アサデス。ラジオ


アサデス。ラジオ


アサデス。ラジオ』(アサデス。ラジオ)は、九州朝日放送が2019年4月1日から放送している生ワイド番組。

放送開始からの2年間は『小林徹夫のアサデス。ラジオ』(こばやしてつおのアサデス。ラジオ)であり、同局アナウンサー・小林徹夫の冠番組として放送。テレビ版『アサデス。KBC』の真裏で放送されており、テレビで放送した話題をさらにラジオで深堀する連動コーナーが多く存在した(「NEWSここ大事」と「ニュース ここ大事」、「深オイ」と「ラジオで深オイ」、「芸能オッショイ!」と「ラジオで芸能オッショイ」)。

2021年3月29日、KBCラジオは番組編成を大幅リニューアルし、平日のワイドを実質『アサデス。ラジオ』と『PAO〜N』に統一する構成とした。当該時間は2021年3月26日まで放送の『富田薫のアサコレ!』・『小林徹夫のアサデス。ラジオ』・『川上政行 今日もしゃべりずき!』・『ハザマデス』の4番組を巻き込んだ大幅改編と枠統合となり、毎週月曜日 - 金曜日 5時15分 - 12時45分、3部構成の7時間30分の長時間ワイド番組となった。

キャッチコピーは『世界で一番福岡の事しゃべっている』であろうラジオ番組。これまでのエッセンスを受け継ぎながら福岡が好きなリスナーや喋り手、スタッフと【Local(身近)】【Timely(今)】【Reality(本音)】の3本立てとなる“福岡愛”で届けることを標榜している。

小林徹夫のアサデス。ラジオ

小林徹夫のアサデス。ラジオ』(こばやしてつおのアサデス。ラジオ)は『アサデス。ラジオ』の母体にあたり、前述通り同局アナウンサー・小林徹夫の冠番組でもあった。

2016年4月1日から3年間放送されてきた『川上政行 朝からしゃべりずき!』の後番組としてスタート。2019年4月1日 - 2021年3月26日の毎週月曜日 - 金曜日の6:30 - 9:29(2020年10月からは6:30 - 9:00、詳細後述)に放送され、九州朝日放送(KBC)が同じ時間帯(6:00 - 8:00)にテレビで放送している『アサデス。KBC』のラジオ版に当たる番組で、レギュラー出演者の一部が別の曜日に同番組へ登場するほか、同番組と連動させ、テレビでフォローできなかった部分をさらに掘り下げるコーナーを組み込んだ。

メインパーソナリティの小林は、東北放送から移籍した2001年から、主にスポーツアナウンサーとして活動していた。当番組の放送開始を機にスポーツの担当を退いたが、2018年度まで出演していた『KBCホークスナイター』には、当番組の開始後も福岡ソフトバンクホークスのホームゲーム中継にゲストで随時登場している。

2020年10月の改編で12時台に『ハザマデス』を組み込むため、『川上政行 今日もしゃべりずき!』の放送時間を繰り上げ。そのため番組も30分縮小の6:30 - 9:00となる。9時台に放送していたコーナーの一部はそのまま『しゃべりずき』に移動。

