バンダイ・ミュージックエンタテインメント


バンダイ・ミュージックエンタテインメント


株式会社バンダイ・ミュージックエンタテインメントBandai Music Entertainment)は、2000年まで存在した日本のレコード会社である。設立時の社名は、アポロン音楽工業株式会社(アポロンおんがくこうぎょう)。

歴史

アポロン音楽工業株式会社

1964年に文化放送系列のフジサウンド社が設立され、4トラックカートリッジ・テープを発売した。

1967年にアポロン音楽工業と改称。資本金8,000万円、社長・渡辺美佐。渡辺プロダクション(以下「ナベプロ」)と文化放送などが出資する音楽関連企業として、東京都新宿区若葉1丁目5番地の当時の文化放送の本社内に本社を構えた。当時は主に、ナベプロに所属し、ナベプロ傘下の渡辺音楽出版が原盤権を持つアーティストのミュージック・テープを発売していた。そのため、ザ・ピーナッツ(レコードはキング)、園まり(レコードはポリドール)のように、レコードでは違うレーベルで発売されているアーティストがアポロンのレーベル上に名を連ねていた。

1971年3月18日、日本レコード協会に加入。1967年5月結成された「音楽テープ協議会」(当時の音楽テープ製造業者16社による)が解散となり、日本レコード協会がこの業務を吸収したことによる。

その後、ナベプロはワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン、以下ワーナー)にも出資、1970年代中頃までは、渡辺音楽出版管轄外の原盤権を持たない音源でもワーナーがレコード盤のみを発売、アポロンがレッド・ツェッペリンやディープ・パープル、クイーン等の洋楽を含めワーナーからの原盤提供を受けて音楽テープを発売する形態が多かった。

しかし、1978年、渡辺プロは西武百貨店(現:そごう・西武)と音響機器メーカーのトリオ(現:JVCケンウッド)と3社共同で設立したサウンズ・マーケッティング・システム(SMS)を設立、渡辺音楽出版が原盤制作したワーナーの音源の発売権をSMSに移行させ、ワーナーから資本離脱。アポロンが販売受託という形でSMSレコードのレコードとカセットテープを取扱った。

1981年にアポロンは、レコード制作用に「ALTY」レーベルを設立したが、同レーベル作品もカセットテープとCDはアポロンレーベルから発売になっている。

1986年、アポロンはゲームミュージック部門に進出。すぎやまこういちが劇伴を担当したコンピュータゲーム『ドラゴンクエスト』のサウンドトラックを発売し話題になった。1987年、ゲームミュージック作品のシリーズ『コンピュージック』を設立。玩具大手のバンダイと業務提携を結び、文化放送系のレコード会社「ラジオシティレコード」を事実上吸収、同レーベルの販売がビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からアポロンに移る(その後レーベルもアポロンに一本化)。

1988年、SMSは解散、全タイトル廃盤となった(一部はアポロンから再発売)。小柳ルミ子はワーナー・パイオニアへ復帰、吉川晃司はナベプロから独立した後に、東芝EMIへと移籍した。1989年には文化放送からバンダイへ筆頭株主が移る。

株式会社アポロン

1990年5月、社名を「株式会社アポロン」に変更。この時代のヒットとしては、classの「夏の日の1993」やKIX-Sの「また逢える」等。

邦楽ポピュラー部門では、ラジオシティレコードから編入した徳永英明等のアーティストを有するようになる。また演歌部門にも力を入れており、長保有紀が所属、紅白歌合戦に出場した。洋楽部門ではシュラプネル・レコーズの日本盤の発売元になったこともある。

音源を発売する権利は1996年にロードランナー・ジャパンに移管した。

株式会社バンダイ・ミュージックエンタテインメント

1996年7月、第三者割当増資によりバンダイが資本比率を50%から65%に引き上げたことで、社名を「株式会社バンダイ・ミュージックエンタテインメント」に変更。角川書店も10%資本参加、系列会社のバンダイビジュアルとリンクし、アニメやゲームミュージックを主とした事業展開を行なった。

しかし、アニメ・ゲーム関係はこれといったヒットがなく、また肝心のJ-POP等のポピュラー部門では、ドル箱的存在だった徳永英明やKIX-S以外ほとんどヒットアーティストが存在しなかったことに加え、KIX-Sは1997年にBMG JAPAN、徳永も1998年にキングレコードへ移籍したことで収益の柱を失ってしまい、以後苦戦続きとなる。もう一つの柱である演歌部門やナベプロ音源の過去の遺産も大きく収益に寄与しなかったことから、最終的に親会社バンダイが事業継続を断念。2000年5月末に解散・清算された。

