Aller au contenu principal

2004年アテネオリンピックの日本選手団


2004年アテネオリンピックの日本選手団


2004年アテネオリンピックの日本選手団(2004ねんアテネオリンピックのにほんせんしゅだん)は、2004年8月13日から8月29日まで開催された2004年アテネオリンピックの日本代表選手団及び競技結果。選手名及び所属・記録は2004年当時のもの。

概要

  • 人員:選手 312人、役員 201人
    主将:井上康生(柔道)、開会式・閉会式旗手:浜口京子(レスリング)
  • 結団式・壮行会:7月24日(東京プリンスホテル)
  • 解団式:9月1日(プリンスホテル)
  • その他:公式服装は高田賢三がデザインし、ファーストリテイリング(ユニクロ)が提供

メダル獲得者

金メダルの獲得数16個は全参加国(地域)中、オーストラリアに次ぐ5位で、1964年東京オリンピックと並ぶ。メダル獲得総数37個は、ドイツに次ぐ6位。

種目別選手、スタッフ名簿および成績

陸上競技

  • チームリーダー:澤木啓祐(順天堂大学)
  • コーチ:浜田安則(日本陸上競技連盟)、高野進(東海大学)、有川秀之(埼玉大学)、永山忠幸(ワコール)、大森重宜(星稜女子短期大学)、小坂忠広(石川県立鶴来高校)、高橋卓巳(香川県立観音寺中央高校)、越川一紀(順天堂大学)、本田陽(中京大学)、室伏重信(中京大学)、坂口泰(中国電力)、白水昭興(日清食品)、瀬古利彦(エスビー食品)、藤田信之(グローバリー)、鈴木秀夫(三井住友海上火災保険)、武冨豊(天満屋)
  • 総務:村尾愼悦(日本陸上競技連盟)
  • トレーナー:大井和夫(アスリートサポート白子鍼灸治療院)、下山田陽子(川本整形外科)

男子・トラック

  • 末續慎吾(ミズノ)
    • 100m 17位(予選敗退)(1次予選10秒27、2次予選10秒19)
  • 朝原宣治(大阪ガス)
    • 100m21位(予選敗退)(1次予選10秒33、2次予選10秒24)
  • 土江寛裕(富士通)
    • 100m39位(予選敗退)(1次予選10秒37)
  • 高平慎士(順天堂大学)
    • 200m40位(予選敗退)(1次予選21秒05)
  • 松田亮(広島経済大学)
    • 200m52位(予選敗退)(1次予選24秒59)
  • 山口有希(東海大学)
    • 400m32位(予選敗退)(1次予選46秒16)
  • 小坂田淳(大阪ガス)
    • 400m40位(予選敗退)(1次予選46秒39)
  • 佐藤光浩(富士通)
    • 400m45位(予選敗退)(1次予選46秒70)
  • 大野龍二(旭化成)
    • 10000m19位(29分06秒50)
  • 内藤真人(ミズノ)
    • 110mハードル20位(予選敗退)(1次予選13秒56、2次予選13秒54)
  • 谷川聡(ミズノ)
    • 110mハードル26位(予選敗退)(1次予選13秒39、2次予選13秒70)
  • 為末大
    • 400mハードル10位(準決勝敗退)(予選48秒80、準決勝48秒46)
  • 吉澤賢(デサント)
    • 400mハードル29位(予選敗退)(50秒95)
  • 岩水嘉孝(トヨタ自動車)
    • 3000m障害23位(予選敗退)(8分29秒07)
  • 4×100mリレー
    • (末續慎吾、朝原宣治、土江寛裕、高平慎士)4位(予選38秒53、決勝38秒49)
  • 4×400mリレー
    • (小坂田淳、佐藤光浩、山口有希、伊藤友広)4位(予選3分02秒71、決勝3分00秒99)
    • 向井裕紀弘(西濃運輸)

女子・トラック

  • 杉森美保(京セラ)
    • 800m21位(予選敗退)(2分02秒82)
  • 田中めぐみ(しまむら)
    • 10000m13位(31分42秒18)
  • 弘山晴美(資生堂)
    • 10000m18位(32分15秒12)
  • 福士加代子(ワコール)
    • 10000m26位(33分48秒66)

男子・フィールド

  • 澤野大地(ニシ・スポーツ)
    • 棒高跳13位(予選5m70cm、決勝5m55cm、)
  • 寺野伸一(奥アンツーカ)
    • 走幅跳29位(予選敗退)(7m70cm)
  • 杉林孝法(ミキハウス)
    • 三段跳38位(予選敗退)(16m00cm)
  • 村上幸史(スズキ)
    • やり投18位(予選敗退)(78m59cm)
  • 室伏広治(ミズノ)
    • ハンマー投1位(82m91cm/予選79m55cm)

女子・フィールド

  • 近藤高代(長谷川体育施設)
    • 棒高跳32位(予選敗退)(4m15cm)
  • 花岡麻帆(オフィス24)
    • 走幅跳34位(予選敗退)(6m31cm)
  • 森千夏(スズキ)
    • 砲丸投 36位(予選敗退)(15m86cm)
  • 室伏由佳(ミズノ)
    • ハンマー投27位(予選敗退)(65m33cm)

女子7種競技

  • 中田有紀(さかえクリニックTC)28位(4871P)

ロードレース

男子競歩
  • 谷井孝行(日本大学)
    • 20km15位(1時間23分38秒)
    • 50km失格
  • 山崎勇喜(順天堂大学)
    • 20km途中棄権
    • 50km16位(3時間57分00秒)
女子競歩
  • 川崎真裕美(海老澤製作所)
    • 20km40位(1時間37分56秒)
男子マラソン
  • 油谷繁(中国電力)5位2時間13分11秒
  • 諏訪利成(日清食品)6位2時間13分24秒
  • 国近友昭(エスビー食品)42位(2時間21分13秒)
女子マラソン
  • 野口みずき(グローバリー)1位(2時間26分20秒)
  • 土佐礼子(三井住友海上火災保険)5位(2時間28分44秒)
  • 坂本直子(天満屋)7位(2時間31分43秒)

自転車

監督:ウエスト・ゲーリー(日本自転車競技連盟)
トラックコーチ:班目秀雄(日本自転車競技連盟)
ロードコーチ:高橋松吉(日本自転車競技連盟)
MTBコーチ:杉山喜一(スコットトレーディング)
メカニック:森昭雄(みどり製作所)
メカニック:鬼原積(M.R.JAPAN)
ドクター:小林裕幸(防衛医科大学校病院)

男子

  • 伏見俊昭(日本競輪選手会)
    • ケイリン敗者復活戦落選(1回戦1組6位、敗者復活戦2組5位)
  • 長塚智広(日本競輪選手会)
    • 200mスプリント棄権(予選14位10秒646、1回戦怪我のため棄権)
  • 井上昌己(日本競輪選手会)
  • 飯島誠(ラバネロ)
    • ポイントレース16位(13点)
  • 田代恭崇(チームブリヂストン・アンカー)
    • ロードレース57位(5時間50分35秒)
  • 鈴木真理(シマノレーシング)
    • ロードレース途中棄権
  • 竹谷賢二(FORD/SPECIALIZED)
    • 43.3kmMTBクロスカントリー38位(1周遅れで競技中止)
  • チームスプリント(伏見俊昭、井上昌己、長塚智広)2位(予選3位44秒355、1回戦2位44秒081、決勝2位44秒246)

女子

  • 大菅小百合(三協精機製作所)
    • 500mタイムトライアル10位(35秒045)
  • 沖美穂(ラ・ピスタ新橋)
    • ロードレース39位(3時間25分42秒)
  • 唐見実世子(カツリーズサイクル)
    • ロードレース45位(3時間30分30秒)
  • 中込由香里(team SY-Nak SPECILIZED)
    • 31.3kmMTBクロスカントリー22位(1周遅れで競技中止)

野球

  • 予選リーグ(7回コールドゲーム)
  • 予選リーグ
  • 予選リーグ
  • 予選リーグ
  • 予選リーグ
  • 予選リーグ(延長10回)
  • 予選リーグ

予選リーグ6勝1敗で準決勝進出

  • 準決勝
  • 3位決定戦

ソフトボール

  • 1次リーグ

豪 州 0 1 0 2 1 0 0 : 4
日 本 2 0 0 0 0 0 0 : 2(上野由岐子→高山樹里-山路典子)

