V6 (グループ)


V6 (グループ)


V6(ブイシックス)は、日本の男性アイドルグループ。1995年に結成、CDデビュー。2021年11月1日をもって解散した。所属事務所はジャニーズ事務所。所属レコードレーベルはavex trax。

年長者3人の坂本昌行・長野博・井ノ原快彦で構成される20th Century(通称トニセン)と、年少者3人の森田剛・三宅健・岡田准一で構成されるComing Century(通称カミセン)に分かれて活動することもあった。このうち20th CenturyはV6本体解散後も活動を継続している。

メンバー

グループのリーダーは坂本昌行。解散時のジャニーズ事務所公式サイトのプロフィールをもとに記述。

20th Century

Coming Century

概要

1995年、『バレーボールワールドカップ』のイメージキャラクターとして結成される。V6の「V」には、「volleyball」(バレーボール)、「victory」(ビクトリー)、「visual」(ビジュアル)、「versus」(バーサス)、「veteran」(ベテラン)など、いくつかの意味が込められている。「6」は6人組であることにちなむ。中国語での表記は「勝利六人組」。

先述の通り年長組3人を「20th Century(トゥエンティース・センチュリー)」(通称トニセン)、年少組3人を「Coming Century(カミング・センチュリー)」(通称カミセン)として、独立した活動も行っていた。“トニセン”は、「20th Century」が正しい発音では「トゥエニース・センチュリー」と聞こえる事から。

2021年6月、「デビューからのシングルTOP10入り連続年数」(各年度のオリコン年間ランキング集計期間に準拠)が27年で歴代1位を記録。

2021年11月1日をもって解散した。同時に森田剛はジャニーズ事務所も退所した(詳細後述)。Coming Centuryは活動を終了し、20th Centuryのみ活動を継続する。

略歴

CDデビューまで

1995年8月に発売されたアイドル雑誌『Myojo』10月号で、発足以来プロ化を目指していた日本バレーボールのVリーグに乗じて、同年秋にフジテレビ主催で行われる『バレーボールワールドカップ』のイメージキャラクターとして、新しいグループが作られることが初めて発表される。当時のグループ名表記は「Vsix」で、候補段階のメンバーは、坂本昌行・井ノ原快彦・原知宏の写真と、長野博・佐野瑞樹・喜多見英明と思われるシルエット(次号で発表)の、計6名となっている。この6名は当時、「ジャニーズSr.」(初代メインメンバー:坂本・長野、初代サポートメンバー:井ノ原・佐野・原・喜多見)としてNHK-BS2『アイドルオンステージ』で活躍していたメンバーだった。

翌9月発売の『Myojo』11月号で、「V6」のデビューが大々的に掲載され、この時点でメンバーは坂本・長野・井ノ原・森田剛・三宅健・岡田准一の6名となり、9月4日に六本木のディスコ「ヴェルファーレ」でデビュー記者発表が行われた。

11月1日に「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。同日にデビューイベント『SING FOR THE PEOPLE』を国立代々木競技場第一体育館前の特設会場で行う。また、イメージキャラクターを務めた『バレーボールワールドカップ』の大会中継や、V6主演のタイアップドラマ『Vの炎』に出演した。翌年1996年からは『春の高校バレー』のイメージキャラクターを務めた。

エピソード

三宅健はジャニー喜多川より直接「V6やらない?」と加入を勧められた。その際、三宅が「(森田)剛は入らないの?」と聞いたらジャニーより「入らない」と言われたため、「(森田が加入しなければ)じゃあやりたくない」と答えたそうである。ジャニーは当初三宅中心のグループを構想しており、森田はそのメンバーの構想外であった。三宅の返答にジャニーは、「どうすんの!お前、剛入ったら、1番になれないじゃない!」と返したそうだが、三宅は「グループが売れるためには森田が必要だ」と考えていたため、森田加入が条件である意志が変わることなく、最終的に森田剛も加入となった。

1990年代

当初のシングルはデイブ・ロジャースなどの作曲によるユーロビートの楽曲を歌っていた。

1996年12月31日、前年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の復興チャリティイベント『V6 COUNT DOWN '97』を神戸ワールド記念ホールにて開催し、収益金を神戸市教育委員会に寄付。

