設楽啓太


設楽啓太


設楽 啓太(したら けいた、1991年12月18日 - )は、日本の陸上競技選手。埼玉県大里郡寄居町出身。武蔵越生高等学校、東洋大学経済学部経済学科卒業。コニカミノルタ→日立物流陸上競技部所属。双子(二卵性双生児)であり、同じ東洋大学陸上競技部出身でホンダ所属、現ハーフマラソン・元マラソン日本男子記録保持者の設楽悠太は実弟にあたる。左利き。

来歴・人物

  • 小学校6年の時に陸上を始める。
  • 宝物は家族で、好きな女性タレントは元AKB48の大島優子である。
  • 2歳上の姉がいる。
  • 弟とは大学まで同じチームで活躍していた。
  • 1年生ながら出場した全日本大学駅伝では1区を走り42分42秒と歴代5位の高タイムで区間賞を獲得し、2区の柏原竜二に繋いだがチームは3位になった。
  • 2012年1月に開催された第88回東京箱根間往復大学駅伝競走第2区を走る。各校のエースが集う2区で4位で襷を受け順位を1位に押し上げると、以降東洋大学は一度も順位を落とすことなく中継し、2年ぶり3度目の総合優勝を果たした。同年の出雲全日本大学選抜駅伝競走では1区を走り8位、また全日本大学駅伝では2区を走り鎧坂哲哉の持つ区間記録である37分38秒に2秒及ばなかったものの区間3位となる好走をみせた。2013年の箱根駅伝総合2位に終わった翌日の1月4日、早朝練習前のミーティングにて酒井俊幸駅伝監督に新主将に任命される。通常は1月下旬頃に新主将は発表されるものであって、この時期の任命は異例。
  • 2013年2月17日に開催された第57回熊日30kmロードレースにおいて、1時間29分55秒で4位に入り、当時日本大学に在学していた清水将也の持つ1時間30分の学生記録を10年ぶりに更新する。
  • 2014年1月に開催された第90回東京箱根間往復大学駅伝競走では山登り5区を走った。初の5区挑戦であったが快走し、3区を走った弟の悠太と兄弟揃って区間賞を獲得(啓太自身は初の区間賞)。東洋大学は2年ぶり4度目の総合優勝を達成した。同年4月にコニカミノルタに入社。Hondaに入社した弟の悠太とは初めて別のチームへと進んだ。
  • コニカミノルタではルーキーイヤーから主力として活躍し、 2014年の東日本実業団対抗駅伝競走大会ではエース区間2区を走り区間賞と大会MVPを獲得している。続く2015年の全日本実業団対抗駅伝競走大会でもエース区間4区を走り区間4位の力走を見せた。同年の全日本実業団ハーフマラソンでは、ハーフマラソン日本歴代10位となる1時間01分12秒を記録し5位入賞した。(日本人2位)
  • 2015年4月に行われた金栗四三選抜陸上の5000mの部で弟・悠太と日本人トップ争いを繰り広げ、最終的にはラスト200mでスパートを出し13分41秒04で日本人トップになった。しかしその後は怪我に泣かされ、弟・悠太と共に双子での初の世界陸上出場を夢見たが、悠太は出場したものの啓太は代表になれず、悲願の双子同時出場は叶わなかった。その後の大会も怪我が治らなかった為、相次いで欠場をした。
  • 2016年1月、復帰初戦となるニューイヤー駅伝では前年走った花の4区にはチームのセンター宇賀地強が任され、啓太は6区を任されることとなった。総合順位2位こそ守ったものの自身は38分25秒の区間10位となり、トップトヨタ自動車との差は広がりチームもそのまま2位に終わった。
  • 同年同月下旬に行われた第21回全国都道府県対抗駅伝では埼玉のふるさとランナーとして出場し、前年悠太が走った3区を任され24分44秒と実業団のチームメートの菊地賢人に4秒競り勝ち、区間3位と復活をアピールした。
  • 同年2月に開催された第60回熊日30kmロードレースは1時間30分45秒となり優勝を果たし、完全復活をアピールした。
  • 2017年3月31日付で、コニカミノルタを退社。
  • 2017年9月、日立物流に入社。
  • 2017年12月3日、第71回福岡国際マラソンにて、初マラソンに挑戦。だが15km手前辺りで先頭集団から脱落、レース後半では大きく失速しまったものの、2時間28分台を記録し、初マラソンながらサブ2.5(2時間半切り)を達成した。
  • 2018年3月4日、びわ湖毎日マラソンに出場。前回の福岡国際マラソンからおよそ10分自己ベストを更新。また、サブ2時間20分を達成した。今後もこのペースで自己記録を更新すれば、日本記録や世界記録、またサブ2も期待できる選手である。

戦績・記録

主な戦績

大学駅伝戦績

実業団駅伝戦績

自己ベスト

出典

外部リンク

  • 設楽啓太:選手・スタッフ紹介 - 公式プロフィール
  • 設楽啓太 (@1218_keita) - Twitter

関連項目

  • 兄弟スポーツ選手一覧
GIUSEPPE ZANOTTI TIFA

設楽啓太