秩父宮ラグビー場


秩父宮ラグビー場


秩父宮ラグビー場(ちちぶのみやラグビーじょう)は、東京都港区の明治神宮外苑内にあるラグビー専用球技場である。独立行政法人日本スポーツ振興センターによって運営される。

施設の概要・歴史

戦前の関東のラグビーの試合は、明治神宮競技場を専用グランドに近い格好で使用していたが、戦後はアメリカ軍が同グラウンドを接収し「ナイルキニックスタジアム」と名を変え、日本人は自由に使うことができなくなったため、神宮球場や後楽園球場(現・東京ドーム)でラグビーの試合を行わざるをえない状態となった。

そこで関東ラグビー協会は、1947 (昭和22)年頃から新しい専用ラグビー場を建築すべく、候補地捜しを開始した。明治大学ラグビー部出身で協会理事であった伊集院浩(当時毎日新聞記者)が見つけてきた土地が、アメリカ軍による東京大空襲(山の手大空襲)によって焼失した女子学習院跡地で、アメリカ軍の駐車場になっていた現在の秩父宮ラグビー場の地であった。香山蕃理事長(当時)の戦災火災保険金と各大学OBの浄財等によって、建設資金のめどがつき、難波経一(東大)、岡田秀平(東大)、鹿島建設の尽力で1947年(昭和22年)4月に着工され、ラガーマンの汗の勤労奉仕が加わり、同年11月「東京ラグビー場」として完成した。

香山は「その集めた資金は血のにじむような尊い結晶でありました。あるものは時計やカメラ、またあるものは家のじゅうたんを売ってひたぶるに自分たちの心のふるさとをきずきあげようという情熱に燃えた。工事が始まったある日、雨のふるなか秩父宮様がこられご病身をかえり見ずゴム長ぐつを履かれて励まし下され、鹿島の関係者に“ラグビー協会は貧乏だからよろしくたのむ”と頭を下げられました。私は流れる涙をこらえることが出来なかった」と後日、毎日新聞の中で綴っている。

杮落としは1947年11月22日、明治大学OB対学生選抜と明治大学対東京大学戦の2試合が行われた。また1949年1月に第28回全国高等学校ラグビーフットボール大会が行われた。当ラグビー場が全国高等学校ラグビーフットボール大会の開催会場となったのは第28回大会のみである。

なお、日本ラグビー協会名誉総裁だった秩父宮雍仁親王薨去の1953年(昭和28年)、親王の遺徳を偲び「秩父宮ラグビー場」に名称が変更された。

当ラグビー場の管理は当初、日本ラグビーフットボール協会が行っていたが、1962年(昭和37年)10月1日より国立競技場(現・日本スポーツ振興センター)に移管している。

日本のラグビーにとっては「西の花園・東の秩父宮」と称され、日本ラグビーの聖地とも言える中心的な競技場である。

最大収容人員は25,194人。2003年(平成15年)シーズンから電光掲示板を一新 し、映像も取り込めるようになった。主要な試合では、場内ミニFM放送を行っている。

1962年(昭和37年)にナイター設備が設置されたが 、1973年(昭和48年)の改修工事の際、オイルショックによる資金難から照明を撤去された。しかし、2007年(平成19年)にナイター設備が再び設置され、8月10日に再建後最初の試合(日本代表対アジア・バーバリアンズ戦)が行われた。

関東におけるラグビーのメッカであり、1971年(昭和46年)に日本代表がイングランド代表と3対6の大接戦を演じた試合、1989年(平成元年)に日本代表がスコットランド代表を28対24で破った試合など、日本ラグビー史に残る数々の名勝負が行われた。現在、日本代表の試合やトップリーグ、ラグビー日本選手権・全国大学ラグビー選手権、関東大学ラグビー(対抗戦Aグループ・リーグ戦1部)、全国高校ラグビー東京都代表決勝など頻繁に使用される。