出演者

※メインパーソナリティとパートナーはいずれも、九州朝日放送(KBC)の現役アナウンサー。

2021年3月26日終了時点の担当

メインパーソナリティ
  • 小林徹夫
パートナー
  • 松下由依(2020年10月~:月曜日)
  • 山崎萌絵(2019年度:水・木曜日→2020年4月~7月:木・金曜日→2020年8月~:木・金曜日)
  • 加藤恭子(2020年8月5日~2020年9月:水曜日→2020年10月~:火・水曜日)
気象キャスター
  • 尾澤功(KBCラジオ専属の気象予報士、「KBC天気予報」)
  • 佐藤栄作(「栄作のお天気お答えしまーす!」)
コメンテーター
  • 青木裕司(河合塾世界史講師、毎週月曜日)
  • 川島透(映画監督、毎週火曜日)
  • 浜崎陽一郎(株式会社Fusic副社長、2020年度から出演:毎月第1・3・5週の水曜日)
  • 松浦恭子(弁護士、2020年度から出演:毎月第2水曜日)
  • 早崎裕子(同上、2020年度から出演:毎月第4水曜日)
  • 木下敏之(福岡大学経済学部教授:毎週木曜日)
  • 早川裕章(KBC解説委員、2019年度:隔週水曜日→2020年度:隔週金曜日)
  • 臼井賢一郎(KBC解説委員長、2020年度から出演:隔週金曜日)
コーナーパーソナリティ
  • 島田洋七(「島田洋七の朝から言わせろ!」)
  • 小柳有紀(同上)
  • 居内陽平(KBCアナウンサー、「島田洋七の朝から言わせろ!」)
  • 西田たかのり(「9時からホークス!西田がキラリ★」)
過去
  • 谷口真由美(2019年度のみ:コメンテーターとして隔週水曜日に出演)
    • 出演期間中の2019年6月から務めている公益社団法人日本ラグビーフットボール協会の理事職へ専念するため、当番組への出演を含むメディアでの活動を2020年3月で終了。
  • 原岡薫(久留米大学名誉教授、2019年度のみコメンテーターとして毎週金曜日に出演)
  • 細谷めぐみ(2019年度:金曜日→2020年4月~7月:火曜日パートナー)
    • 育児休暇に入るのため、2020年7月28日放送分で一時降板。
  • 平川尚子(2019年度:月・火曜日→2020年4月~7月:月・水曜日→2020年8月~9月:月・火曜日)

出演者の変遷

タイムテーブル(2020年10月改編以降)

○:『アサデス。KBC』内の同名コーナーと連動
●:企画ネット枠(本編をKBCで独自に制作)
生放送番組のため、時刻は目安。

  • 6:37 KBCニュース ここ大事○ - 7:46枠より移動
  • 6:41 KBCニュース ここ大事○
  • 6:54 KBC天気予報
  • 7:00 7時のアサトピ~今朝の三枚おろし○● - 6時台冒頭で放送していた「アサトピ」を移動。
    • 武田鉄矢(KBCの本社がある福岡市の出身)がパーソナリティを務める『武田鉄矢・今朝の三枚おろし』(文化放送制作)から、スポンサーのCMのみ放送。
  • 7:07 大事なニュース ここ大事!●
    • 川島がコメンテーターを務める火曜日には、「川島透ほぼノンフィクション劇場・映画をおいかけて」(映画監督としての川島のエピソードを小林・尾澤とパートナーが「劇団員」としてラジオドラマ風に再現する企画)を放送。
  • 7:20 KBC天気予報
  • 7:22 アサリポ - 8:10枠より枠移動
  • 7:35 KBC交通情報
  • 7:38 島田洋七の朝から言わせろ!!(事前収録)
  • 7:43 KBC天気予報
  • 7:45 コバヤシスポーツ - 7時台冒頭に放送していたものの移動版。
  • 8:00 栄作のお天気お答えしまーす!
  • 8:08 KBC交通情報
  • 8:10 KBCニュース ここ大事○ - 7:46枠より移動
  • 8:18 FDA 福岡空港・北九州空港フライトインフォメーション
  • 8:20 フォーカス・イン - 7:07枠より移動
  • 8:35 KBC交通情報
  • 8:38 スズキ・ハッピーモーニング 羽田美智子のいってらっしゃい(ニッポン放送制作)
  • 8:43 KBC天気予報
  • 8:46 ラジオで深オイ○

2020年9月末で終了

  • ラジオで芸能オッショイ○

『川上政行 今日もしゃべりずき!』へ移行

  • 9時からホークス!西田がキラリ★
  • ラジオショッピング

アサデス。ラジオ

アサデス。ラジオmore

2021年11月1日より、毎週月曜日の5:00 - 5:15に設置。小林徹夫が担当。木曜日の8:08頃に放送している「福岡のゴイスーな人列伝」をもう一度届けるプログラム。他の曜日の当該時間は『グッドモーニングKBC』か通販番組を編成する。

アサデス。ラジオ(アーリー)