1997年10月16日、レギュラー番組『学校へ行こう!』放送開始。後続番組の『学校へ行こう!MAX』が終了する2008年9月まで11年間にわたり放送される。

1997年12月1日、阪神・淡路大震災へのチャリティー活動として、1997年までにデビューしていたTOKIO・V6・KinKi Kidsが合体してJ-FRIENDSを結成することを発表。2003年3月まで活動した。

1998年、『24時間テレビ21』で森田がチャリティーマラソンランナーに選ばれ、100kmを完走。

2000年代

2000年8月19日・20日に『24時間テレビ23』で番組パーソナリティーを務めた。 同年9月10日、夏のコンサートでさいたまスーパーアリーナのこけら落し公演を行う。

2001年、台湾・台北で日本人としては初の3日間連続公演を行う。同年10月にはComing Centuryが台湾、香港でコンサートを開催。

2002年4月20日、韓国の『ドリームコンサート2002』に日本人として初出演。同年5月4日、Coming Centuryが台湾の音楽祭『金曲奨』でプレゼンターを務める。同年11月には香港、台湾でコンサートを開催し、香港公演は日中国交正常化30周年記念事業として行われた。

2003年、Coming Centuryが『COSMIC RESCUE』で映画初主演。同作が宇宙を舞台としていることから『第18回世界宇宙飛行士会議』のオフィシャルサポーターに任命された。同年9月28日、V6初主演映画『ハードラックヒーロー』のイベント試写会を全国5大都市で実施。劇場公開はされなかったが、東京国際映画祭の特別招待作品に選出、釜山国際映画祭に正式出品された。

2004年、アジア文化産業交流財団から「アジア文化交流貢献有功賞」を受賞。同年公開の映画『サンダーバード』で日本語吹き替え版の声優及び主題歌を担当した。

2005年、デビュー10周年を迎え、11月1日に国立代々木競技場第一体育館で記念イベントを開催。翌2日から全国ツアー『V6 10th Anniversary Concert 2005 musicmind』を開催し、同ツアーに連動して全国6大都市で握手会を行った。また、東京・渋谷にミュージアム「V6 10th ANNIVERSARY MUSEUM」が期間限定でオープン、V6主演映画『ホールドアップダウン』が全国公開された。同年12月6日、韓国の『日韓友情年記念コンサート』に日本代表として出演。

2006年、全国ツアー『V6 SUMMER LIVE 2006 グッデイ!!』を8月から9月にかけて開催。同ツアーで1995年12月の初コンサートから通算500万人の動員を達成した。

2007年9月12日発売の10枚目のオリジナル・アルバム『Voyager』が24日付のオリコンアルバムランキングで初登場1位を獲得。同ランキング通算1000作目の1位獲得作品となる。

2009年9月19日、韓国・ソウルで開催された『アジア・ソング・フェスティバル』に出演し、日韓文化交流の功績からアジアスペシャルアワードを受賞。同年11月に韓国、台湾で7年ぶりのアジアツアーを行う。

2010年代

2014年、『第65回NHK紅白歌合戦』に初出場。

2015年、デビュー20周年を記念して8月30日から全国ツアー『ラブセン presents V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995〜FOREVER-』を開催。11月1日の最終公演の開演前には、国立代々木競技場第一体育館前の特設会場で公開会見を行った。また12月6日にはWOWOWで最終公演の模様が独占放送され、これがジャニーズ事務所所属アーティストで初のツアーのWOWOW放送だった。

同年は、8月22日・23日に『24時間テレビ38』で事務所の後輩のHey! Say! JUMPとともにメインパーソナリティーを、12月24日・25日に『第41回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』でメインパーソナリティをそれぞれ務めたほか、11月3日には『学校へ行こう!』が特別番組として7年ぶりに放送された。

2016年10月23日、国立代々木競技場第一体育館で開催された『テレビ朝日ドリームフェスティバル2016』に出演。日本国内で開催される音楽フェスに参加するのはこれが初めてとなる。