  • 1次リーグ

台 湾 0 0 0 0 0 0 0 : 0
日 本 1 4 0 0 1 0 X : 6(坂井寛子-山路典子)

  • 1次リーグ(タイブレーク8回)

アメリカ 0 0 0 0 0 0 0 3 : 3
日  本 0 0 0 0 0 0 0 0 : 0(高山樹里-山路典子)

  • 1次リーグ(タイブレーク8回)

カナダ 0 0 0 0 0 0 0 1 : 1
日 本 0 0 0 0 0 0 0 0 : 0(上野由岐子-山路典子)

  • 1次リーグ

日  本 0 3 1 0 0 0 2 : 6(坂井寛子-山路典子)
ギリシャ 0 0 0 0 0 0 0 : 0

  • 1次リーグ

イタリア 0 0 0 0 0 0 0 : 0
日  本  0 0 1 0 0 0 x : 1(高山樹里→上野由岐子-山路典子)

  • 1次リーグ

中 国 0 0 0 0 0 0 0 : 0
日 本 0 0 0 0 0 1 1 : 2(上野由岐子-山路典子)

上野由岐子、完全試合達成
  • 準決勝(タイブレーク8回)

日 本 0 0 0 0 0 0 0 1 : 1(上野由岐子-山路典子、3位決定戦進出)
中 国 0 0 0 0 0 0 0 0 : 0(4位確定)

  • 3位決定戦

豪 州 0 0 0 0 3 0 0 : 3(決勝進出)
日 本 0 0 0 0 0 0 0 : 0(高山樹里→坂井寛子-山路典子、3位確定

サッカー男子

監督:山本昌邦(日本サッカー協会)
コーチ:石井知幸(ヤマハフットボールクラブ)、川俣則幸(日本サッカー協会)、菅野淳(日本サッカー協会)
ドクター:月坂和宏(マツダ病院)
トレーナー:並木磨去光(スポーツマッサージ・ナズー)
総務:山下恵太(日本サッカー協会)

  • GK:曽ケ端準(鹿島アントラーズ)
  • GK:黒河貴矢(清水エスパルス)
  • DF:田中マルクス闘莉王(浦和レッドダイヤモンズ)
  • DF:茂庭照幸(FC東京)
  • DF:那須大亮(横浜F・マリノス)
  • DF:徳永悠平(早稲田大学)
  • DF:菊地直哉(ジュビロ磐田)
  • MF:阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原)
  • MF:今野泰幸(FC東京)
  • MF:森崎浩司(サンフレッチェ広島)
  • MF:小野伸二(フェイエノールト)
  • MF:松井大輔(京都パープルサンガ)
  • MF:駒野友一(サンフレッチェ広島)
  • MF:石川直宏(FC東京)
  • FW:高松大樹(大分トリニータ)
  • FW:田中達也(浦和レッドダイヤモンズ)
  • FW:大久保嘉人(セレッソ大阪)
  • FW:平山相太(筑波大学)
  • グループステージ
    • ●日本3(1-3、2-1)4パラグアイ○
    • ●日本2(1-3、1-0)3イタリア○
    • ○日本1(1-0、1-0)0ガーナ●

1勝2敗(グループステージ敗退)

サッカー女子

  • スタッフ
    • 監督:上田栄治(日本サッカー協会)
    • コーチ:吉田弘(日本サッカー協会)、川島透(日本サッカー協会)
    • ドクター:諸川玄(聖マリアンナ医科大学病院)
    • トレーナー:安達淳子(J・M・トレーナー)
    • 総務:小野俊介(日本サッカー協会)
    • 技術スタッフ:橋倉剛(アディダス・ジャパン)
  • 選手(数字は背番号)
  • GK
    • 1.山郷のぞみ(さいたまレイナスFC)
    • 18.小野寺志保(日テレ・ベレーザ)
  • DF
    • 2.矢野喬子(神奈川大学)
    • 3.磯﨑浩美(TASAKIペルーレFC)
    • 4.大部由美(YKK東北女子サッカー部フラッパーズ)
    • 5.川上直子(TASAKIペルーレFC)
    • 12.山岸靖代(伊賀フットボールクラブくノ一)
    • 13.下小鶴綾(スペランツァF.C.高槻)
  • MF
    • 6.酒井與恵(日テレ・ベレーザ)
    • 7.山本絵美(TASAKIペルーレFC)
    • 8.宮本ともみ(伊賀フットボールクラブくノ一)
    • 15.柳田美幸(TASAKIペルーレFC)
    • 16.小林弥生(日テレ・ベレーザ)
    • 17.安藤梢(さいたまレイナスFC)
  • FW
    • 9.荒川恵理子(日テレ・ベレーザ)
    • 10.澤穂希(日テレ・ベレーザ)
    • 14.丸山桂里奈(日本体育大学)
    • 11.大谷未央(TASAKIペルーレFC)
  • バックアップメンバー(補充要員)
    • GK:22.福元美穂(岡山湯郷Belle)
    • DF:19.宮﨑有香(伊賀フットボールクラブくノ一)
    • MF:20.近賀ゆかり(日テレ・ベレーザ)
    • FW:21.鈴木智子(TASAKIペルーレFC)

(詳細はサッカー日本女子代表の「オリンピックの戦績」参照)

  • グループステージ:1勝1敗
    • ○日本1-0スウェーデン●
    • ●日本0-1ナイジェリア○
  • 決勝トーナメント
    • 準々決勝●日本1-2アメリカ○

準々決勝敗退

ホッケー

チームリーダー:内藤政武(ライジングサンセキュリティサービス)
監督:安田善治郎(岐阜女子商業高校)
コーチ:津田壽郎(ソニーファシリティマネージメント)、小林和典(東海女子短期大学)
ドクター:喜久生明男(きくいけ整形外科)
トレーナー:川口浩太郎(広島大学)

  • 寺園理恵(ソニーEMCS一宮テック)
  • 三浦恵子(ソニーEMCS一宮テック)
  • 加藤明美
  • 山本由佳理(ソニーEMCS一宮テック)
  • 岩尾幸美(玖珠町立北山田中学校)
  • 木村千恵(ソニーEMCS一宮テック)
  • 駒澤李佳(天理大学)
  • 森本さかえ(天理大学)
  • 千葉香織(ソニーEMCS一宮テック)
  • 齋藤尚子(グラクソ・スミスクライン)
  • 小森皆実(天理大学)
  • 宮崎奈美(南都銀行)
  • 喜多田明子
  • 石田利佳
  • 櫻井絵美(ソニーEMCS一宮テック)
  • 中川未由希(岐阜女子商業高校)

1次リーグ●日本0(0-1、0-2)3中国○
1次リーグ●日本1(1-1、0-2)3アルゼンチン○
1次リーグ○日本2(1-0、1-0)0ニュージーランド●
1次リーグ○日本2(2-0、0-1)1スペイン●

  • 1次リーグ通算2勝2敗

5-8位決定戦予備戦●日本1(1-2、0-1)3オーストラリア○
7-8位決定戦●日本1(1-3、0-0)3韓国○

テニス

監督:植田実(日本テニス協会)
トレーナー:村木良博(ケアステーション)

  • 杉山愛(ワコール)シングルス5位(準々決勝敗退)
    • シングルス1回戦○2(4-6、6-3、8-6)1●鄭潔(中国)
    • シングルス2回戦○2(7-5、6-4)0●ペレビニス(ウクライナ)
    • シングルス3回戦○2(7-6、6-1)0●スプレム(クロアチア)
    • シングルス準々決勝●0(3-6、4-3)2○モリク(オーストラリア)
  • 森上亜希子(ミキハウス)シングルス2回戦敗退
    • シングルス1回戦○2(6-1、6-4)0●ベネソバ(チェコ)
    • シングルス2回戦●0(6-7、2-6)2○クズネツォワ(ロシア)
  • 小畑沙織(ヨネックス)シングルス1回戦敗退
    • シングルス1回戦●0(6-7、5-7)2○マテウジッチ(スロベニア)
  • 浅越しのぶ(NEC)シングルス1回戦敗退
    • シングルス1回戦●0(3-6、6-7)2○スキアボーネ(イタリア)
  • 浅越しのぶ&杉山愛ダブルス4位
    • ダブルス1回戦○2(5-7、7-5、6-3)1●デメンチェワ&ミスキナ(ロシア)
    • ダブルス2回戦○2(6-3、7-5)0●コスタニッチ&スプレム(クロアチア)
    • ダブルス準々決勝○2(6-4、4-6、6-4)1●ナブラチロワ&レイモンド(アメリカ)
    • ダブルス準決勝●0(3-6、0-6)2○マルティネス&ルアノ・パスクアル(スペイン)
    • ダブルス3位決定戦●0(3-6、3-6)2○スアレス&タラビーニ(アルゼンチン)
  • 森上亜希子&小畑沙織ダブルス2回戦敗退
    • ダブルス1回戦○2(3-6、7-5、6-3)1●ツインク&カプロス(ハンガリー) 
    • ダブルス2回戦●0(4-6、2-6)2○スアレス&タラビーニ(アルゼンチン)