これまでの『アサコレ!』に相当する枠。5:15 - 5:55に放送。出演者がこの後6:00から放送の『アサデス。KBC』の司会を務めており、当該時間帯もその準備をしていることから事前収録かつまとめ録りとなり、音楽とトークを中心とした番組構成となっている。

番組の締めは「このあと6時からは、テレビもラジオも『アサデス。』でお楽しみください。」とアナウンスするが、『KBC』が休止の場合はその旨を報告する。ただし、2021年8月13日のように急遽生放送を編成する場合は対応できないこともある。

出演者

  • 宮本啓丞(月曜日・水曜日・金曜日)
  • 徳永玲子(火曜日・木曜日)
代役
  • 2021年7月29日 - 8月12日までの火・木は徳永が新型コロナウィルスの濃厚接触者と判断されたことからテレビともども出演を見合わせた。29日は宮本が出演しその旨を報告。8月3日・5日・10日・12日は『KBC』水曜コメンテーターのトコが代行した。
  • 2022年1月21日・24日・26日は宮本の年次休暇消化に伴い、町田隼人が代行した。『KBC』の方は1月17日 - 21日で休んでいるが、ラグがあるのは前述のまとめ録りの都合。
ゲスト
  • 青木裕司(河合塾世界史講師、2021年12月27日・29日・2022年1月5日・7日)

アサデス。ラジオ(モーニング)

これまでの『小林徹夫のアサデス。ラジオ』に相当する枠。これまでよりも30分前倒し・拡大され、6:00 - 9:00に放送。番組パートナーの出演曜日がシャッフルされたほか、小林の出演が長くなる代わりに1曜日縮小させ、金曜日に初代テレビ版『アサデス。』司会の近藤を投入した。

radikoではモーニング・ブランチの番組情報が書かれているが、金曜日は決まって「金曜日はコンテツ&オカリサ!」という決まり文句が存在する。

出演者

メインパーソナリティ
  • 小林徹夫(月〜木曜日)
  • 近藤鉄太郎(金曜日)
パートナー
  • 山﨑萌絵(月・火曜日)
  • 加藤恭子(水・木曜日)- 2021年4月から9月は木曜のみ、10月から水曜日にも出演。
  • 岡田理沙(金曜日)
代役
  • メインが休演する場合は富田薫や中島つぐまさが担当するが、小林が休演の時は近藤が登場することもある。
  • パートナーが休演する場合は浜田しのぶ、軽部明香里などが担当。
  • 2021年8月12日は後輩アナウンサーの長岡大雅が、12月9日は居内陽平が代役を担当した。ただし、後者はパートナーの役目となり、本来のパートナーの加藤が代役メインパーソナリティという形となった。

2021年4月から9月は、代役を含めて基本的にそのまま「ブランチ」も担当した。ただし、2021年9月15日に松下がテレビ版に出演するため「モーニング」のみ休演、代役となった軽部が「モーニング」のみの出演という例もある。

気象キャスター
  • 尾澤功(KBCラジオ専属の気象予報士、「KBC天気予報」)
  • 岡雄介(KBCラジオ専属の気象予報士、「KBC天気予報」)
  • 佐藤栄作(「栄作のお天気お答えしまーす!」)
コメンテーター
  • 青木裕司(河合塾世界史講師、毎週月曜日)
  • 臼井賢一郎(KBC解説委員長、毎週火曜日) - 2021年4月から9月までは隔週での出演だったが後述の花田解説委員の異動により毎週出演に。
  • 浜崎陽一郎(株式会社Fusic副社長、毎月第1・3・5週の水曜日) - オープニングトークでは毎回のように漫画の話題を出す。このため水曜日は「漫画の水曜日」の副題あり。
  • 松浦恭子(弁護士、毎月第2水曜日) - キャッチコピー「女性と子どもの問題はおまかせ」弁護士法人女性協同法律事務所所属。
  • 早崎裕子(同上、毎月第4水曜日)- キャッチコピー「元検事で弁護士」明倫国際法律事務所所属。
  • 木下敏之(福岡大学経済学部教授、毎週木曜日)
  • 早川裕章(KBC解説委員、毎週金曜日) - コメンテーターで唯一他曜日に出演することがある(「アサデス。報道情報センター」にて。「ブランチ」内だった時も出演あり)。