それゆえ、シーズン終盤である1月から2月には芝の傷みが激しく、プレーに支障が出ることが多い。2016年1月末の日本選手権決勝では、特に中央部分は完全に芝がはげ、グラウンドが砂場化していた。実際に試合中、砂場に足を取られて転倒する選手も多く、明らかにゲームの質を落としていた。2016年2月末のスーパーラグビー2016開幕戦の前日練習後には、ウイングの山田章仁選手が芝がぼろぼろになって土に近い部分が残っていたピッチを指摘し、「グラウンドの問題は、大きいと思います」と苦言を呈した。

2009年(平成21年)6月にラグビージュニア世界選手権の会場の1つとして使用され、決勝戦も行われた。2012年(平成24年)6月に東京セブンズの会場として使用された。

国立競技場の大型改修に伴い、2014年度は関東大学ラグビー対抗戦・早明戦、大学選手権準決勝、2015年度から2018年度は同決勝も含めて開催。

2015年からスーパーラグビーに参戦したサンウルブズの日本における事実上のホームスタジアムにもなっている。

ラグビーワールドカップ2019においては試合会場として使用されず、日本代表の練習拠点として使われた。

ラグビー以外での使用例

1964年東京オリンピックのサッカー競技の会場として利用され、2012 FIFA U-20女子ワールドカップにおける日本女子代表が練習場として使用した例がある。

2019年にはJリーグに所属するFC東京が、ホームスタジアムである味の素スタジアムがラグビーワールドカップ2019に向けた改装工事のため同年の平日試合を主催できなくなったことから、その代替として2019JリーグYBCルヴァンカップの公式戦ホームゲームの2試合を本競技場で開催した。

また2012年8月14日に、アイドルグループNEWSが本競技場史上初の音楽ライブコンサート(『NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜』)を開催した。尚、本競技場での音楽イベントを開催したアーティストはNEWS(2012年、2013年)と乃木坂46(2018年7月、神宮球場と同時開催) の2組である。

建て替え計画

神宮外苑は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて、国立競技場の建設を手始めとした大規模リニューアル工事を計画している。秩父宮ラグビー場は、上記の通り1947年建築により基本躯体の老朽化が課題となっていたことから建て替えが検討され、2013年には明治神宮野球場との場所交換により現・神宮球場の跡地に新ラグビー場を建設する案が浮上したと報じられた。

その後、2015年4月1日に東京都、日本スポーツ振興センター、明治神宮の3団体が五輪後に再開発する計画を正式発表した。それによると、五輪前までに現在のラグビー場を撤去・解体し、その後は暫定的に駐車場として利用する。その後、現ラグビー場の跡地に新野球場を建設する工事に取り掛かり、新野球場の完成後、今度は現・神宮球場跡地に新ラグビー場を建設する計画としている。この間の主要なラグビー大会は新国立競技場など近接地の会場で代替する。

また、同じく老朽化が進む神宮第二球場(兼明治神宮外苑ゴルフ練習場・西練習場)も取り壊して、可能な限り滞りなくラグビーの試合ができるよう新たな球技専用スタジアムの建設も予定していると報じられている。

2014年10月、旧国立競技場にあった「出陣学徒壮行の地」の碑が秩父宮ラグビー場に一時移設された。

その後、2017年7月に当初の計画案から順番を入れ替えた形で秩父宮ラグビー場、神宮球場の順に建て替える方向で調整が進められていることが明らかになった。

そして、2019年2月25日に神宮球場を所有する明治神宮、秩父宮ラグビー場を所有する日本スポーツ振興センター、伊藤忠商事、三井不動産の4者で神宮球場と秩父宮ラグビー場の場所を入れ替えて再整備する神宮外苑地区の再開発の基本協定が締結された。2020年東京オリンピック・パラリンピックの翌2021年に神宮第二球場を解体し、2022年以降に新たなラグビー場の建設を開始する。新たなラグビー場の工事が一旦完了する2024年以降に現在の秩父宮ラグビー場を解体し、その跡地に新たな野球場を建設する。新たな野球場が完成する2027年以降に現在の神宮球場を取り壊してラグビー場の観客席を増設、神宮外苑地区の再開発完了は当初の計画では2030年の予定であった。しかし計画の見直しにより、新たなラグビー場の工期を2023 - 2026年に変更、新たな野球場は2028年に工事を開始し2031年に完成する予定となり、再開発全体の完了時期は5年ほど遅れて2035年に変更されることになった。