女子バレーボール

チームリーダー:中村昌枝(日本バレーボール協会)
監督:柳本晶一(日本バレーボール協会)
コーチ:西村良孝(新曙温泉)
チームドクター:山口博(柏の葉北総病院)
総務:中村和美(日本バレーボール協会)

  • 吉原知子(パイオニア)
  • 辻知恵(茂原)
  • 成田郁久美(久光製薬)
  • 佐々木みき(パイオニア)
  • 大村加奈子(久光製薬)
  • 竹下佳江(JT)
  • 高橋みゆき(NEC)
  • 杉山祥子(NEC)
  • 大友愛(NEC)
  • 大山加奈(東レ)
  • 栗原恵(NEC)
  • 木村沙織(下北沢成徳高校)
  • 1次リーグ●日本0(21-25、22-25、21-25)3ブラジル○
  • 1次リーグ●日本0(16-25、13-25、17-25)3イタリア○
  • 1次リーグ○日本3(25-10、20-25、25-21、25-22)1ギリシャ●
  • 1次リーグ●日本0(21-25、24-26、21-25)3韓国○
  • 1次リーグ○日本3(25-8、25-17、25-14)0ケニア●
    • 1次リーグ通算2勝3敗
  • 準々決勝●日本0(20-25、22-25、20-25)3中国○

女子ビーチバレー

監督:山本知寿(日本バレーボール協会)

  • 徳野涼子(ダイキ)
  • 楠原千秋(ダイキ)
  • 1次リーグ●0(9-21、16-21)2○ウォルシュ&メイ(アメリカ)
  • 1次リーグ●0(21-23、12-21)2○チェルボバ&ノバコバ(チェコ)
  • 1次リーグ○2(15-21、21-17、15-13)1●レーンストラ&カディク(オランダ)
  • 1勝2敗(予選リーグ敗退)

女子バスケットボール

監督:内海知秀(ジャパンエナジー)
コーチ:梅嵜英毅(日立ハイテクノロジーズ)、萩原美樹子(早稲田大学)
トレーナー:海老沢一哉(スポーツケア鍼灸スポーツマッサージ治療院)
総務:高橋雅弘(ジャパンエナジー)

  • 楠田香穂里 (ジャパンエナジー)
  • 薮内夏美(日本航空インターナショナル)
  • 大神雄子(ジャパンエナジー)
  • 大山妙子(ジャパンエナジー)
  • 立川真紗美(ジャパンエナジー)
  • 矢野良子(ジャパンエナジー)
  • 紺野麻里(ジャパンエナジー)
  • 永田睦子(シャンソン化粧品)
  • 川畑宏美(ジャパンエナジー)
  • 濱口典子(ジャパンエナジー)
  • 矢代直美(日本航空インターナショナル)
  • 江口真紀(シャンソン化粧品)
  • 予選リーグ日本●62(22-26、3-36、17-33、20-33)128○ブラジル
  • 予選リーグ日本○79(22-22、23-24、20-16、14-11)73●ナイジェリア
  • 予選リーグ日本●78(20-26、15-30、10-26、33-15)97○オーストラリア
  • 予選リーグ日本●71(21-29、15-21、15-24、20-20)94○ロシア
  • 予選リーグ日本●91(15-27、26-20、22-16、28-30)93○ギリシャ
  • 予選リーグ1勝4敗
  • 9-10位決定戦日本●63(12-20、17-10、19-21、15-31)82○中国

卓球

男子監督:宮崎義仁(日本卓球協会)
女子監督:西村卓二(東京富士大学)
コーチ:高木誠也(熊本・慶誠高等学校)、倉嶋洋介(協和発酵工業)

男子

  • 松下浩二(ミキハウス)3回戦敗退
    • 1回戦○4(11-4、11-6、11-9、11-3)0●ブラウン(オーストラリア)
    • 2回戦○4(11-7、11-7、11-8、11-4)0●ハイスター(オランダ)
    • 3回戦●0(9-11、6-11、6-11、2-11)4○柳承敏(韓国)
  • 新井周(グランプリ)1回戦敗退
    • 1回戦●1(7-11、11-7、10-12、5-11、4-11)4○リユウ(アルゼンチン)
  • 遊澤亮(東京アート)1回戦敗退 
    • 1回戦●1(8-11、11-7、8-11、3-11、9-11)4○リン(ドミニカ共和国)
  • 田崎俊雄(協和発酵工業)
  • 鬼頭明(東京アート)
  • ダブルス(田崎俊雄&鬼頭明)3回戦敗退
    • 2回戦○4(9-11、6-11、11-5、8-11、11-6、13-11、11-4)3●ギオニス&クレアンガ(ギリシャ)
    • 3回戦●1(9-11、11-9、10-12、10-12)4○グルイッチ&カラカセビッチ(セルビア・モンテネグロ)
  • ダブルス(新井周&遊澤亮)2回戦敗退
    • 1回戦○4(11-6、11-2、11-8、18-16)0●ブジャジャ&ジャジリ (アルジェリア)
    • 2回戦●0(4-11、9-11、4-11、9-11)4○ボル&フェイヤー=コーナート(ドイツ)

女子

  • 梅村礼(日本生命保険相互会社)4回戦敗退
    • 3回戦○4(15-13、9-11、12-10、4-11、11-7、11-3)2●シェップ(ドイツ)
    • 4回戦●2(12-14、11-13、11-8、13-15、11-9、7-11)4○リ・ジャウェイ(シンガポール)
  • 藤沼亜衣(ミキハウス)4回戦敗退
    • 2回戦○4(13-11、11-7、14-12、11-5)0●ウー(ドミニカ共和国)
    • 3回戦○4(7-11、6-11、12-10、11-6、11-7、8-11、11-7)3●リュウ・ジャ(オーストリア)
    • 4回戦●2(7-11、8-11、11-6、7-11、11-9、9-11)4○チャン・シェリン(シンガポール)
  • 福原愛(ミキハウスJSC青森)4回戦敗退
    • 2回戦○4(5-11、7-11、11-9、11-6、11-6、9-11、11-9)3●ミャオ・ミャオ(オーストラリア)
    • 3回戦○4(11-3、11-6、11-8、11-9)0●ガオ・ジュン(アメリカ)
    • 4回戦●1(8-11、5-11、11-7、13-15、6-11)4○金暻娥(韓国)
  • ダブルス(梅村礼&藤沼亜衣)5位(準々決勝敗退)
    • 4回戦○4(11-9、6-11、11-9、12-10、7-11、11-7)2●柳絮飛&林菱(香港)
    • 準々決勝●2(3-11、12-10、9-11、14-12、4-11、8-11)4●郭躍&牛剣鋒(中国)

バドミントン

監督:遠井稔男(日本バドミントン協会)
コーチ:阿部秀夫(日本バドミントン協会)、今泉勉(トナミ運輸)、喜多努(三洋電機)

男子

  • 佐藤翔治(MMGアローズ)1回戦敗退
    • 1回戦●0(6-15、5-15)2○鮑春来(中国)
  • 山田英孝(日本ユニシス)1回戦敗退
    • 1回戦●0(8-15、10-15)2○タウフィック・ヒダヤット(インドネシア)
  • 舛田圭太(トナミ運輸)
  • 大束忠司(トナミ運輸)
  • ダブルス(舛田圭太&大束忠司)2回戦敗退
    • 2回戦●1(7-15、17-16、9-15)2○傅海峰&蔡贇(中国)