2017年、全国ツアー『LIVE TOUR 2017 The ONES』を開催。長野の45歳の誕生日にあたる10月9日に行われた横浜アリーナ公演の模様が11月25日にWOWOWで放送された。

2020年代

2020年5月13日、ジャニーズ事務所所属グループによる新型コロナウイルス感染拡大防止の支援活動『Smile Up! Project』の一環として、V6のメンバーを含む75名の期間限定ユニット「Twenty★Twenty」を結成することが発表された。

同年11月1日、デビュー25周年を記念して初の配信ライブ『V6 For the 25th anniversary』を開催。また、前日の10月31日にはファンクラブ会員限定の前夜祭が配信された。

グループ解散

2021年3月12日、森田が同年11月1日(V6のデビュー記念日)をもってジャニーズ事務所を退所すること、それと同時に2020年にデビュー25周年を迎えたV6はグループとしての活動に区切りをつけ、解散することもジャニーズ事務所より発表された。なお、Coming Centuryはグループの解散と同時に活動終了となり、20th Centuryのみ活動を継続する。2019年春頃よりメンバーが2020年のデビュー25周年に向けての話し合いをする中、森田より「ジャニーズ事務所を離れた環境で役者に挑戦したい」との申し出がきっかけとされる。その申し出を聞き、「人生の半分以上一緒にいる仲間の提案を、他の5人は止められない。」、「それをきっかけに5人がV6、そしてそれぞれの将来を考えた時に、”解散”が自分たちの新しい形なんじゃないか」と思い、解散を決意することとなった。なお、この解散発表前の2020年9月に出演したテレビ番組のNHK『SONGS』にて岡田が「抜けても頑張っている後輩くんたち沢山いるから発言は難しいけど、俺ら1人でも抜けたらV6はないってそれ(思い)が強い。」と発言したこともあった。

同年9月4日 - 11月1日、最後の全国ツアー『LIVE TOUR V6 groove』を開催。最終日の11月1日はJohnny's netオンラインにて生配信され、この日をもって解散した。なお、グループとして最後のテレビ番組出演は、同年10月26日放送の『学校へ行こう!2021』だった。解散日はスタッフ達の中で「12月31日の年末にテレビで最後を迎える」という案もあったそうだが、三宅は「悲しい日が増えるのが嫌だな。」、「1年、また1年経って“今日はデビュー日か……”、“今日は解散の日か……“って思うのが嫌だなって思った。2021年の11月1日は解散する日でもあるけど、僕たちの26周年を迎える日でもあるから、悲しいだけじゃないっていうか。そういうふうにしたくて」と思い、デビュー記念日である11月1日を提案、了承され、11月1日が解散日となった。

また、V6や個々のファンクラブ会員だけがパソコンやスマホアプリから過去にリリースされた映像や衣装、写真などが観覧出来る仮想空間「V-Land」を11月1日(10月18日からプレオープン)から同月30日までオープン。ラストライブが行われた1日の22時からは、最後の映像作品「WANDERER」が配信された。

11月1日、V6が東京都江戸川区の『区立なぎさ公園』に「ブイロクの木」と名付けたオリーブの木を寄贈した。「平和、知恵、勝利」の象徴でもあるオリーブの木、「平和を願い、みんなの知恵を使って、起こりうるあらゆる困難に打ち勝つ精神」を伝い。また、「これから訪れる未来が、笑顔集うこの地でいつまでも「ブイロクの木」のもと、子供たちが健やかに成長し続けることを心から願っております」と思いを語っている。

グループ解散後

11月2日、ラストライブ終了後の深夜0時に三宅が自身のラジオに生出演。番組終盤には井ノ原と長野も駆け付けた。ラジオ内では三宅個人のインスタグラムアカウントを開設することを発表。

ファンクラブは20th Century、三宅、岡田それぞれで運営することが決定。

森田は妻の宮沢りえとともに新会社を立ち上げ、ホームページ、Twitterアカウントを開設。

ディスコグラフィ

  • デビューシングル「MUSIC FOR THE PEOPLE」から「太陽の当たる場所」までが8cmシングルでの発売、「MILLENIUM GREETING」から「出せない手紙」までマシキシングルにて発売、「Feel your breeze/one」から「サンダーバード-your voice-」までCCCDにて発売、「UTAO-UTAO」から「僕らはまだ/MAGIC CARPET RIDE」までCDにて発売。