スポーツコメンテーター(「コバヤシスポーツ」「コンテツスポーツ」に不定期出演)

  • 西村龍次(野球、元ホークス選手・KBC野球解説者)
  • 前田幸長(野球、元ドラゴンズ選手・KBC野球解説者)
  • 山下芳輝(サッカー、元アビスパ福岡選手・元日本代表)
  • 田尻耕太郎(野球、スポーツライター)
  • 加藤暁(野球、フリーアナウンサー、元KBC)
  • 槇嶋範彦(野球、フリーアナウンサー、元文化放送)
  • 井上志帆子(相撲、タレント)
コーナーパーソナリティ
  • 島田洋七(「島田洋七の朝から言わせろ!」)
  • 小柳有紀(同上)
  • 居内陽平(KBCアナウンサー、「島田洋七の朝から言わせろ!」)
  • 西田たかのり(「西田たかのりホークス★キラリ」)
  • 森福允彦(元ホークス選手、「西田たかのりホークス★キラリ」火曜日)
  • 加藤和子(ホークス球団オフィシャルリポーター、「西田たかのりホークス★キラリ」金曜日)
過去
  • 松下由依 - 2021年4月から9月29日までパートナー。毎週水曜担当。
  • 花田明男(KBC解説委員(当時)) - 2021年4月より解説委員長の臼井賢一郎と交互に火曜日に登場。近藤が報道部所属時の福岡市政キャップだったと2021年9月21日のモーニングのオープニングトークより。10月より考査室に異動のため当日を持って降板。
「アサリポ」リポーター(2021年4月-9月)
  • 太田江莉奈(タレント、月曜日)
  • 上田恵子(元アイタガール、火曜日、ふるさとWishの中継先からのリポートを担当。)
  • 川島透(映画監督、水曜日、コーナー名『ぶらとおる』)
  • 服部さやか(タレント、木曜日)
  • ショウきん(お笑いコンビ「カイキンショウ」、金曜日)

アサデス。ラジオ(ブランチ)

これまでの『今日もしゃべりずき!』『ハザマデス』相当枠。9:00 - 12:45に放送。『今日もしゃべり好き!』に出演していた百市なるみがメインとして番組を進行する。

番組開始当初から9月までは全曜日「モーニング」のメインパーソナリティとパートナーがそのまま居残り、9時の冒頭に関しては「モーニング」の2人が百市を呼び込む形で番組を始めることがあった(現在、9時の冒頭は百市からの名乗りで始まる)。

2021年10月に一部リニューアル。放送時間が12:30までとなり15分短縮。「モーニング」の2人の居残り体制は金曜のみに変更(=出演者続投)となり、残りの月曜-木曜の「モーニング」の出演者はそちらに専念。かわって細谷めぐみや富田薫(コンシェルジュ富田)を投入。また、金曜のみの出演であった岡田が木曜にも「ブランチ」のみ出演する。

出演者

メインパーソナリティ
  • 百市なるみ(ひゃくいち・なるみ)
代役
  • 百市が休演する場合は浜田しのぶや井上志帆子などが担当。
パートナー
  • 細谷めぐみ(月~水曜日) - 2020年8月に産休に入って以来の復帰となる。
  • 岡田理沙(木・金曜日)
  • 近藤鉄太郎(金曜日)
コンシェルジュ(お世話係)
  • 富田薫(月~木曜日) - 番組上では「コンシェルジュ富田」名義で登場。出番は原則ラジオショッピングと「テレフォン人生相談、でした」のみ。
コーナーパーソナリティ
  • 太田祐輔(KBC解説委員、元アナウンサー、「みんなで防災!」「発信!GT-R」)
  • 井上志帆子(タレント、「何の料理でSHOW」「この曲何でSHOW」)
過去
  • 小林徹夫(月〜木曜日)
  • 山﨑萌絵(月曜日・火曜日)
  • 松下由依(水曜日)
  • 加藤恭子(木曜日)

