Aller au contenu principal

土曜ドラマ (日本テレビ)


土曜ドラマ (日本テレビ)


土曜ドラマ』(どようドラマ)は、1969年10月から1987年3月、および1988年4月から日本テレビ系列で毎週土曜日22:00 - 22:54(JST)に放送されていたもしくはされているテレビドラマの枠。ステレオ放送、文字多重放送、連動データ放送(一部地域を除く)を実施している。

1998年3月までは『土曜グランド劇場』(どようグランドげきじょう)または『グランド劇場』、一時期(2004年頃)「Surprise Saturday」というサブタイトルが付いていた。長らく土曜日21時台に放送され、『土9』(どっく)の愛称で親しまれていたが、2017年4月期より22時台に変更された。

2024年4月改編で既存の土曜22時台はそのままに『土ドラ9』と称して土曜21時台にドラマ枠が復活し、本枠は『土ドラ10』に改名される。これにより日本テレビ系列の土曜日に2時間連続でドラマ枠が組み込まれることになった。

枠の特徴

概歴

  • 1969年10月に、『夜のグランド劇場』(1968年4月 - 1969年9月、木曜21:30枠)が移動してくる形で、『土曜グランド劇場』放送開始。
  • 開始当初は21:30からのスタートだったが、21:00の単発30分ドラマ『夫婦日記』の廃枠にともない、1973年10月から放送の『さよなら・今日は』より21:00スタートとなった。
  • 原則として「連続ドラマ」であるが、21:30時代末期の1972年8月26日 - 1973年9月29日までは連続ドラマを中断し、一話完結の単発ドラマを放送していた。なお、21:00開始になってからの1時間枠の単発作品は1977年1月1日の『新春大吉』(唯一の元日放送)のみで、『土曜グランド劇場』→『土曜ドラマ』時代は1回も放送されていない。
  • 1976年3月20日放送開始の『二丁目の未亡人は、やせダンプといわれる凄い子連れママ』から1977年6月18日放送終了の『魔女と呼ばれる占い師は自己革命を夢みてた』までは、『新春大吉』を除いてやたら長い作品名のドラマ「長い作品名シリーズ」が放送された。
  • 同シリーズの人気を不動のものとした作品が、水谷豊主演の『熱中時代シリーズ(無印シリーズ=小学校教諭2シリーズ、及び刑事編)』である。水谷は『事件記者チャボ』、『気分は名探偵』などの人気作にも主演し「グランド劇場(旧枠名・土曜グランド劇場)の顔」となる。その他にも『池中玄太80キロ』、『天まであがれ!』などの作品を放送した。
  • 作品によっては、放送時間の制約、提供スポンサーのCMコマ時間の都合とそれぞれの作品の編集時間の都合や制作費の予算の絡みで次回予告なしの場合もあった。特に1980年代の作品が多く見られた。
  • 1984年放送の『風の中のあいつ』から、枠名がもとの『土曜グランド劇場』に戻り、番組本編の前にオープニングタイトル映像(25秒間)が流されるようになった。タイトル映像のイメージは「太陽の光から生まれた1個の銀色の球が、遊園地 のジェットコースターの軌道やエアチューブの中を駆け抜けた後に宇宙空間へと飛び出す。銀球は土星に命中して飛び去ってしまうが、その土星が実はくす玉 になっており、片端から真っ二つに割れた後、たくさんの紙テープ(メタリック系のもの)と紙吹雪を宇宙空間に向かって舞い上がらせる。その紙吹雪が舞う映像に被せて、タイトル文字 が立ち上がるように現れる」というものであった。このタイトルは、次項に述べる土曜ドラマ枠の一時休止まで使われた。
  • 1987年4月、『ワールドクイズ ザ・びっくり地球人!』の放送開始に伴いクイズ枠になったため、1年間ドラマ枠は休止した。翌1988年3月を以て『クイズ・地球NOW』が終了したことに伴い、同年4月から『春の砂漠』で1年ぶりにドラマ枠が復活し、『外科医・有森冴子』などのヒット作を生み出す。
  • 1989年5月から放送の『湘南物語』よりステレオ放送となった。
  • 1989年10月 - 1990年2月までの5か月間は土曜夜8時の『野望の国』シリーズと2枠連続でドラマが放送されていた。