女子

  • 森かおり(三洋電機)2回戦敗退
    • 1回戦○2(11-5、11-4)0●ベクストロム(フィンランド)
    • 2回戦●0(2-11、4-11)2○周蜜(中国)
  • 米倉加奈子(ヨネックス)1回戦敗退
    • 1回戦●0(4-11、7-11)2○マーティン(デンマーク)
  • 田中美保(三洋電機)1回戦敗退
    • 1回戦●1(7-11、11-5、8-11)2○ボンサナ(タイ)
  • 中山智香子(三洋電機)
  • 吉冨桂子(九州日本電気)
  • 山本静香(ヨネックス)
  • 山田靑子(三洋電機)
  • ダブルス:(中山智香子&吉冨桂子)2回戦敗退
    • 2回戦●0(4-15、11-15)2○サラリー&サーティニー(タイ)
  • ダブルス:(山本静香&山田靑子)1回戦敗退
    • 1回戦●0(7-15、9-15)2○チン・イールフイ&ウォン・ペイティ(マレーシア)

混合ダブルス

  • (大束忠司&山本静香)1回戦敗退
    • 1回戦●1(15-13、7-15、13-15)2○ブレア&マント(イギリス)

水泳

チームリーダー:青木剛(東京SC)

競泳

監督:上野広治(日大豊山高校)
ドクター:金岡恒治(筑波大学臨床医学系整形外科)
コーチ:鈴木陽二(セントラルスポーツ)、平井伯昌(東京SC)、田村栄子(コナミスポーツ)
コーチ:松田博明(イトマンSS)、太田伸(枚方SS)
総務:萬久博敏(NPOつくばアクアライフ研究所)、村松さやか(日本水泳連盟)
トレーナー:加藤知生(日立戸塚総合病院)、小沢邦彦(リフレッシュ指圧センター)

男子
  • 森田智己(日本大学)
    • 100m背泳ぎ3位(予選54秒41、準決勝54秒62、決勝54秒36=日本新
    • 200m背泳ぎ5位(予選2分01秒19、準決勝1分59秒52、決勝1分58秒40=アジア・日本新記録
  • 北島康介(日本体育大学)
    • 100m平泳ぎ1位(予選1分00秒03=夏季オリンピック新記録、準決勝1分00秒27、決勝1分00秒08)
    • 200m平泳ぎ1位(予選2分11秒97、準決勝2分10秒86、決勝2分09秒44 =夏季オリンピック新記録
  • 今村元気(東海大学)
    • 200m平泳ぎ(準決勝敗退)(予選2分14秒10、準決勝2分12秒86)
  • 山本貴司(近畿大学)
    • 100mバタフライ9位(準決勝敗退)(予選52秒71、準決勝52秒81)
    • 200mバタフライ2位(予選1分57秒36、準決勝1分56秒69、決勝1分54秒56 =日本新記録
  • 松田丈志(中京大学)
    • 200mバタフライ(準決勝敗退)(予選1分58秒23、準決勝1分58秒13)
    • 400m自由形8位(予選3分49秒05、決勝3分48秒96)
    • 1500m自由形13位(予選敗退)(予選15分16秒42)
  • 奥村幸大(近畿大学)
    • 100m自由形27位(予選敗退)(予選50秒24 =日本新記録
    • 200m自由形10位(準決勝敗退)(予選1分49秒54、準決勝1分49秒49)
  • 森隆弘(ミキハウス)
    • 200m個人メドレー6位(予選2分01秒33、準決勝2分00秒57、決勝2分00秒60)
  • 三木二郎(日本大学)
    • 200m個人メドレー8位(予選2分00秒93、準決勝2分01秒09、決勝2分02秒16)
    • 400m個人メドレー7位(予選4分16秒32、決勝4分19秒97)
  • 田渕晋(コナミスポーツ)
    • 400m個人メドレー18位(予選敗退)(予選4分22秒46)
  • 4x100mメドレーリレー3位(森田智己、北島康介、山本貴司、奥村幸大)
    • 予選(3分37秒04)
    • 決勝(3分35秒22=日本新記録) (第1泳者・背泳ぎ/森田智己54秒25=日本新記録
女子
  • 稲田法子(セントラルスポーツ研究所)
    • 100m背泳ぎ11位(準決勝敗退)(予選1分01秒67、準決勝1分01秒74)
  • 中村礼子(日本体育大学)
    • 100m背泳ぎ4位(予選1分01秒39、準決勝1分01秒24、決勝1分01秒05)
    • 200m背泳ぎ3位(予選2分11秒14、準決勝2分10秒14、決勝2分09秒88=日本新記録
  • 寺川綾(近畿大学)
    • 200m背泳ぎ8位(予選2分13秒55、準決勝2分12秒21、決勝2分12秒90)
  • 田中雅美(SAT)
    • 100m平泳ぎ9位(準決勝敗退)(予選1分09秒44、準決勝1分09秒11)
    • 200m平泳ぎ4位(予選2分26秒91、準決勝2分26秒38、決勝2分25秒87)
  • 大西順子(コナミスポーツ)
    • 100mバタフライ8位(予選59秒22、準決勝59秒24、決勝59秒83)
  • 中西悠子(近畿大学)
    • 100mバタフライ13位(準決勝敗退)(予選1分00秒16、準決勝59秒53)
    • 200mバタフライ3位(予選2分10秒04、準決勝2分08秒83、決勝2分08秒04)
  • 長田友喜子(フィッツSC)
    • 200mバタフライ13位(準決勝敗退)(予選2分11秒20、準決勝2分11秒35)
  • 永井奉子(OKSS)
    • 100m自由形16位(準決勝敗退)(予選55秒76、準決勝56秒03)
    • 200m自由形13位(準決勝敗退)(予選2分00秒73、準決勝2分00秒09)
  • 柴田亜衣(鹿屋体育大学)
    • 400m自由形5位(予選4分07秒63、決勝4分07秒51)
    • 800m自由形1位(予選8分30秒08、決勝8分24秒54)
  • 山田沙知子(関西大学)
    • 400m自由形6位(予選4分09秒10、決勝4分10秒91)
    • 800m自由形12位(予選敗退)(予選8分36秒48)
  • 天野美沙(桐蔭学園高校)
    • 400m個人メドレー17位(予選敗退)(予選4分45秒61)
    • 200m個人メドレー10位(予選敗退)(予選2分17秒88)
  • 4x100mメドレーリレー(稲田法子、中村礼子、田中雅美、大西順子、永井奉子)5位
    • 予選(稲田法子、田中雅美、大西順子、永井奉子)4分05秒99
    • 決勝(中村礼子、田中雅美、大西順子、永井奉子)4分04秒83

飛込み

監督:馬淵崇英(JSS宝塚)
コーチ:金戸恵太(ミキハウス)

男子
  • 3m飛板飛込み:寺内健(甲子園大学院)8位
    • 予選456.15点
    • 準決勝5位701.79点(制限456.15、自由245.64)
    • 決勝戦8位690.00点(制限245.64、自由444.36)
女子
  • 10m高飛込み宮嵜多紀理(ミキハウス)11位
    • 予選315.78点
    • 準決勝12位484.63点 (自由315.78、制限170.85)
    • 決勝戦11位479.10点 (制限170.85、自由308.25)

シンクロナイズドスイミング

監督:井村雅代(井村シンクロクラブ)
コーチ:友松由美子(パシオスポーツクラブ)、小川眞佐代(東京シンクロクラブ)
総務:藤木麻祐子(ウォールナッツクリークアクアナッツ)
トレーナー:白木仁(筑波大学)、佃文子(びわこ成蹊スポーツ大学)

  • 立花美哉(井村シンクロクラブ)
  • 武田美保(井村シンクロクラブ)
  • 巽樹理(追手門学院大学)
  • 原田早穂(東京シンクロクラブ)
  • 鈴木絵美子(ミキハウス)
  • 藤丸真世(ヒノキ新薬)
  • 米田容子(井村シンクロクラブ)
  • 川嶋奈緒子(アクラブ調布)
  • 北尾佳奈子(井村シンクロクラブ)
  • デュエット(立花美哉、武田美保)2位
    • 予選2位98・000点(テクニカル・ルーティン2位49・000点+フリー・ルーティン2位49・000点)
    • 決勝2位98・417点(テクニカル・ルーティン2位49・000点+フリー・ルーティン2位49・417点)
  • チーム(立花、武田、巽、原田、鈴木、藤丸、米田、川嶋)2位

(98・501点=テクニカル・ルーティン2位49・167点+フリー・ルーティン2位49・334点)