順位はオリコン週間ランキング最高位を示す。

シングル

CDシングル

DVDシングル

アルバム

オリジナル・アルバム

ミニ・アルバム

ベスト・アルバム

ライブ・アルバム

映像作品

ライブ

ビデオ・クリップ

CD未収録曲

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「V6」「Coming Century」「20th Century」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

参加作品

  • 20th Centuryは先輩である少年隊のミュージカル「PLAYZONE」に1996年から2000年まで(グループ結成前を含めると1992年から、井ノ原のみ2001年まで)出演しており、その映像作品やサウンドトラックCDには20th Centuryの劇中歌やライブステージなどが収録されている。
    • 少年隊のビデオおよびサウンドトラックCD『PLAYZONE'97 RYTHEMⅡ』には20th Centuryのナンバー「SHAKE」、『PLAYZONE'98 5night's』には20th Centuryのナンバー「O・I・D・E」「Welcome to the party」が、同様にビデオ『PLAYZONE 2000“THEME PARK”』に20th Centuryのナンバー「Give me a smile」「真夏の夜の永遠」が収録されている(2000年はサウンドトラックCDには収録されていない)。

6V(ロクボルト)

  • 6V 電撃ビリビリRemix(2000年12月)- 詳細は ジャニーズ関連企画ユニット を参照

REVOLUTIONS

  • SP “Break The Wall” feat.V6 & ☆Taku Takahashi(2011年3月)

タイアップ

Turnbull & Asser

コンサート

V6のコンサートやイベント会場として、国立代々木競技場での使用が多かった為、ファンの間では『V6の聖地』と呼ばれている。尚、第一体育館での公演回数は、歴代1位となる102回(無観客公演も含む)。

1995年 - 2000年

2001年 - 2005年

2006年 - 2010年

2011年 - 2015年

2016年 - 2021年

出演

テレビドラマ

  • Vの炎(1995年10月9日 - 11月2日、フジテレビ) - V6主演
  • PU-PU-PU-(1998年10月9日 - 12月18日、TBS) - Coming Century主演
  • 新・俺たちの旅 Ver.1999(1999年7月3日 - 9月11日、日本テレビ) - Coming Century主演
  • 少年タイヤ セレクトドラマ「室温〜夜の音楽〜」(2002年2月5日 - 3月19日、フジテレビ) - 20th Century

バラエティ

  • アイドルオンステージ(1995年11月 - 1997年3月30日、NHK BS2)
  • M-Navi(1996年4月 - 9月、TBS)
  • マジカル頭脳パワー!!(1996年4月25日 - 1999年9月16日、日本テレビ)
  • ミュージック・ジャンプ(1997年4月6日 - 1998年3月29日、NHK BS2)
  • 学校へ行こう!(TBS)
    • 学校へ行こう!(1997年10月16日 - 2005年3月15日)
    • 学校へ行こう!MAX(2005年4月19日 - 2008年9月2日)
    • 学校へ行こう!2015(2015年11月3日)
    • V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!(2017年8月30日)
    • V6の愛なんだ2018(2018年9月24日)
    • V6の愛なんだ2019(2019年9月23日)
    • V6の愛なんだ2020(2020年11月3日)
    • 学校へ行こう!2021(2021年10月26日)
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(1998年・2000年・2015年・2020年、日本テレビ)
  • V6の素(1999年10月14日 - 2000年3月23日、フジテレビ)
  • マッハブイロク(2000年4月6日 - 9月14日、フジテレビ)
  • お笑いV6病棟!(2000年10月12日 - 2001年3月29日、フジテレビ)
  • Let's V6大作戦!! 台湾へ行け!!6番勝負(2001年4月1日、フジテレビ)
  • VivaVivaV6(2001年4月12日 - 2010年3月19日、フジテレビ)
  • ラブセン!(2002年10月7日 - 2004年9月27日、TBS)
  • 新知識階級 クマグス(2008年10月18日 - 2010年9月23日、TBS)
  • ミッションV6(2010年10月13日 - 2011年9月21日、TBS)
  • 男のヘンサーチ!!(2011年10月12日 - 2012年9月19日、TBS)
  • ガチャガチャV6(2012年10月17日 - 2014年3月19日、TBS)
  • V6 LOVE VICTORY(2012年12月27日・2013年4月9日、TBS)
  • アメージパング!(2014年4月23日 - 2021年10月20日、TBS)

