ラグビーオーストラリア代表


ラグビーオーストラリア代表


ラグビーオーストラリア代表(英: Australian national rugby union team)は、オーストラリアのラグビーユニオンのナショナルチーム。愛称は「ワラビーズ」 (Wallabies) である。

概要

1883年に当時イギリスの植民地であったオーストラリアのサザンラグビーフットボール協会(1892年にニューサウスウェールズラグビー協会と改名)が、国外遠征であるニュージーランドツアーを世界で初めて行い、その翌年に今度はニュージーランド代表チームがニューサウスウェールズ遠征を行った。このニューサウスウェールズ代表チームがワラビーズの中核となって行く。

1888年には英国チームがオーストラリア・ニュージーランドの初遠征を行ったが、ラグビーフットボール協会の規約に反していたため、正式なテストマッチとは認められなかった。1899年に公式に認められたブリテン諸島代表(現在のブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ)がオーストラリア遠征を行い、この時の対戦がワラビーズの最初のテストマッチとされている。

1996年よりオールブラックス(ニュージーランド代表)、スプリングボクス(南アフリカ代表)との対抗戦トライネイションズを開始した。また、2012年からはこれにアルゼンチン代表(ロス・プーマス)を加えてザ・ラグビーチャンピオンシップとなった。

ワールドカップでは3回優勝のオールブラックスとスプリングボクスに次いで、2回優勝を達成しているチームである。

オールブラックスとは1903年の初対戦以来長いライバル関係にあり、これまでに100試合を優に超えるテストマッチが戦われている。そしてこの勝敗にはブレディスローカップと呼ばれる優勝杯が懸けられており、80年以上激しい争奪戦が繰り広げられてきた。また同様に、スプリングボクスとの対戦にも、2000年よりマンデラ・チャレンジプレートが懸けられている。ロス・プーマスとの対戦にはザ・ラグビーチャンピオンシップへの改称より前である、2000年よりプーマトロフィーが懸けられている。


成績

ラグビーワールドカップ

  • 1987年 - 4位
  • 1991年 - 優勝
  • 1995年 - ベスト8
  • 1999年 - 優勝
  • 2003年 - 準優勝
  • 2007年 - ベスト8
  • 2011年 - 3位
  • 2015年 - 準優勝
  • 2019年 - ベスト8
  • 2023年 - 出場権獲得

トライネーションズとザ・ラグビーチャンピオンシップ

選手

現在の代表

ワラビーズスコッド

  • ヘッドコーチ: デイヴ・レニー

※所属、 キャップ数(Cap)は2021年10月22日現在

歴代代表選手

  • デイヴィッド・キャンピージ
  • マイケル・ライナー
  • ニック・ファー=ジョーンズ
  • ティム・ホラン
  • イアン・ウィリアムス
  • ジョン・イールス
  • オーウェン・フィネガン
  • アンドリュー・ウォーカー
  • ジョージ・グレーガン
  • スティーブン・ラーカム
  • ネイサン・シャープ
  • スターリング・モートロック
  • ジョージ・スミス
  • マット・ダニング
  • ベリック・バーンズ
  • マイク・ハリス
  • ショーン・マクマーン
  • バーナード・フォーリー
  • クリスチャン・リアリーファノ

脚注

関連項目

  • ザ・ラグビーチャンピオンシップ
  • スーパーラグビー
  • 7人制ラグビー男子オーストラリア代表
  • ラグビー女子オーストラリア代表

外部リンク

  • オーストラリアラグビーユニオン公式サイト



ラグビーオーストラリア代表