トライアスロン

監督:三宅義信(小松製作所)
男子コーチ:八尾彰一(テイケイ)
女子コーチ:飯島健二郎(ケンズ)

※全行程51.5km=スイム1.5km+バイク40km+ラン10km
※合計タイムは種目移動時間を含む

男子

  • 田山寛豪(テイケイ)13位(1時間53分28秒41=18分3秒+1時間1分43秒+33分42秒)
  • 西内洋行(テイケイ)32位(1時間57分43秒51=18分20秒+1時間5分34秒+33分49秒)

女子

  • 関根明子(NTT東日本・NTT西日本)12位(2時間7分34秒02=20分37秒+1時間9分49秒+37分8秒)
  • 庭田清美(アシックス・ザバス)14位(2時間7分42秒79=20分35秒+1時間9分54秒+37分13秒)
  • 中西真知子(NTT東日本・NTT西日本)20位(2時間8分51秒06=19分40秒+1時間10分45秒+38分26秒)

カヌー

監督:畑満秀(日本カヌー連盟)
コーチ:大河文昭(大正大学碧水会、フラットウォーター)

  • カヤックシングル500m:白田美由希(日本ウェルネススポーツ専門学校)準決勝敗退
    • 予選3組7位(2分0秒860)
    • 準決勝2組7位(2分3秒076)
  • 北本忍(富山県体育協会)
  • 鈴木祐美子(奈良県体育協会)
  • 竹屋美紀子(谷地高校)
  • 足立美穂(戸田中央総合病院)
  • カヤックペア500m: (北本忍、鈴木祐美子)準決勝敗退
    • 予選1組4位(1分44秒730)
    • 準決勝8位(1分47秒614)
  • カヤックフォア500m:(北本忍、鈴木祐美子、竹屋美紀子、足立美穂)9位
    • 予選2組4位(1分36秒873)
    • 準決勝2位(1分35秒493)
    • 決勝戦9位(1分40秒188)

セーリング

監督:小松一憲(日本セーリング連盟)
コーチ:雜賀秀夫(和歌山県セーリング連盟)、松本真也(関東自動車工業)、佐々木共之(横浜市消防局金沢消防署)
総務:田中一美(日本セーリング連盟)

男子ウィンドサーフィン

  • ミストラル級:見城元一(ピザーラ・オーシャンスポーツクラブ)19位(170点)
    • 第2レース18位34点 ※第2レースまでの成績
    • 第3レース21位57点 ※第3レースまでの成績
    • 第4レース23位80点 ※第4レースまでの成績
    • 第6レース20位84点 ※第6レースまでの成績=ベスト5レース(仮順位)
    • 第8レース17位108点 ※第8レースまでの成績=ベスト7レース(仮順位)
    • 第10レース18位142点※第10レースまでの成績=ベスト9レース
    • 最終順位19位170点(16、23、18、23、(35)OCS、4、12、12、15、19、28、計205NET170)

最終成績=ベスト10レース

男子ヨット

  • レーザー級:鈴木國央35位(281点)
    • 第2レース 27位52点 ※第2レースまでの成績
    • 第4レース39位134点 ※第4レースまでの成績
    • 第6レース36位145点 ※第6レースまでの成績=ベスト5レース
    • 第8レース35位203点 ※第8レースまでの成績=ベスト7レース
    • 第10レース35位254点 ※第10レースまでの成績=ベスト9レース
    • 最終順位35位281点(30、22、39、(43)OCS、29、25、30、28、22、29、27、計324NET281)

最終成績=ベスト10レース

  • 49er級:中村健次(関東自動車工業)&高木正人(関東自動車工業)15位(146点)
    • 第1レース12位12点
    • 第4レース17位65点 ※第4レースまでの成績
    • 第6レース14位51点 ※第6レースまでの成績=ベスト5レース
    • 第9レース13位76点 ※第9レースまでの成績=ベスト8レース
    • 第11レース11位94点 ※第11レースまでの成績=ベスト10レース
    • 第12レース10位82点 ※第12レースまでの成績=ベスト10レース
    • 第15レース15位131点 ※第15レースまでの成績=ベスト13レース
    • 最終順位15位146点(12、14、(19)、(20)OCS、4,2、19、4、2、14、4、7、17、18、14、15、計185NET146)

最終成績=ベスト14レース

  • 470級:関一人(関東自動車工業)&轟賢二郎(関東自動車工業)3位(90点)
    • 第2レース4位10点 ※第2レースまでの成績
    • 第4レース10位49点 ※第4レースまでの成績
    • 第6レース9位47点 ※第6レースまでの成績
    • 第8レース3位57点 ※第8レースまでの成績
    • 第10レース4位79点 ※第10レースまでの成績=ベスト9レース。3、4位、6―8位は得点内容による
    • 最終順位 3位90点(3、7、(21)、18、7、12、1、9、5、17、11、計111NET90)

女子ウィンドサーフィン

  • ミストラル級:今井雅子(ピザーラ・オーシャンスポーツクラブ)17位(135点)
    • 第2レース15位26点 ※第2レースまでの成績
    • 第3レース17位43点 ※第3レースまでの成績
    • 第4レース14位54点 ※第4レースまでの成績
    • 第5レース13位42点 ※第5レースまでの成績=ベスト4レース
    • 第6レース15位58点 ※第6レースまでの成績=ベスト5レース
    • 第8レース15位85点 ※第8レースまでの成績=ベスト7レース
    • 第10レース16位118点 ※第10レースまでの成績=ベスト9レース
    • 最終順位17位135点(12、14、17、11、5、16、17、10、16、17、(18)、計153NET135)

最終成績=ベスト10レース

女子ヨット

  • ヨーロッパ級:佐藤麻衣子(中部ガス)24位(192点)
    • 第2レース22位40点 ※第2レースまでの成績
    • 第4レース22位80点 ※第4レースまでの成績
    • 第6レース23位90点 ※第6レースまでの成績=ベスト5レース
    • 第8レース23位123点 ※第8レースまでの成績=ベスト7レース。4、5位は得点内容による
    • 第10レース23位169点 ※第10レースまでの成績=ベスト9レース
    • 最終順位24位192点((24)、16、24、16、23、11、23、10、24、22、23、計216NET192)

最終成績=ベスト10レース

  • 470級:吉迫由香(島精機製作所)&佐竹美都子(島精機製作所)11位(101点)
    • 第2レース19位38点 ※第2レースまでの成績 
    • 第4レース17位64点 ※第4レースまでの成績
    • 第6レース17位63点 ※第6レースまでの成績
    • 第8レース16位79点 ※第8レースまでの成績
    • 第10レース15位100点 ※第10レースまでの成績=ベスト9レース。ギリシャの優勝は第10レースで確定
    • 最終順位11位101点((21)DSQ、17、16、10、8、12、4、12、3、18、1、計122NET101)

最終成績=ベスト10レース

ボート競技

監督:飯塚淳(昭和楽器)
総務:細淵雅邦(三和)
コーチ:大林邦彦(日本ボート協会)

男子

  • 武田大作(ダイキ)
  • 浦和重(東日本電信電話)
  • 軽量級ダブルスカル(武田&浦)6位(予選6分24秒08、敗者復活戦6分17秒26、準決勝6分18秒51、決勝6分24秒98)

女子

  • 岩本亜希子(アイリスオーヤマ)
  • 内山佳保里(デンソー)
  • 軽量級ダブルスカル(岩本&内山)13位(予選7分14秒04、敗者復活戦7分07秒07、13―18位決定戦13位7分37秒46)

体操

体操競技

チームリーダー:塚原光男(塚原体操センター)
男子監督:加納実(順天堂大学)
男子コーチ:森泉貴博(日本体操協会)、立花泰則(特定医療法人徳洲会)、原田睦巳(順天堂大学)
女子コーチ:渡辺仁(塚原体操センター)
トレーナー:今井聖晃(工藤総合接骨院)

