ - ビッグスピリッツコミックス (2005/08) / 小学館 (短編『億万ぼっち』を収録)
  • 伊藤潤二の猫日記よん&むー - ワイドKC (2009/3) / 講談社
  • ブラックパラドクス - ビッグスピリッツコミックススペシャル (2009/3) / 小学館
  • 怪、刺す (原作:木原浩勝) - 少年サンデーコミックススペシャル (2010/8) / 小学館
  • 猫マンガだニャン! - 未単行本化(『YOMBAN』にて連載中のリレー漫画の第1話を担当)
  • 憂国のラスプーチン - 全6巻(原作:佐藤優、脚本:長崎尚志)/ 小学館
  • 魔の断片(まのかけら) - Nemuki+コミックス (2014/07) / 朝日新聞出版
    • 布団 (Nemuki+ 2013年5月号)
    • 木造の怪 (Nemuki+ 2013年7月号)
    • 富夫・赤いハイネック (Nemuki+ 2013年9月号)
    • 緩やかな別れ (Nemuki+ 2013年11月号)
    • 解剖ちゃん (Nemuki+ 2014年1月号)
    • 黒い鳥 (Nemuki+ 2014年3月号)
    • 七癖曲美 (Nemuki+ 2014年5月号)
    • 耳擦りする女 (アンソロジー『シンカン』Vol.1、2009/11/06発売)
  • 溶解教室 - 少年チャンピオン・コミックスエクストラもっと! (2014/12) / 秋田書店 (短編『再会』『大地の子』を収録)
  • 人間失格 - 太宰治作品のコミカライズ、『ビッグコミックオリジナル』2017年第10号から2018年第9号まで連載。ビッグコミックス 全3巻 (2017/10,2018/03,2018/07) / 小学館
  • 漫画エッセイ『伊藤潤二のねこ日記 よん&むー』(ワイドKC 週刊少年マガジン)
  • 伊藤潤二研究 ホラーの深淵から - Nemuki+コミックス (2017/12) / 朝日新聞出版(単行本未収録作品『よん&むーの幽霊物件』『首吊り気球・再来』『恐怖の重層』『魔声』を収録)
  • 伊藤潤二短編集 BEST OF BEST - ビッグコミックススペシャル (2019/2) / 小学館(単行本未収録作品『伊藤潤二の怪奇漫画館』『楳図先生と私』『忘れ形見』 を収録)
  • 伊藤潤二画集 異形世界 - Nemuki+コミックス (2019/3) / 朝日新聞出版
  • センサー - Nemuki+コミックス(2019/11) / 朝日新聞出版(シリーズ『夢魔の紀行』を改題して単行本化)
  • 幻怪地帯 - ソノラマ+コミックス(2021/3) / 朝日新聞出版(『LINEマンガ』連載)
Turnbull & Asser

映像化作品

映画

富江
  • 富江 (1999年)
  • 富江 replay (2000年)
  • 富江 re-birth (2001年)
  • 富江 最終章 ―禁断の果実― (2002年)
  • 富江 BEGINNING (2005年)
  • 富江 REVENGE (2005年)
  • 富江VS富江 (2007年)
  • 富江 アンリミテッド (2011年)
恐怖コレクション
  • 伊藤潤二 恐怖collection 「屋根裏の長い髪」 (2000年)
  • 伊藤潤二 恐怖collection 「首吊り気球」 (2000年)
  • 伊藤潤二 恐怖collection 「悪魔の理論」 (2000年)
  • 押切 OSHIKIRI (2000年)
  • うずまき (2000年)
  • 死びとの恋わずらい (2001年)
  • 案山子 KAKASHI (2001年)
  • うめく排水管 (2004年)
  • 富夫 (2011年)

テレビドラマ

  • 戦慄の旋律(1991年)

2005年発売のDVD 「DRAMADAS 伊藤潤二+山上たつひこの謎さがし 戦慄の旋律 / おろし金に白い指」に収録

  • 富江 恐怖の美少女(1999年)

VHS/DVDリリース時に「富江 アナザフェイス」に改題

伊藤潤二恐怖コレクション
  • 伊藤潤二恐怖コレクション 「長い夢」(2000年)
  • 伊藤潤二恐怖コレクション 「顔泥棒」(2000年)
  • 伊藤潤二恐怖コレクション 「押切」(2000年)
  • 伊藤潤二恐怖コレクション 「墓標の町」(2000年)
  • 世にも奇妙な物語 (25周年スペシャル・春 〜人気マンガ家競演編〜)「地縛者」(2015年)

アニメーション

  • ギョ (2011年)/ OVA
  • 伊藤潤二『コレクション』(2018年)

BeeTV

  • うずまき (2014年)/ Beeマンガ 全19話
ゲーム
  • DEATH STRANDING (2019年)

脚注

参考文献

  • 「平成24年新春特別企画 2012年に羽ばたく歯科界異能の才人たち」『歯科医療経済』第2巻第1号、医療経済出版、東京都千代田区、2012年1月、 22-30頁。

関連項目

  • 異形コレクション

外部リンク

  • 伊藤潤二 (@junjiitofficial) - Twitter

伊藤潤二