20th Century

  • アスリート応援TV! ニッポン!チャ×3(2006年4月29日 - 2007年2月24日、TBS)

Coming Century

  • 月刊カミセン(秘)特報(1996年4月 - 9月、朝日放送)
  • ミミセン!(2001年4月6日 - 9月28日、TBS)
  • オトセン!(2001年10月5日 - 2002年3月29日、TBS)
  • オトセンII(2002年4月5日 - 9月27日、TBS)

NHK紅白歌合戦出場歴

2014年(第65回)〜2016年(第67回)に3回連続出場。第46回(1995年)はTOKIOのバックダンサーとして出演。第50回(1999年)は企画コーナーにゲスト出演し「Believe Your Smile」を歌唱している。

ラジオ

  • V6・ジャニーズJr.のカミセンニュースショー(1995年10月 - 1996年3月、ニッポン放送) - Coming Century
  • V6のカミセンミュージアム(1996年4月 - 2004年9月、ニッポン放送) - Coming Century
  • V6 Next Generation(1996年4月 - 、JFN) - 20th Century
  • オレたちやってま〜す (1999年10月 - 2003年3月、MBSラジオ)
  • オールナイトニッポン(ニッポン放送)
    • V6のオールナイトニッポン(2000年5月11日・2000年12月27日・2005年11月1日・2006年8月1日)
    • V6のオールナイトニッポンGOLD(2015年7月31日) - 坂本・長野・三宅
  • 第41回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン(2015年12月24日・25日、ニッポン放送) - メインパーソナリティ

映画

  • COSMIC RESCUE(2003年) - Coming Century主演
  • ハードラックヒーロー(2003年) - V6主演
  • サンダーバード(2004年) - 日本語吹き替え
  • ホールドアップダウン(2005年) - V6主演

舞台

  • SHOW劇'97 MASK(1997年12月、大阪松竹座) - 坂本・井ノ原・岡田

20th Century

  • SHOW劇'92 MASK(1992年5月、日生劇場)
  • PLAYZONE(青山劇場、大阪フェスティバルホール)
    • PLAYZONE'92 さらばDiary(1992年7月 - 8月)
    • PLAYZONE'94 MOON(1994年7月 - 8月) - 坂本・長野
    • PLAYZONE'95 KING&JOKER(1995年7月 - 8月)
    • PLAYZONE'96 RHYTHM(1996年7月 - 8月)
    • PLAYZONE'97 RHYTHM II(1997年7月 - 8月)
    • PLAYZONE'98 5nights(1998年7月 - 8月)
    • PLAYZONE'99 Goodbye&Hello(1999年7月 - 8月)
    • PLAYZONE'00 THEME PARK(2000年7月 - 8月)
  • ジャニーズファンタジー 「KYO TO KYO」(1997年8月19・20日、京都シアター1200)
  • 東京サンダンス
    • 〜俺たちの20世紀〜(2000年3月 - 4月、近鉄劇場・PARCO劇場・メルパルクホール福岡)
    • 〜21世紀への伝言〜(2001年2月23日 - 3月12日︰Bunkamuraシアターコクーン、3月16日 - 19日︰メルパルクホール福岡、3月23日 - 4月2日︰近鉄劇場)
  • とんかつロック-花川助六物語(2002年4月 - 5月、シアターコクーン・近鉄劇場・メルパルクホール福岡)
  • SAY YOU KIDS(2004年4月 - 5月、シアターコクーン・シアタードラマシティ)
  • ブロードウェイ・ミュージカル 「ON THE TOWN」(2014年9月28日 - 10月19日、青山劇場・オリックス劇場)
  • TWENTIETH TRIANGLE TOUR 戸惑いの惑星(2017年1月21日 - 2月26日、東京グローブ座・キャナルシティ劇場・シアタードラマシティ)
  • TWENTIETH TRIANGLE TOUR Vol.2 カノトイハナサガモノラ(2019年7月27日 - 9月10日、東京グローブ座・北九州芸術劇場 大ホール・シアタードラマシティ)

