高木大輔


高木大輔


高木 大輔(たかぎ だいすけ、1995年10月14日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手。レノファ山口FC所属。

父は横浜・日本ハムで活躍した元プロ野球選手の高木豊。高木三兄弟の三男である。長兄・高木俊幸はセレッソ大阪所属、次兄・高木善朗はアルビレックス新潟所属。

来歴

父・豊が現役を引退(1994年)の翌年に誕生。あざみ野F.C.でサッカーをはじめ、東京ヴェルディ1969ジュニアに入団した。小学6年時には第31回全日本少年サッカー大会にキャプテンとして出場し優勝に貢献した。またこの年度、東京ヴェルディジュニアは、全日本少年サッカー大会(11人制)・ダノンネーションズカップ(9人制)・チビリンピック(8人制)・バーモントカップ(フットサル)のジュニア4大全国大会で優勝している。

ジュニアユースに昇格し、中学3年時には天皇杯でトップチームの試合にベンチ入りした。14歳326日でのベンチ入りはJリーグ発足後の史上最年少記録である。また3兄弟がベンチ入りするのも史上初。2011年10月にはU-17日本代表として2011 FIFA U-17ワールドカップに出場し、ベスト8となった。

2011年にユースに昇格し、同年3月4日と2012年3月30日にユース所属のまま2種登録された。2013年3月3日、J2第1節のアビスパ福岡戦で2種登録選手としてリーグ戦デビュー、4月5日にはトップチームに昇格してプロ契約を結んだ。

2018年より父・豊の故郷に本拠地を置くレノファ山口FCに期限付き移籍で加入。主に左サイドでレギュラーポジションをつかみ、キャリアハイとなる38試合出場・8ゴールを挙げ、シーズン終了後に完全移籍加入。2019年シーズンはシステム変更もあり、主にウィングバックとして26試合に出場した。

2019年8月、ガンバ大阪に完全移籍。8月24日、第24節の鹿島アントラーズ戦で途中交代からJ1デビューを果たした。

2020年1月、一昨年の2018年12月に結婚していたことをガンバ大阪を通じて報告した。

2021年、レノファ山口FCに完全移籍で復帰。

所属クラブ

  • あざみ野F.C.
  • 東京ヴェルディジュニア(横浜市立嶮山小学校)
  • 2008年 - 2010年 東京ヴェルディジュニアユース(横浜市立すすき野中学校)
  • 2011年 - 2013年 東京ヴェルディユース(日出高校)
    • 2011年 - 2013年 東京ヴェルディ (2種登録選手)
  • 2013年 - 2018年 東京ヴェルディ
    • 2014年8月 - 2015年 Jリーグ・アンダー22選抜
    • 2018年 レノファ山口FC(期限付き移籍)
  • 2019年 - 同年8月 レノファ山口FC
  • 2019年8月 - 2020年 ガンバ大阪
  • 2021年 - レノファ山口FC

個人成績

  • Jリーグ初出場 - 2013年3月3日 J2 第1節 対アビスパ福岡戦 (味の素スタジアム)
  • Jリーグ初得点 - 2014年3月22日 J2 第4節 対愛媛FC戦 (ニンジニアスタジアム)

タイトル

クラブ

東京ヴェルディジュニア
  • 全日本少年サッカー大会(2007年)
  • ダノンネーションズカップ in JAPAN(2007年)
  • チビリンピック(2007年)
  • バーモントカップ(2007年)

代表歴

  • U-16日本代表
    • AFC U-16選手権2010(2010年)
  • U-17日本代表
    • 2011 FIFA U-17ワールドカップ(2011年)
    • サニックス杯国際ユースサッカー大会(2012年)
  • U-18日本代表
    • AFC U-19選手権2014 (予選)(2013年)
  • U-19日本代表
    • U-19国際フットボールトーナメントNutifood Cup(2014年)
    • SBSカップ 国際ユースサッカー(2014年)
    • AFC U-19選手権(2014年)
Giuseppe Zanotti Luxury Sneakers

脚注

関連項目

  • 神奈川県出身の人物一覧
  • 東京ヴェルディ1969の選手一覧
  • レノファ山口FCの選手一覧
  • ガンバ大阪の選手一覧
  • U-17サッカー日本代表
  • 兄弟スポーツ選手一覧

外部リンク

  • 高木大輔 (@daisuke_v18) - Twitter
  • 高木大輔 – FIFA主催大会成績(英語)
  • 高木大輔 - J. League Data Siteによる選手データ (日本語)

高木大輔