石巻埠頭駅


石巻埠頭駅


石巻埠頭駅(いしのまきふとうえき)は、宮城県石巻市南光町にあった日本貨物鉄道(JR貨物)仙石線(貨物支線)の駅(貨物駅。廃駅)である。

当駅の付近には飼料関係の事業所が多く立地し、専用線で接続していた。各線の入換には石巻臨海運輸の入換機関車(25t機と35t機が存在)が使用された他、石巻埠頭サイロ専用線ではアント工業製の車両移動機(アント77型)も使用された。

歴史

  • 1968年(昭和43年)10月11日:釜駅(現在の石巻港駅) - 当駅間の貨物支線開業に伴い日本国有鉄道(国鉄)の駅として設置。貨物のみ取り扱い。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、JR貨物の駅となる。
  • 1999年(平成11年)11月1日:石巻港 - 当駅間廃止により廃駅となる。

周辺

  • 石巻港

隣の駅

日本貨物鉄道
仙石線(貨物支線)
石巻港駅 - (貨)石巻埠頭駅

脚注

関連項目

  • 日本の鉄道駅一覧

石巻埠頭駅