解散後の音源の動向

ナベプロ音源は旧アポロンの設立母体の渡辺音楽出版に返還され、現在は渡辺音楽出版と新星堂の提携によるWATANABEレーベル及びPARADEレーベルや他社への原盤供給などの形で発売されている。

ラジオシティ音源は同社の設立母体と同系(文化放送グループ)のセントラルミュージックに返還され、同社から各社に原盤供給される形となった。一例として、同社が関係していた徳永の音源については、事業清算後に当日在籍したキングレコードから再発売され、その後キングからの離脱、徳永の活動休止を経て、2003年以降ユニバーサル ミュージック合同会社に販売権が移っている。

自社が制作したアニメソングやゲームミュージック関係の音源はバンダイが設立したエモーションミュージックが管理していたが、これらの音源は後にランティス(現:バンダイナムコアーツ ランティスレーベル)を経てバンダイナムコアーツへ譲渡された。


レーベル

  • Apollon - メインレーベル(時期により大文字の『APOLLON』表記)。
  • SMS - 独立したレコード会社。解散後は一部がApollon→BANDAI MUSICレーベルで再発売。
  • Radio City - 1977年に文化放送が設立したレコード会社(販売元:ワーナー→ビクター)。1987年にアポロンに吸収され、1989年までレーベル存続。その後はApollon→BANDAI MUSICレーベルから再発売。
  • ROH - 徳永英明が1989年5月から1991年末まで所属していた芸能事務所兼レーベル。
  • BEATONE - 徳永英明が1996年7月に設立したプライベートレーベル。1998年にキングレコードへの移籍を機に消滅。
  • ALTY - アポロンのレコード専用レーベル。レーベル統合後はApollon→BANDAI MUSICレーベルで再発売。
  • M-ONE - 1993年に設立されたレーベル。classが所属した。
  • Dreamix - ナベプロが音楽プロダクションビーイングと組んで1991年に設立・プロデュースしたレーベル。KIX-Sが在籍した。1997年以降はマネジメント事務所に特化し2001年にマニアマニアに吸収。
  • BANDAI MUSIC - 1996年7月に社名変更に伴い設立したメインレーベル。

所属していたアーティスト

ベストアルバム・再発盤のみの発売

コンピレーションアルバム

関連項目

  • エアーズ
  • ランティス
    バンダイ・ミュージックエンタテインメント解散以降、伊藤善之など旧バンダイ・ミュージックエンタテインメント社員であった一部の有志により、アニメ・ゲームミュージックにほぼ特化した新レーベル・ランティスが設立され、現在に至る。
    創業当時はバンダイとの資本関係はなかったが、旧来の流れを受けてバンダイビジュアルとの繋がりは深く、2006年5月にバンダイビジュアルの子会社化を経て、2018年4月よりバンダイナムコアーツの社内レーベルとして機能していることから、バンダイ・ミュージックエンタテインメントが形を変えて事実上復活した。
    声優の多くが所属するレーベルであり、現在はアニメ界ではスターチャイルドやNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンなどと並ぶメジャーレーベルに成長している。
  • 日本コロムビア
  • コナミレーベル
  • 渡辺プロダクション
  • 文化放送
  • 松田浩次
  • 池田大介 - かつてのアポロンの社員の一人。現在はビーイングに所属し、キーボーディスト、アレンジャーとして活動している。
  • infix
  • KIX-S - 先述の池田大介と同じビーイング系だったかつての女性デュオ。BMG JAPAN(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)移籍前の1996年まで在籍。
Turnbull & Asser

脚注

注釈

出典



バンダイ・ミュージックエンタテインメント

Articles connexes


  1. ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)
  2. JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  3. テイチクエンタテインメント
  4. 日本コロムビア
  5. フォーライフミュージックエンタテイメント
  6. エイベックス・エンタテインメント
  7. ソニー・ミュージックレコーズ
  8. NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  9. ユニバーサルミュージック (日本)
  10. バンダイナムコエンターテインメント
  11. ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  12. EMIミュージック・ジャパン
  13. ソニー・ミュージックダイレクト
  14. ワーナーミュージック・ジャパン
  15. ソニー・ミュージックマーケティングユナイテッド
  16. ソニー・ミュージックアーティスツ
  17. ユニバーサル ミュージック グループ
  18. ドワンゴ・ユーザーエンタテインメント
  19. バンダイ
  20. バンダイナムコグループ