2021年1月15日、スポーツ庁はラグビー振興に関する関係者会議を開き、新秩父宮ラグビー場を完全密閉型屋根付きのスタジアムとする方針を決定した。グラウンドは人工芝にして多用途に対応し、収容人数は2万人規模を想定している。2023年~2026年に予定されている第1期工事では南側をオープンにしたスタンドが3方向のスタジアムとして整備される。現在の神宮球場が取り壊された後に、南側のスタンド及び屋根の設置工事が行われるため、最終的な工事完成は2033年からずれ込む見通しである。

'2019年(平成31年)2月22日時点の秩父宮ラグビー場

こぼれ話

1964年(昭和39年)東京五輪のサッカーの会場となった際、更衣室・シャワー室を2チーム分作ってはという意見があったが、「ラグビーの伝統」である「ノーサイド」後の儀式(出場選手が対戦チームの枠組みを超えてシャワーを浴びたり、着替えたり、談笑したりする行為)を重視したいという意向もあり、それらの計画は却下されたという経緯があった(出典:フジテレビジョン番組「かんぽスポーツいい話」のブックレット掲載のラグビー特集より)。


アクセス

  • 東京メトロ銀座線 - 外苑前駅徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線 - 青山一丁目駅徒歩10分
  • JR中央・総武緩行線 - 信濃町駅・千駄ケ谷駅徒歩15分

開催されている主な大会・イベント

  • ジャパンラグビートップリーグ(旧・全国社会人ラグビーフットボール大会)
  • 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
  • 日本代表テストマッチ
  • 関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦など
  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会東京都大会
  • 神宮外苑花火大会(毎年8月)
  • 東京セブンズ(不定期。2012年は3月31日〜4月1日)
  • ジャパンセブンズ選手権大会
  • スーパーラグビー
  • 秩父宮フレンドシップマッチ

関連項目

  • 日本ラグビーフットボール協会
  • 国立競技場 (法人)
    • 国立霞ヶ丘競技場
      • 国立霞ヶ丘競技場陸上競技場
      • 国立競技場
    • 国立代々木競技場
    • 国立スポーツ科学センター
      • 国立西が丘サッカー場
  • 秩父宮雍仁親王
  • 秩父宮記念市民会館(埼玉県秩父市)
  • 秩父宮記念公園(静岡県御殿場市)
  • 秩父宮記念体育館(神奈川県藤沢市)
  • 東大阪市花園ラグビー場(大阪府東大阪市)
  • 名古屋市瑞穂公園ラグビー場(愛知県名古屋市)
  • 秩父宮フレンドシップマッチ

ギャラリー

Turnbull & Asser

脚注

外部リンク

  • 秩父宮ラグビー場 - 日本スポーツ振興センター
  • 秩父宮ラグビー場 - 日本ラグビーフットボール協会
  • 秩父宮ラグビー場の歴史
  • 衆議院会議録情報 第065回国会 予算委員会第一分科会 第3号 昭和四十六年二月二十二日(月曜日)

秩父宮ラグビー場

Articles connexes


  1. サンウルブズ
  2. 秩父宮雍仁親王
  3. 日本ラグビーフットボール選手権大会
  4. 日本ラグビーフットボール協会
  5. ジャパンラグビートップリーグ
  6. 第45回日本ラグビーフットボール選手権大会
  7. 第42回日本ラグビーフットボール選手権大会
  8. 第52回日本ラグビーフットボール選手権大会
  9. 第46回日本ラグビーフットボール選手権大会
  10. 第47回日本ラグビーフットボール選手権大会
  11. 第43回日本ラグビーフットボール選手権大会
  12. 第44回日本ラグビーフットボール選手権大会
  13. 第48回日本ラグビーフットボール選手権大会
  14. 第50回日本ラグビーフットボール選手権大会
  15. 第51回日本ラグビーフットボール選手権大会
  16. ジャパンラグビートップリーグ2007-2008
  17. ラグビーユニオン
  18. 第39回日本ラグビーフットボール選手権大会
  19. 第38回日本ラグビーフットボール選手権大会
  20. スーパーラグビー