  • 1992年4月からの2年間、読売テレビ制作の土曜夜10時枠と2枠連続でドラマが放送されていた(その後、読売テレビ枠は木曜夜9時枠 → 月曜夜10時枠へと移動し2004年3月に廃止)。
    • なお開始当初の1969年10月からの1年間は、土曜20:30に1時間時代劇『右門捕物帖』(二代目中村吉右衛門主演版)→『青春太閤記 いまにみておれ!』、土曜22:30に1時間海外ドラマ『0011ナポレオン・ソロ』(第4シーズン)が編成され、連続3時間のドラマが編成されており、また1972年7月から同年9月までは、19:30に30分ドラマ『小さな恋のものがたり』、20:00に『黒帯風雲録 柔』、21:00に30分海外ドラマ『プロテクター電光石火』、22:30に30分時代劇『姫君捕物控』が編成され、3時間半・計5本ものドラマが編成されていた。
  • 1994年に放映された『家なき子』(翌年4月からパート2も放送、平均視聴率24.7%・最高視聴率37.2%。)が絶大な人気を博し、本作により視聴年齢層の裾野を広げるのに成功したことで以後ローティーン向け(児童向けドラマ寄り)の作品も放映されるようになった。また、その流れから翌1995年には『金田一少年の事件簿』(堂本剛主演、平均視聴率23.9%・最高視聴率29.9%。)もヒットし、以降シリーズ化されている。
  • かつては日本テレビの21時枠で様々なドラマ枠が存在していたが、1980年代後半からそのドラマ枠は次々と廃枠に追い込まれ、そして1995年9月を以て、読売テレビ制作木曜21時ドラマが廃枠となった事で、本枠は日本テレビ唯一の21時枠ドラマとなり、以後20年以上も日本テレビ21時枠のドラマは本枠だけであったが、後の2017年3月を以て、22時台に移動に伴って、長年続いた日本テレビから、21時台のドラマ枠はすべて姿を消すことになった。これにより2024年2月現在、地上波の民間放送・在京キー局のゴールデンタイム帯にドラマを放送しない唯一のテレビ局となった。
  • 1998年4月期の『LOVE&PEACE』より現在の枠タイトル『土曜ドラマ』に改名された。
  • 2005年には1月期の『ごくせん(第2シリーズ)』(最高視聴率32.5%。)、7月期の『女王の教室』(最高視聴率25.3%。)、そして10月期の『野ブタ。をプロデュース』(主題歌である亀梨と山下のユニット修二と彰の「青春アミーゴ」は、この年の年間オリコンシングルチャート1位を獲得)といった学園物がヒットし、この年の土曜ドラマは平均視聴率1位を獲得した。
  • 『瑠璃の島』(2005年4月)から全編ハイビジョン映像で撮影されるようになった(地上デジタル放送が全ての都道府県庁所在地で受信可能になってから最初の作品は『たったひとつの恋』(2006年10月 - 12月))。また、2010年代からプログレッシブカメラでの制作が主になってきている(ただし2000年代にも同様のカメラで制作されたドラマは存在している)。
  • 2008年10月、20:54に長年放送されていた『NNNニューススポット』が9月に廃止され、この時間は一部系列局を除いて本ドラマの見どころを紹介するミニ番組が始まり、事実上フライングスタートとなったが、2009年3月を以て廃止、フライングスタートはなくなった。
  • 2009年3月をもって火曜ドラマが廃止され、2009年4月から2015年3月までの6年間、同局のゴールデンタイム枠の連続ドラマは同枠と水曜ドラマの2枠となっていたが、2015年4月改編で『有吉反省会』や『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』を放送していた日曜の22:30 - 23:25の55分枠に『日曜ドラマ』を新設、6年ぶりに同局のプライムタイム枠の連続ドラマ枠が3枠に戻った。
  • 2004年4月期の「仔犬のワルツ」は、主人公が視覚障害者であるため、解説放送が行われていたが、その後地上デジタル放送ではバリアフリーの一環と、ステレオ2の活用のため、2017年10月から放送の「先に生まれただけの僕」より常時解説放送が行われる(同時期の他の日テレ系連続ドラマ(読売テレビ制作の木曜ドラマFは除く)でも同様に解説放送実施)。
  • 関東地方で2013年7月期の『斉藤さん2』まで、見逃し再放送が行われていた(翌週木曜の15:55 - 16:53)。