男子
  • 冨田洋之(セントラルスポーツ)
    • 個人総合6位(57.485点)
    • 種目別あん馬8位(9.062点)
    • 種目別つり輪4位(9.800点)
    • 種目別平行棒2位(9.775点)
  • 米田功(特定医療法人徳洲会)
    • 個人総合11位(56.899点)
    • 種目別床運動7位(9.662点)
    • 種目別鉄棒3位(9.787点)
  • 鹿島丈博(セントラルスポーツ)
    • 種目別あん馬3位(9.787点)
  • 中野大輔(九州共立大学)
    • 種目別床運動6位(9.712点)
    • 種目別平行棒5位(9.762点)
    • 種目別鉄棒9位(8.750点)
  • 水鳥寿思(特定医療法人徳洲会)
    • 団体戦に出場
  • 塚原直也(朝日生命保険相互会社)
    • 団体戦に出場
  • 団体総合(冨田洋之、米田功、鹿島丈博、中野大輔、水鳥寿思、塚原直也)1位
    • 予選232.134点=床運動38.325点+あん馬38.699点+つり輪38.725点+跳馬38.412点+平行棒38.924点+鉄棒39.049点
    • 決勝173.821点=床運動28.311点+あん馬29.075点+つり輪29.124点+跳馬28.837点+平行棒29.012点+鉄棒29.462点
女子
  • 石坂真奈美(朝日生命体操クラブ)個人総合33位(予選敗退)
    • 予選36.211点(跳馬9.125点+段違い平行棒9.187点+平均台8.637点+床運動9.262点)
  • 大島杏子(朝日生命体操クラブ)個人総合51位(予選敗退)
    • 予選34.961点(跳馬8.662点+段違い平行棒9.362点+平均台8.437点+床運動8.500点)

新体操

監督:秋山エリカ(東京女子体育大学)

  • 村田由香里(東京女子体育大学)18位(予選敗退)

(88.150=フープ21.775+ボール22.425+クラブ22.400+リボン21.550)

トランポリン

監督:岩下由利子(大阪トランポリンクラブ)

  • 廣田遥(阪南大学)7位(予選63.0=規定26.9+自由36.1、決勝37.2)

柔道

チームリーダー:上村春樹(旭化成)

男子

監督:斉藤仁(国士舘大学)
コーチ:大迫明伸(旭化成)、山本洋祐(日本体育大学)、正木嘉美(天理大学)、岡田弘隆(筑波大学)
チームドクター:宮崎誠司(横浜新緑総合病院柔道)
男子トレーナー:佐藤司(グローバルスポーツ医学研究所)

  • 60kg級:野村忠宏(ミキハウス)1位
    • 2回戦○(2分46秒・背負い投げ)●ララ( ドミニカ共和国)
    • 3回戦○(53秒・背負い投げ)●オリバー・グッセンベルク( ドイツ)
    • 準々決勝○(14秒・内またすかし)●アルバルシン( アルゼンチン)
    • 準決勝○(23秒・大内刈り)●ハシュバータル・ツァガンバータル( モンゴル)
    • 決勝○(優勢)●ネストル・ヘルギアニ( ジョージア)
  • 66kg級:内柴正人(旭化成)1位
    • 1回戦○(1分55秒・払い腰)●レンシナ( アルゼンチン)
    • 2回戦○(2分0秒・ともえ投げ)●ダシュダバ( モンゴル)
    • 3回戦○(1分40秒・浮き落とし)●マゴメド・ジャファロフ( ロシア)
    • 準決勝○(43秒・肩車)●ゲオルギ・ゲオルギエフ( ブルガリア)
    • 決勝○(1分46秒・小外刈り)●ヨゼフ・クルナーチ( スロバキア)
  • 73kg級:高松正裕(旭化成)2回戦敗退
    • 2回戦●(優勢)○ケブヒシビリ( ジョージア)
  • 81kg級:塘内将彦(旭化成)敗者復活戦敗退
    • 1回戦●(3分12秒・合わせ技)○ドミトリー・ノソフ( ロシア)
    • 敗者復活1回戦●(優勢)○メローニ( イタリア)
  • 90kg級:泉浩(明治大学)2位
    • 1回戦○(10秒・大外刈り)●シャルヘイ・クハレンカ( ベラルーシ)
    • 2回戦○(1分24秒・大外刈り)●イリアス・イリアディス( ギリシャ)
    • 3回戦○(優勢)●コスタ・エドゥアルド( アルゼンチン)
    • 準決勝○(優勢)●黄禧太( 韓国)
    • 決勝●(3分3秒・すくい投げ)○ズラブ・ズビャダウリ( ジョージア)
  • 100kg級:井上康生(綜合警備保障)敗者復活戦敗退
    • 1回戦○(2分32秒・送襟絞)●アメル・メキッチ( ボスニア・ヘルツェゴビナ)
    • 2回戦○(優勢)●アンタル・コバチ( ハンガリー)
    • 3回戦○(1分27秒・内股)●マーティン・ケリー( オーストラリア)
    • 準々決勝●(4分48秒・背負い投げ)○エルコ・ファンデルヘースト( オランダ)
    • 敗者復活2回戦●(3分4秒・大内返し)○モブルド・ミラリエフ( アゼルバイジャン)
  • 100kg超級:鈴木桂治(平成管財)1位
    • 2回戦○(優勢)●アンドレアス・テルツァー( ドイツ)
    • 3回戦○(3分2秒・内股)●パパイオアンヌ( ギリシャ)
    • 準々決勝○(3分42秒・内股)●ユーリ・ルイバク( ベラルーシ)
    • 準決勝○(2分55秒・内股)●パオロ・ビアンケシ( イタリア)
    • 決勝○(1分17秒・小外刈り)●タメルラン・トメノフ( ロシア)

女子

監督:吉村和郎(警視庁)
コーチ:日蔭暢年(ミキハウス)、出口達也(広島大学)、山口香(武蔵大学)
コーチ:古賀稔彦(社会福祉法人慈雄会)、木村昌彦(横浜国立大学)
チームドクター:小山郁:(講道館ビルクリニック)
トレーナー:吉田理恵子(グローバルスポーツ医学研究所)

  • 48kg級:谷亮子(トヨタ自動車)1位
    • 2回戦○(3分23秒・合わせ技)●マリヤ・カラヤノプルー( ギリシャ)
    • 3回戦○(2分17秒・大外刈り)●ソラヤ・ハダド( アルジェリア)
    • 準決勝○(4分19秒・合わせ技)●アリナ・ドゥミトル( ルーマニア)
    • 決勝戦○(優勢)●フレデリク・ジョシネ( フランス)
  • 52kg級:横澤由貴(三井住友海上火災保険)2位
    • 1回戦○(2分25秒・肩固め)●リ・サンシム( 北朝鮮)
    • 2回戦○(優勢)●ディエディオウ( セネガル)
    • 3回戦○(4分17秒・横四方固め)●ジョージナ・シングルトン( イギリス)
    • 準決勝○(4分59秒・袖釣り込み腰)●アマリリス・サボン( キューバ)
    • 決勝●(1分07秒・横四方固め)○冼東妹( 中国)
  • 57kg級:日下部基栄(福岡県警察本部)9位(準々決勝敗退)
    • 1回戦○(2分36秒・一本背負い投げ)●フレミング( ベネズエラ)
    • 2回戦○(優勢)ヒシグバット・エルデネットオド●( モンゴル)
    • 3回戦●(39秒・合わせ技)○イボンヌ・ベニシュ( ドイツ)
    • 敗者復活戦●(優勢)○イサベル・フェルナンデス( スペイン)
  • 63kg級:谷本歩実(コマツ)1位
    • 1回戦○(1分50秒・縦四方固め)●ドハリフ( チュニジア)
    • 2回戦○(15秒・内股)マサ●( エクアドル)
    • 準々決勝○(17秒・払い腰)チショーム●( カナダ)
    • 準決勝○(1分24秒・対戦相手棄権)●ダニエラ・クルコウェル( アルゼンチン)
    • 決勝○(1分19秒・合わせ技)クラウディア・ハイル●( オーストリア)
  • 70kg級:上野雅恵(三井住友海上火災保険)1位
    • 1回戦○(3分36秒・横四方固め)●シュッツ( アメリカ合衆国)
    • 2回戦○(優勢)ラシャ・スラカ●( スロベニア)
    • 準々決勝○(1分1秒・大外刈り)●キャサリン・ジャック( ベルギー)
    • 準決勝○(1分24秒・大外刈り)●キャサリン・アーラブ( オーストリア)
    • 決勝○(3分10秒・袖釣り込み腰)●エディス・ボッシュ( オランダ)
  • 78kg級:阿武教子(警視庁)1位
    • 2回戦○(2分53秒・崩れけさ固め)●ピント( ベネズエラ)
    • 準々決勝○(優勢)●ルチア・モリコ( イタリア)
    • 準決勝○(9分41秒(延長)優勢)●セリーヌ・ルブラン( フランス)
    • 決勝○(4分38秒・袖釣り込み腰)●劉霞( 中国)
  • 78kg超級:塚田真希(綜合警備保障)1位
    • 2回戦○(21秒・小外刈り)ジェシカ・マローン( オーストラリア)
    • 準々決勝○(2分37秒・横四方固め)マリナ・プロコフィエワ( ウクライナ)
    • 準決勝○(4分37秒・合わせ技)テア・ドングザシビリ( ロシア)
    • 決勝○(1分51秒・後ろけさ固め)ダイマ・ベルトラン( キューバ)

