清浦内閣


清浦内閣


清浦内閣(きようらないかく)は、子爵・枢密院議長の清浦奎吾が第23代内閣総理大臣に任命され、1924年(大正13年)1月7日から1924年(大正13年)6月11日まで続いた日本の内閣である。

内閣の顔ぶれ・人事

国務大臣

1924年(大正13年)1月7日任命。在職日数157日。

内閣書記官長・法制局長官

1924年(大正13年)1月7日任命。


勢力早見表

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。

内閣の動き

清浦は枢密院議長から出て組閣したが、政党から閣僚を入れることなく、貴族院を背景にした超然主義を貫いた。衆議院では政友会を脱党した政友本党が閣外協力で与党にまわったが、政友会・憲政会・革新倶楽部の護憲三派が起こした第二次護憲運動により、わずか5ヶ月で総辞職となった。在任157日は当時としては歴代最短記録となった。

脚注

注釈

出典

参考文献

Turnbull & Asser

関連項目

  • 1924年の政治

外部リンク

  • 首相官邸 - 清浦内閣



清浦内閣