Coming Century

  • ジャニーズファンタジー 「KYO TO KYO」(1997年8月27・28日、京都シアター1200)

CM

  • 日本ケンタッキーフライドチキン「ドラムキッズ」(1997年)
  • PlayStation 「Project V6」(1998年)
  • 春の高校バレー(1998年)
  • 日本ユニセフ協会「ワールドカウントダウン募金」(1998年 - 2000年)
  • 関西セルラー(1999年 - 2000年)
  • アニメ『犬夜叉』宣伝 (2000年)
  • 味の素ゼネラルフーヅ「ドリコレ!」(2014年 - 2015年)
  • 森永乳業「ピノ」(2021年)
  • ソフトバンク「V6 5G LOVE!」(2021年)

20th Century

  • JR西日本「シュプール号」(1997年)
  • キリンビバレッジ「トロピカーナ」(2000年)
  • ハウス食品「ウコンの力」「ニンニクの力」(2005年 - 2006年)

Coming Century

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント「Formula 1」(1996年)
  • ベネッセコーポレーション
    • 「進研ゼミ 中学講座・高校講座」(1998年)
    • 「進研ゼミ 高校講座」(1999年)
  • カルピス「カルピスウォーター」(1998年 - 1999年)
  • ミキハウス(1999年)
  • ハウス食品「バーモントカレー」(2001年)
  • 森永製菓「小枝」(2001年 - 2003年)
  • エバラ食品工業「黄金の味」(2008年 - 2012年)

ゲーム

  • プロジェクトV6(1998年2月28日、ゼネラル・エンタテイメント) - Playstation用ソフト
  • ラブセン〜V6とヒミツの恋〜(2013年10月23日 - 2016年10月21日、GREE / サイバード) - ソーシャルゲーム

書籍

  • プロジェクトV6完全攻略ファンブック(1998年6月10日、ワニブックス)ISBN 978-4847012952
  • 大人世紀(2002年3月25日、集英社)ISBN 978-4087803532
  • VVV6スーパー・ジャンクフード・ブック(2002年8月28日、光文社)ISBN 978-4334901035
  • 大人世紀II(2002年9月27日、集英社)ISBN 978-4087803662
  • VVV6東京Vシュラン とっておきのグルメランキング。(2004年9月24日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4924566347
  • 20th Century「10」TONI-TEN 〜as stage players〜(2005年6月8日、ぴあ)ISBN 978-4835607306

写真集

  • Viva!V6 V6ファースト写真集(1997年5月15日、集英社)ISBN 978-4081020256
  • V6 2001 IN TAIPEI(2001年6月、ジャニーズショップ及びジェイステーション)
  • Coming Century TOUR AROUND ASIA 2001(2001年12月20日、ワニブックス)ISBN 978-4847026904
  • COSMIC RESCUE LOGBOOK カミセンの宇宙航海記録(2003年7月、角川書店)ISBN 978-4048941525
  • HOLD UP DOWN V6 photographs(2005年11月3日、角川書店)ISBN 978-4048941570

雑誌連載

  • TVぴあ「V6の"楽"級新聞」(ぴあ) - 連載終了
  • TVステーション「V6の主張」(ダイヤモンド社)

脚注

注釈

出典

外部リンク

  • 20th Century | Johnny's net - Johnny's netによる20th Centuryの公式サイト
  • V6 Official Website - avex traxによる公式サイト
  • V6 (@V626_avex) - Twitter
  • V6 - since1995 - YouTubeプレイリスト
  • V6 - KINENOTE
  • V6:出演配信番組 - TVer

V6 (グループ)