レスリング

監督:富山英明(日本大学)
コーチ:土方政和(警視庁)、和田貴広(日本レスリング協会)、伊藤広道(自衛隊体育学校)

コーチ:栄和人(中京女子大学)、木名瀬重夫(日本レスリング協会)、金浜良(ジャパンビバレッジ)、嘉戸洋(日本レスリング協会)
トレーナー:佐々木康之(グローバルスポーツ医学研究所)

男子

  • グレコローマンスタイル55kg級:豊田雅俊(警視庁)1次リーグ敗退
    • 1次リーグ●(判定)○マヨロシュ(ハンガリー)
    • 1次リーグ○(4分19秒・Tフォール)●ラミレス(ドミニカ共和国)
  • グレコローマンスタイル60kg級:笹本睦(綜合警備保障)5位
    • 1次リーグ○(2分31秒・Tフォール)●グスマン(ペルー)
    • 1次リーグ○(判定)●ステファネク(セルビア・モンテネグロ)
    • 準々決勝●(判定)○ナザリャン(ブルガリア)
    • 5-6位決定戦○(判定)●コイジャイガノフ(カザフスタン)
  • グレコローマンスタイル74kg級:永田克彦(新日本プロレス)1次リーグ敗退
    • 1次リーグ●(判定)○コボノフ(キルギス)
    • 1次リーグ●(判定)○イリハンヌクセラ(フィンランド)
  • グレコローマンスタイル男子84kg級:松本慎吾(一宮運輸)7位
    • 1次リーグ●(判定)○アブラハミアン(スウェーデン)
    • 1次リーグ○(判定)●ケンジャエフ(キルギス)
    • 1次リーグ○(判定)●バトキ(スロバキア)
  • フリースタイル55kg級:田南部力(警視庁)3位
    • 1次リーグ ○(判定)●アブドゥラエフ(アゼルバイジャン)
    • 1次リーグ○(判定)●ドゥット(インド)
    • 決勝トーナメント1回戦○(2分29秒・Tフォール)●金孝燮(韓国)
    • 準決勝●(判定)○アバス(アメリカ)
    • 3位決定戦○(判定)●カルダノフ(ギリシャ)
  • フリースタイル60kg級:井上謙二(自衛隊体育学校)3位
    • 1次リーグ●(判定)○ザハルチノフ(ウズベキスタン)
    • 1次リーグ○(判定)●鄭栄鎬(韓国)
    • 1次リーグ○(5分41秒・Tフォール)●チケル(オーストリア)
    • 準決勝(判定)●(判定)○ジョカル(イラン)
    • 3位決定戦○(判定)フェドルイシン(ウクライナ)●
  • フリースタイル66kg級:池松和彦(日本体育大学)5位
    • 1次リーグ○(1分07秒・フォール)●ジェシー(ナイジェリア)
    • 1次リーグ○(判定)●白鎮国(韓国)
    • 決勝トーナメント1回戦●(判定)○スピリドノフ(カザフスタン)
    • 5-6位決定戦○(判定)●タスクディス(ギリシャ)
  • フリースタイル74kg級:小幡邦彦(綜合警備保障)1次リーグ敗退
    • 1次リーグ○(判定)●マーン(インド)
    • 1次リーグ●(判定)○フンドラ(キューバ)
  • フリースタイル84kg級:横山秀和(秋田市立秋田商業高等学校)1次リーグ敗退
    • 1次リーグ●(判定)○ホダエイ(イラン)
    • 1次リーグ○(判定)●アンジュ(インド)

女子

  • フリースタイル48kg級:伊調千春(中京女子大学)2位
    • 1次リーグ○(4分12秒・Tフォール)●ベリズル(カナダ)(カナダ)
    • 1次リーグ○(5分58秒・フォール)●ワーグナー(ドイツ)
    • 準決勝○(4分10秒・Tフォール)●ベルテネ(フランス)
    • 決勝戦●(判定)○メルニク(ウクライナ)
  • フリースタイル55kg級:吉田沙保里(中京女子大学)1位
    • 1次リーグ○(3分47秒・Tフォール)●孫冬梅(中国)
    • 1次リーグ○(6分00秒・Tフォール)●ジャンピッコロ(イタリア)
    • 準決勝○(判定)●ゴミズ(フランス)
    • 決勝戦○(判定)●バービーク(カナダ)
  • フリースタイル63kg級:伊調馨(中京女子大学)1位
    • 1次リーグ○(5分10秒・Tフォール)●ゴロフチェンコ(ウクライナ)
    • 1次リーグ○(判定)●カルタホワ(ロシア)
    • 準決勝○(判定)●ルグラン(フランス)
    • 決勝戦○(判定)●マクマン(アメリカ)
  • フリースタイル72kg級:浜口京子(ジャパンビバレッジ)3位
    • 1次リーグ○(判定)●モンゴメリ(アメリカ)
    • 1次リーグ○(5分17秒・Tフォール)ズラテバ(ブルガリア)●
    • 準決勝●(判定)○王旭(中国)
    • 3位決定戦○(判定)●サエンコ(ウクライナ)

ボクシング

監督:本博国(自衛隊体育学校)

  • 48kg級:五十嵐俊幸(東京農業大学)
    • 1回戦●(判定)ケベデ(エチオピア)○

テコンドー

コーチ:金漢老(キム・ス テコンドー道場)

  • 67kg超級:岡本依子(ルネスかなざわ)7位
    • 1回戦●(優勢)陳中(中国)○
    • 敗者復活1回戦●(優勢)カルモナ(ベネズエラ)○

ウエイトリフティング

男子監督:菊田三代治(石川県立飯田高等学校)
女子監督:長谷場久美(埼玉栄高等学校)
コーチ:三宅義行(光波)

男子

  • 56kg級:山田政晴(群馬綜合ガードシステム)記録なし(スナッチ3回の試技失敗)
  • 62kg級:今村俊雄(高野建設)11位(270kg(12位)=スナッチ120kg+ジャーク150kg)
(*3位選手ドーピング違反で失格のため順位繰上げ)
  • 105kg超級:岩崎宇信(植松住設)12位(385kg=スナッチ170kg+ジャーク215kg)

女子

  • 48kg級:三宅宏実(法政大学)9位(175kg(10位)=スナッチ77.5kg+ジャーク97.5kg)
(*4位選手ドーピング違反で失格のため順位繰上げ)

フェンシング

監督:澤田聡(警視庁)
コーチ:齊田守(三洋紙業)

男子

  • フルーレ:太田雄貴(同志社大学)9位(3回戦敗退)
    • 2回戦○(15-9)チュマセロ(メキシコ)●
    • 3回戦●(8-15)ガネーフ(ロシア)○
  • サーブル:長良将司(岐阜県立大垣南高等学校)31位(2回戦敗退)
    • 1回戦○(15-8)バスマジアン(ギリシャ)●
    • 2回戦●(9-15)ポツニヤコフ(ロシア)○

女子

  • フルーレ:菅原智恵子(宮城県鼎が浦高等学校)15位(2回戦敗退)
    • 1回戦 ○(15-6)カルボネ(アルゼンチン)●
    • 2回戦●(2-15)トリリーニ(イタリア)○
  • エペ:原田めぐみ(山形クラブ)28位(2回戦敗退)
    • 1回戦○(15-6)ウィルソン(南アフリカ)●
    • 2回戦●(14-15)カショリ(イタリア)○
  • サーブル:久枝円(大阪市信用金庫)15位(2回戦敗退)
    • 1回戦 ○(15-14)ナジュ(ハンガリー)●
    • 2回戦●(13-15)ザグニス(アメリカ)○