その他・2000年代以降の傾向等

  • 毎年8月に行われる『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』放送日は放送休止となる。
    • なお2013年からは、毎年7月の土曜日に大型音楽番組『THE MUSIC DAY』が放送されるが、作品が終了後に放送されるため、放送休止になる事は無い。
    • また2016年夏放送の『時をかける少女』は『24時間テレビ』は元より、同時期にはリオデジャネイロオリンピックが開催される関係上、7月9日 - 8月6日の「5回放送」の短期放送となったため、初めて「『24時間テレビ』前にドラマ終了」となった。
  • 21時枠で放送されていた2000年代頃は、ティーンエージャーやファミリー層を対象したコメディドラマや、人気マンガを原作にしたドラマが多くラインナップされていた。だが、2017年4月の改編で22時枠に移設されて以降は従来通りの若者向けのコメディ作品・マンガ原作の作品も放送されるが、社会派ドラマやサスペンスドラマなど大人を意識した作品が増加傾向にある(『先に生まれただけの僕』、『イノセンス 冤罪弁護士』、『ボイス 110緊急指令室』、『トップナイフ-天才外科医の条件-』等)。
  • 同枠の音楽ならびにサウンドトラック盤の販売は同じ日本テレビ系列会社のバップが担当することが多いが、2003年の作品はエイベックスが担当した。
  • 『ナースマンがゆく』以降、主題歌は男性アーティストが独占している。女性アーティストは『愛情イッポン!』以降、この枠の主題歌に使われていなかったが、2010年代になってからは『デカワンコ』『悪夢ちゃん』『斉藤さん2』『お迎えデス。』、2020年代では、『トップナイフ-天才外科医の条件-』『コントが始まる』では女性アーティストの主題歌が使われた。
    • 2008年4月期の『ごくせん(第3シリーズ)』と2012年7月期の『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』ではボーカルは男性だが女性メンバーが存在するバンドが主題歌に使われている。
  • また、女優の主演が多い同局の水曜ドラマ枠とは対照的にこの枠、並びに日曜ドラマ(日曜22:30 - 23:25)枠 は男性の主演が多い(特にジャニーズ事務所所属のアイドルグループ のメンバーやホリプロ所属、アミューズ所属)。
    • 同枠の作品で主演最多は亀梨和也(KAT-TUN)であり、2021年時点では同枠の作品で8作主演している。
  • 通常、土曜22時枠番組との接続は、21:54の各局別ミニ番組(関東地区の現在は『Stories〜あなたのライフを探す旅〜』)を挟んでのジャンクション・ステブレ入りだが、土曜22時番組が『嵐にしやがれ』になって以後、本枠ドラマの初回拡大SPの時には『嵐にしやがれ』との接続をステブレレスに変更、21時台ミニ番組は『嵐にしやがれ』終了後に放送時間を「3分」に縮小 して繰り下げる(枠交換)事が度々あった。
  • 2017年4月から、同年3月まで土曜22時枠(本ドラマ枠の後続枠)で放送されていた『嵐にしやがれ』と枠交換し、土曜22時枠に移動。本枠がドラマ枠になるのは1994年3月まで放送された『よみうりテレビ制作土曜10時枠連続ドラマ』以来23年ぶりに復活 した。これにより、日本テレビのミニ番組を除く21時台のレギュラー番組は、2024年4月改編にて『土ドラ9』枠が設立されるまで、金曜の2時間枠で21・22時台に放送の『金曜ロードショー』を除いて全てバラエティ枠となり、日本テレビでのゴールデンタイムで21時台からドラマが一旦消滅 、レギュラーのドラマ枠は22時以降の放送となっていた。これについて、日本テレビは土曜19 - 21時台にバラエティー番組を3本そろえ、「番組の特性や19時台からの流れ、並びに裏番組の編成を含め、総合的にプラスになると判断した」としており、土曜ドラマの時間枠を繰り下げることは「家族で楽しめる内容は逃さずに、週末にドラマを見ることがワクワクして、待ち遠しくなる痛快・王道エンターテインメント枠を目指す」とともに、「若者だけでなく、少し上の世代にも見てもらえる内容を提供すること」を念頭に置いたという。
  • 先述のとおり、2017年10月期の『先に生まれただけの僕』から解説放送を実施している。本枠の解説放送は21時台時代の『仔犬のワルツ』 で行われていたことがあるが、「22時台移動後」と「視力障害者を扱わない作品」は初。
  • 2019年度の作品より、本枠の初回などの拡大放送を廃止し、通常編成時と同様の放送時間になっており、後続の『マツコ会議』以降に放送される番組は、すべて定時で放送されるようになっている 一方で、最終回に限っての拡大放送が行われた事もない。
  • 『土曜グランド劇場』時代は筆頭3社すべてを読み上げていたが、『土曜ドラマ』への改称後は長らく筆頭スポンサーと「ご覧のスポンサー」で括られる複数社の組み合わせだった。2000年代末期からは全社読み上げとなり、『怪物くん』からはカラー表記だった。22時枠への移動後は再び筆頭スポンサーと「ご覧のスポンサー」で括られる複数社の組み合わせとなるが、筆頭スポンサーが次第に減少し、2023年4月現在はスポンサーの時間が大幅縮小され、筆頭スポンサーの花王と「ご覧のスポンサー」扱いの複数社(うち半分は非常勤)のみとなった。
  • 2024年4月改編で、同年3月で土曜21時台の『1億3000万人のSHOWチャンネル』と水曜22時台の『水曜ドラマ』が終了し、同年4月から土曜21時台のバラエティ枠と水曜22時台の『水曜ドラマ』と枠交換する形で、土曜21時台はドラマ枠『土ドラ9』となり、水曜22時台はバラエティ番組の『世界頂グルメ』が開始する予定。『土ドラ9』枠が新設されることにより、枠名を『土ドラ10』に変更。『水曜ドラマ』の廃枠により日本テレビでのレギュラーのドラマ枠全てが週末のみとなった。土曜21・22時台の2枠連続ドラマは1994年3月までの21時台が本枠、22時台が読売テレビ制作ドラマ枠以来30年ぶりとなる。さらに2枠連続ドラマが日本テレビ制作となると、1975年3月まで21時台が本枠、22時台が『傷だらけの天使』が放送されて以来実に49年ぶりとなる。
  • 『土ドラ10』にゾーン名が改められてからの最初の2024年4月度は、小学館と提携した作品が企画されていたが、2023年10月度の日曜ドラマ『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子の急逝などによる諸問題の影響から制作が見送られ、別の作品を放送する予定であると各スポーツメディアが報じた。文春オンラインが報じたところによると、この作品は『たーたん』(原作:西炯子、主演:ムロツヨシ)で、『セクシー田中さん』と同じプロデューサーが担当する予定とされていた。