以上四名は金曜日の近藤・岡田同様「モーニング」からそのまま居残り、パートナーとして12:00まで出演していた(2021年8月あたりから。放送開始当初は12:30前あたりまで出演。休演時の代役も同様)が、松下は完全降板でテレビ版に異動、残る三名も2021年10月より「モーニング」に専念することになった。

タイムテーブル

○:『アサデス。KBC』内の同名コーナーと連動
●:企画ネット枠(本編をKBCで独自に制作)
生放送番組のため、時刻は目安。

アーリー
  • 05:15 オープニング
  • 05:30
    • (月・水)見っけた!アサデス。
    • (金)黙って聴けばピタリと当たる! アサデス。ラジオ アーリー ルーレット式おみくじ器 今週のアーリー占い - 番組の中で話題となった「ルーレット式おみくじ器」を取り寄せ、リスナーから生まれ星座と血液型を募集。それをもとに100円を投入し占いをするというもの。
  • 05:50 エンディング
KBC朝日新聞ニュース・天気予報
  • 05:55 ニュース・天気予報 - 番組構成上は独立枠。
モーニング
  • 06:00 モーニング オープニング
  • 06:12 KBCニュース ここ大事! ○
  • 06:25 ENEOSプレゼンツ あさナビ(ニッポン放送)
  • 06:33 ジャパネットたかたラジオショッピング - 「富田薫のアサコレ!」から枠移動。進行役も富田が続投。
  • 06:38 フォーカス・イン - 8時台より枠移動。これまで同様コメンテーターのコラムコーナー。
  • 06:50 KBC天気予報
  • 07:00 7時のアサトピ~今朝の三枚おろし ○● - 武田鉄矢(KBCの本社がある福岡市の出身)がパーソナリティを務める『武田鉄矢・今朝の三枚おろし』(文化放送制作)から、スポンサーのCMのみ放送。この時間はストレートニュースを中心に放送
  • 07:05 大事なニュース ここ大事! ● - 『お早うネットワーク』のスポンサーのCMのみ放送。放送内容はニッポン放送制作全国ネットの『お早う! ニュースネットワーク』と似通っており、コメンテーターによるニュース解説。
  • 07:20(月)しっかり朝ごはん
  • 07:25(月〜木)コバヤシスポーツ/(金)コンテツスポーツ - メインが代役の場合でもタイトルはそのままだが、小林の休演日に近藤がメインを張るときは金曜同様「コンテツスポーツ」となる。
  • 07:40 KBC交通情報
  • 07:43 島田洋七の朝から言わせろ!!(事前収録)
  • 07:50 ラジオで芸能オッショイ ○ - 放送時間拡大により2020年9月に一旦終了して以来の再開。パートナーがメインで進行。特に金曜は「岡田理沙のつっこませて頂きます」の副題あり。
  • 08:00 栄作のお天気お答えしまーす!
  • 08:08 KBCニュース ここ大事! ○ - 2021年10月からのこの時間は曜日替わりのコーナー。
    • (月・火)6時台とほぼ同じ内容のニュース。
    • (水)「耳ガチャリピート」- インパクトのある音楽を紹介する。
    • (木)「福岡のゴイスーな人列伝」- 小林が福岡の実業家にインタビューを行う。翌週月曜、前述の「アサデス。ラジオmore」にて再編集・再放送。
    • (金)「聞き耳」- リスナーから「今一番聞きたい曲」を週替わりのテーマに沿って答えてもらう。テーマ紹介は6時のオープニングにて行われるがこの時間が本題コーナー。一番多かった回答の曲を「モーニング」のエンディングにて流す。
  • 08:20 アサリポ~アサデス。報道情報センター~ - 4月から10月1日までは曜日替わりで前述のリポーターをはじめとした多様なジャンルのレポート。10月4日からは「ブランチ」の9:10から「アサデス。報道情報センター」が枠移動になり「アサリポ」と統合。
  • 08:35 スズキ・ハッピーモーニング 羽田美智子のいってらっしゃい(ニッポン放送)
  • 08:40 KBC交通情報
  • 08:43 KBC天気予報