アーチェリー

監督:末田実(全日本アーチェリー連盟)
男子コーチ:關政敏(全日本アーチェリー連盟)
女子コーチ:池田幸一(横浜高等学校)

男子

  • 濱野裕二(デオデオ)37位(1回戦敗退)
    • 1回戦●150-155プラサド(インド)○
  • 山本博(大宮開成高等学校)2位
    • 1回戦○155-147フィスー(フランス)●
    • 2回戦○162-154フランジリ(イタリア)●
    • 3回戦○168-160セルジュク(ウクライナ)●
    • 準々決勝○111-110林東賢(韓国)●
    • 準決勝○115-115カディヒー(オーストラリア)●(シュート・オフ)
    • 決勝戦●109-111マルコ・ガリアッツォ(イタリア)○
  • 古川高晴(近畿大学)22位
    • 1回戦○146-143永富軍(中国)●
    • 2回戦●163-166張龍浩(韓国)○
  • 団体(濱野裕二、山本博、古川高晴)8位(準々決勝敗退)
    • 1回戦○254-241フランス●
    • 2回戦●236-242ウクライナ○

女子

  • 川内紗代子(ミキハウス)26位(2回戦敗退)
    • 1回戦○137-129ブルデイナ(ウクライナ)●
    • 2回戦●150-154ウィリアムソン(イギリス)○
  • 河崎由加里(デオデオ)63位(1回戦敗退)
    • 1回戦●106-119ミルチンキエビッチ(ポーランド)○
  • 松下紗耶未(ミキハウス)個人28位 2回戦敗退
    • 1回戦○165-157ファス(フランス)●
    • 2回戦●149-173尹美進(韓国)○
  • 団体(川内紗代子、河崎由加里、松下紗耶未)14位(1回戦敗退)
    • 1回戦●226-140台湾○

馬術

監督:東良弘一(洛北宝ヶ池観光農園)
総務:浅枝里美(日本馬術連盟)

  • 小畑隆一(ユーロ・ジャパンホーストレーディング)
    • 個人障害飛越 74位(1次予選66位14・00点、2次予選失権)
  • 杉谷泰造(杉谷乗馬クラブ)
    • 個人障害飛越16位(1次予選60位12・00点、2次予選61位28・00点、3次予選51位37・00点、決勝ラウンド16位20・00点)
  • 林忠義(北総乗馬クラブ)
    • 個人障害飛越64位(1次予選47位8・00点、2次予選54位25・00点、3次予選途中棄権)
  • 渡辺祐香(ヤマハ つま恋乗馬倶楽部)
    • 個人障害飛越39位(1次予選18位3・00点、2次予選13位6・00点、3次予選37位24・00点、決勝ラウンド39位)
  • 団体障害飛越(小畑隆一、杉谷泰造、林忠義、渡辺祐香)決勝ラウンド1回戦敗退

ライフル射撃

監督:藤井優(日本ライフル射撃協会)
コーチ:ドウシャノフ・エミール(日本ライフル射撃協会)、スーチャック・ラズロー(日本ライフル射撃協会)

ドクター:清水寛(医療法人東洋病院)

男子

  • 中重勝(広島県警)
    • 10mエアピストル23位(予選敗退)576点
    • 50mピストル38位(予選敗退)537点
  • 柳田勝(自衛隊体育学校)
    • 10mエアライフル9位(予選敗退)9.900点
    • 50mライフル伏射24位(予選敗退)591点
    • 50mライフル3姿勢16位(予選敗退) 1159点
  • 田澤修治(自衛隊体育学校)
    • 10mエアピストル30位(予選敗退)573点
    • 25mラピッドファイアーピストル15位(予選敗退)573点

女子

  • 稲田容子(YOKO.INADAスポーツ射撃クラブ)
    • 10mエアピストル10位(予選敗退)382点
  • 小西ゆかり(自衛隊体育学校)
    • 25mピストル26位(予選敗退)9.486点
  • 福島實智子(国友銃砲火薬店)
    • 10mエアピストル25位(予選敗退)378P
    • 25mピストル13位(予選敗退)9.617P
  • 三崎宏美(日立情報システムズ)
    • 10mエアライフル22位(予選敗退)392点
    • 50mライフル3姿勢24位(予選敗退)569点

クレー射撃

監督:寺西寛(高槻国際射撃場)

  • 井上恵(ナスタジャパン)ダブルトラップ5位(140点=予選3位109点+決勝31点)
  • 竹葉多重子(フジ)トラップ8位(予選敗退)(予選59点)

選手団本部役員

  • 団長:竹田恆和(JOC会長)
  • 副団長:林務(JOC専務理事)
  • 総監督:福田富昭(JOC常務理事、JOC選手強化本部本部長)
  • 本部役員(競技担当):市原則之(JOC常務理事、JOCゴールドプラン委員会委員長)
  • 本部役員(競技担当):松下三郎(JOC理事、日本ユニバーシアード委員会委員長)
  • 本部役員(広報担当):櫻井孝次(JOC理事、JOC総務委員会副委員長、JOC事業・広報専門委員会委員長)
  • 本部役員(競技担当):早田卓次(JOC理事、JOC選手強化本部副本部長、JOC強化育成専門委員会委員長、日本ユニバーシアード委員会名誉主事、アスリート委員会委員長)
  • 本部役員(情報・医・科学担当):河野一郎(JOC理事、JOC情報・医・科学専門委員会委員長、JOCアンチ・ドーピング委員会委員長)
  • 本部役員(競技担当):金子正子(JOC情報・医・科学専門委員会委員)
  • 本部役員(医務担当):増島篤(JOC情報・医科学専門委員会委員、JOC専任スポーツドクター)
  • 本部役員(警備担当):河野寛(綜合警備保障)
  • アタッシェ:荒牧拓(在ギリシャ日本国大使館)
  • 本部員:西村賢二(JOC)、伊藤弘一(JOC)、阿部幹雄(JOC)、柳谷直哉(JOC)
  • 本部員:笠原健司(JOC)、萩原直樹(JOC)、脇本昌樹(JOC)
  • メディカルスタッフ(ドクター):赤間高雄(JOCアンチ・ドーピング委員会委員、JOC専任スポーツドクター)
  • メディカルスタッフ(ドクター):内山英司(JOC専任スポーツドクター)
  • メディカルスタッフ(ドクター):内田彰子(JOC医学サポート部会員)
  • メディカルスタッフ(トレーナー):松田直樹(JOC医学サポート部会員)、増田雄一(JOC医学サポート部会員)
  • メディカルスタッフ(トレーナー):杉山ちなみ(上牧温泉病院)
  • 本部員(輸送):斉藤健(近畿日本ツーリスト)、重田章(近畿日本ツーリスト)、高柳玲央(近畿日本ツーリスト)
  • 本部員(情報):勝田隆(JOC情報・医科学専門委員会委員)
  • 本部員(プレスアタッシェ):竹内浩(JOC事業・広報専門委員会委員)
  • 本部員(サブプレスアタッシェ):緒方茂生(ミズノ)
  • 他1名(在ギリシャ日本国大使館)
  • 他、競技・成績・記録収集および報告書作成スタッフ2名(ウイル・コーポレーション)

脚注

外部リンク

  • 2004アテネ日本選手団
  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団 - Sports-Reference.com (Olympics) のアーカイブ (英語)
  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団 - Olympedia(英語)
Collection James Bond 007

Text submitted to CC-BY-SA license. Source: 2004年アテネオリンピックの日本選手団 by Wikipedia (Historical)

Articles connexes


  1. 2004年アテネオリンピック
  2. オリンピックの日本選手団
  3. オリンピックのジョージア選手団
  4. オリンピックのアメリカ合衆国選手団
  5. オリンピックのイギリス選手団
  6. オリンピックのギリシャ選手団
  7. オリンピックのセルビア・モンテネグロ選手団
  8. オリンピックのタイ選手団
  9. オリンピックのデンマーク選手団
  10. オリンピックのモンテネグロ選手団
  11. オリンピックのドイツ選手団
  12. 近代オリンピック
  13. オリンピックのフランス選手団
  14. オリンピックのスロバキア選手団
  15. オリンピックのセルビア選手団
  16. オリンピックのラトビア選手団
  17. オリンピックのスイス選手団
  18. オリンピックのロシア選手団
  19. オリンピックのハンガリー選手団
  20. オリンピックのオーストラリア選手団