少年野球


少年野球


少年野球(しょうねんやきゅう)は、一般的に、小学生の行う軟式野球を指すことが多いが、本来は「学童野球」が正しい呼称であり、全日本軟式野球連盟の正確なカテゴリーとしては「少年野球」は中学生が対象である。ここでは小学生と中学生の行う硬式・軟式野球全般を扱う。なお、軟式野球は日本発祥であり世界的には極一部の国でしか普及していないため、海外では基本的に中学校以下の年代より硬式で行われている。

海外ではとくに北アメリカでプロやカレッジ同様のシーズン制が採られており、シーズン前にトライアウトを実施、技量別にクラスを分けるのが一般的である。

中学生(U-15)

硬式野球

  • 学校の部活動チームは極めて稀で、ほとんどがクラブチームである。リトルシニア・ボーイズリーグ・ポニーリーグ・ヤングリーグ・ブロンコリーグ・フレッシュリーグの6リーグがあり、これらを日本中学硬式野球協議会がまとめている。日本一を競う全国大会は、毎年8月東京で行われる全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップが2007年よりそれまでの交流大会から正式な全国大会となった。
  • 国際大会はWBSC U-15ワールドカップ。日本代表の編成主管は日本中学硬式野球協議会。他にも各リーグで世界大会や国際親善試合などが行われている。

軟式野球

  • 学校の部活動チームで行う場合と、地域のクラブチームで行う場合の2通りある。学校の部活動チームの全国大会が全国中学校軟式野球大会(全中)、地域のクラブチームの全国大会が全日本少年軟式野球大会(全日本)でいずれも8月に開催されている。なお地域のクラブチームの大会に学校の部活動チームが出場する場合は「○○中学校クラブ」として出場し、また11月には全国中学生都道府県対抗野球大会があってこちらは基本的に中学校3年生による各都道府県の選抜チームが出場する。
  • 国際大会はBFA U-15アジア野球選手権。この大会にはKボールが使用されており、日本代表の編成主管は日本中学生野球連盟となっている。

小学生(U-12)

硬式野球

  • リトルリーグ・ボーイズリーグ・ヤングリーグ・ポニーリーグ・ブロンコリーグ・フレッシュリーグの中学校硬式野球と同じ6リーグ。連盟によって離塁の規則、用具規定、塁間距離が異なることもあり、中学年代のような全連盟での交流大会は長らく開催されていなかったが、2010年になって初めての交流大会「全国小学生硬式野球交流大会(アンダーアーマーカップ)」が開催された。
  • 国際大会はWBSC U-12ワールドカップ。日本代表の選考方法は全日本合同トライアウトが実施されている。ほか、各リーグで世界大会や国際親善試合等が行われている。

軟式野球

  • 学童野球とも言う。全国大会は、高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会と全国スポーツ少年団軟式野球交流大会の2大会。高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会は47都道府県(東京と北海道は2チーム)と開催地(東京)と優勝(前回)の計51チームが参加、全国スポーツ少年団軟式野球交流大会は地域ブロック代表15チームと開催地である札幌1チームを加えた計16チームが参加する。チームの活動形態は、地域のクラブチーム(スポーツ少年団など)と学校単位(クラブ活動)に分かれ、チームによっては家族参加型のキャンプや合宿その他の行事を行うところもある。
  • 国際大会はBFA U-12アジア野球選手権。この大会にはKボールが使用され、日本代表の選考方法は全日本合同トライアウトが実施されている。

脚注

参考文献

  • (財)日本体育協会日本スポーツ少年団 『スポーツリーダー兼スポーツ少年団認定員養成テキスト』 2006年版
  • 永井洋一 『少年スポーツ ダメな指導者 バカな親』 合同出版 2007年
  • 武藤芳照 『スポーツ少年の危機』 朝日新聞社 1985年

関連項目

  • 野球
  • 軟式野球
  • リトルリーグ
    • リトルシニア
  • ボーイズリーグ
  • WBSC U-15ワールドカップ
  • 全日本軟式野球連盟
  • 全日本女子軟式野球連盟
  • 高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会
  • 全国スポーツ少年団軟式野球交流大会
  • 全日本少年軟式野球大会
  • 全国中学校軟式野球大会
  • 全国小学生硬式野球交流大会
  • 全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ
  • NPB12球団ジュニアトーナメント
  • 西武沿線少年野球大会
  • ポップアスリートカップ全国少年野球大会
  • NPO法人全国学童野球振興協会
  • NHK少年野球教室
  • 部活動
  • クラブチーム

少年野球