  • 08:46 西田たかのりのホークス★キラリ
ブランチ
  • 09:00 ブランチ オープニング〜9時の話題
  • 09:10 あさプチ - 2021年10月4日スタート。コンビニ新商品やキャンペーン、福岡県内でのイベントの情報といった身近な「プチ」情報を伝えるコーナー。
  • 09:40 中継・ふるさとWish
  • 09:55 GoGoトピックス - 『KBCニュース』の改題版。「ブランチ」と『PAO〜N』内ではこのタイトルで放送。
  • 10:00 沼る最高会議 - 週ごとに「〇〇沼」のテーマがあり、そのテーマに関してのめりこんでいる人を「沼リスト」と呼称し、電話でトークを展開する。
  • 10:20 中継・アイタカーリポート
  • 10:45
    • (月・火)岩本初恵の幸せをつれてくる言葉(熊本放送)
    • (水)みんなで防災!
  • 10:55 GoGoトピックス
  • 11:00 テレフォン人生相談(ニッポン放送)
  • 11:20
    • (月〜木)テレフォン人生相談、でした - 「今日もしゃべり好き」のコーナーを半年ぶりに再開。直前に放送されたテレフォン人生相談の内容に絡む話題を繰り広げる。
    • (金)この曲何でSHOW - 井上志帆子が福岡にゆかりのある歌手の歌をリコーダーで演奏し、その曲を当てるクイズ。後述の「何の料理でSHOW」同様、正解者リスナーの中から1名に賞金3000円をプレゼント。ただし正解者なしの場合は翌週に持ち越しとなる。演奏は練習なし・譜面なし、尚且つ曲を聴きながらなのでリズム・音節はほぼ合っているが音程がかなりずれている。そのため簡単には判別不可能。
  • 11:35 久光製薬 リラックスタイム〜ホグシノジカン ●
  • 11:55 GoGoトピックス
  • 12:00
    • (月~水)福岡ふるさと検定 - ふるさとWishの中継先に関する検定問題を出題する。検定本を出版するのが目標。
    • (木)発信!GT-R - 「KBC地域リポーター」に電話をつなぎ、その地域ならではの情報を伝えてもらう。GT-Rは「じもっ!てぃ!らじお!」の略。
    • (金)オヒルデス。- テーマに関する話題等を繰り広げる。週によってはリスナーと電話をつなぐこともある。
  • 12:15 (金)「この曲何でSHOW」答え合わせ
  • 12:25 エンディング
過去のコーナー
  • (ブランチ木曜)アサデス。10分クッキング - 小林と百市が調理スタジオに移動。調理中のBGMは2018年までのKBCホークスナイターのテーマ音楽「爆走!スノーモービル」。調理レシピは放送後公式Instagramにアップロードされる。2021年9月30日終了。
  • (ブランチ金曜)何の料理でSHOW - 井上志帆子が赴く飲食店の外観と調理音をヒントに当該店・料理名を当てるクイズ。毎週正解者リスナーのうち1名に賞金3,000円を贈呈するが、正解者なしの場合は翌週に持ち越し。2021年10月1日終了。

放送休止

  • 2021年12月31日 - 30日をもって年内放送を終了。31日は『大晦日はドント・ストップ』に代わって5時台は『グッドモーニングKBC 年末スペシャル』、6時台以降は『こちら残念斬られ隊 長浜支所』(6:00 - 12:00。波田陽区、ノボせもん なべ)と『早川裕章の去る一年、来る一年』を放送。
  • 2022年1月3日 - 6:00 - 7:55で『アサデス。ラジオ 新春スペシャル』を軽部の進行で放送。5時台は『グッドモーニングKBC 新春スペシャル』『AIシャッフルミュージック』、8時以降は『第98回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継』(文化放送制作)を放送。レギュラー放送は4日から開始。

脚注

関連項目

  • アサデス。

外部リンク

  • アサデス。ラジオ公式番組サイト
  • アサデス。ラジオ (@kbc_asaradio) - Twitter
GIUSEPPE ZANOTTI TIFA

アサデス。ラジオ