変遷

作品リスト

1960 - 1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

2010年代

2020年代

1990年以降の土曜ドラマ・平均視聴率10傑

  • 数字はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

1990年以降の土曜ドラマ・最高視聴率10傑

  • 数字はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

ネット局

過去にネットしていた局

ネット局に関する備考

  • 1991年3月までテレビ朝日系列とのクロスネット局であったテレビ信州は、1988年の当枠再開時、土曜ワイド劇場を同時ネットしていたため、1991年4月に長野朝日放送が開局するまでは放送されていなかった。
  • 1993年9月までテレビ朝日系列、現在はフジテレビ系列とのクロスネット局であるテレビ大分は、2006年9月まで『土曜ワイド劇場』 → 『ゴールデン洋画劇場』 → 『ゴールデンシアター』 → 『土曜プレミアム』同時ネットのため遅れネットだったが、2006年10月の土曜21時枠・22時枠の日本テレビ系列改編に伴い、当番組が同時ネットに昇格変更された(同改編以降、『土曜プレミアム』は遅れネット降格)。
  • フジテレビ系列単独ネット局の沖縄テレビでも、1983年3月まで日曜日22:30 - 23:24、1983年4月から2007年3月まで火曜日の22:00 - 22:54で放映されていたが、2007年4月より土曜日12:00 - 12:54で放映されている。
  • 長年の地方ネット局で、日本テレビ系列・テレビ朝日系列とのクロスネット局である福井放送は、2008年4月の番組改編で同日21時 - 23時の2時間にわたって2枠1組で1本のテレビ朝日製作連続ドラマ遅れネット枠として編成される枠に変更され、このうち(枠移動前の)当番組の放送枠にあたる前半ゾーンを木曜ドラマに置き換え、さらに(枠移動後の)当番組の放送枠にあたる後半ゾーン(同日22時枠)で古くから放送されている同じテレビ朝日の東映製作刑事ドラマと連結するようになり、スポンサードネット(前記の2枠も同じ)のまま土曜日16:00 - 16:54に枠移動することとなり、併せてエンドカードも新設された。そのため、2008年4月改編以降において各作品ごとに視聴者プレゼントがある場合は、同局側の視聴者に配慮して、応募締め切り日までの余裕日数を長めに設定している。2018年現在では同局放送分におけるこの3つのドラマにはすべてエンドカードが付いている。

ネット配信

脚注

注釈

出典

関連項目

  • 日本テレビ制作局制作番組の分野別一覧
  • 金曜劇場 (日本テレビ)
  • 水曜ドラマ (日本テレビ)
  • 火曜ドラマ (日本テレビ)
  • 木曜ナイトドラマ
  • 木曜ミステリーシアター
  • 木曜ドラマ (読売テレビ)
  • 日曜ドラマ
  • ドラマDiVE
  • 土ドラ9

Text submitted to CC-BY-SA license. Source: 土曜ドラマ (日本テレビ) by Wikipedia (Historical)